忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0725
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010

1023

年2回ある公式選抜戦とかいうトーナメントに出場。

あれって、意外なぐらいあっさり優勝できる。そして、金も経験値(戦勝点?)もがっぽり貰える。これで一気に皆が強くなり、相翼院の「片羽ノお業(天女のやつ)」を撃破。術に対する防御を意図的に増強したのが良かったらしい。

続いて、「鳥居千万宮」と「九重楼」のボスも倒す。「成仏させて・・・」言いながら消えた狐は、また生き返るのだろうか?(どうもあれで終わりとは思えん)。風神雷神みたいな連中も、わりと余裕をもって退散したし。

「あれ? もう朱点童子倒せるんじゃね?」みたいな気分になったわたしは、その勢いで敵の本拠地・大江山に突撃。中ボスを瞬殺してガンガン進み、気がついたら朱点童子戦。

さすがラスボス(?)だけあって強い。おまけに回復の術まで使いやがる。術を5倍ぐらい重ねがけしても、せいぜい400ぐらいのダメージ(メッチャ時間かけて)。奥義を使っても150ぐらい。こんなペースじゃすぐ回復される。そして向こうの拳骨パンチのダメージが250とか本当に勝てるのかコレ?

さて、どうしたものか─────と悩んでいる間にも、どんどん技(術を使うのに必要なMPのようなもの)がなくなっていく。このままでは、ジリ貧ッ!・・・・・

「そうだ。一番攻撃力のある剣士に“攻撃力アップの術”を使おう」

要はバイキルトの術だが、このゲームにおけるバイキルトは攻撃2倍どころか、せいぜい1.2倍ぐらい。ただし、このボス戦で始めて知ったが、どうも重ねがけしまくれるらしい。

それ以後は、ひたすら剣士の攻撃力をちまちまとアップ+奥義! これで1回600ダメージ。朱点童子のヤロウも臭い息とか吐いて攻撃力ダウンを目論むが、こっちの方が早い。あとはひたすら奥義連発で、とうとうラスボスを倒した!

・・・・と思ったら案の定戦いはこれから。

倒したはずの朱点童子がキモいダンスを踊った後、なんか中からにょっきり真ボス登場。「全てわたしの掌の上・・・」とか言い出しそうなキャラですよ。BLEACHの藍染みたいな気配ですよ。


で、帰宅したら奥義連発しまくった剣士いきなり死亡。

普段ちっとも奥義なんて使っていなかったので気づかなかった・・・・というか知らなかったのだが、どうやら奥義を使うと「健康度」がズガンズガン減っていくみたいなんですな。ただでさえ寿命2年弱のすぐ死ぬ星人。ムチャしたら、そのままあの世行きというわけだ。

「ムチャしやがって・・・・(キラン)」

しかもこいつ、まだ1歳そこそこで子孫を残していなかった。せっかく目覚めた奥義も伝承されず仕舞い。これはしくじった・・・・・・でも、朱点童子相手に死力を振り絞って善戦した、お前の活躍は忘れない・・・・っ! グッバイ、丸一!(変な名前)。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
選抜試合美味しいです
いよいよ、真の「朱点童子」が出てきましたか
…… 2010/10/23(Sat)21:55:05 編集
のきなみ
奥義使いすぎで果てた剣士はもとより、
どうもここのところ早逝が続いたもので、
育成カリキュラムがやや停滞気味です(苦笑)
クリントン大西 2010/10/24(Sun)05:06:31 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP