忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0819
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010

1027

「節約」でブログ内検索をやると、ウチの場合なんかスゲーたくさん出てくる。今はまだ学生の皆さんも、社会に出たら(普通は)一人暮らしが始まる。光熱費やら食費のことで頭を悩ます─────権利を得るのだ。



わたしの節約術の基本は二宮金次郎で、その本質は「入るを量り、出づるを制す」。自分に毎月毎年どれだけの金が入ってくるかを予め計算し、それを基準に支出額を決めてしまうやり方。断言するが、この豊かな日本で暮らしている限り、このやり方を導入してなお“貧困に苦しむ”なんてことは・・・・・メチャクチャ金のかかる病にでもかかっていない限り、まずあり得ん。

・・・・「入るを量り、出づるを制す」と聞くとなんか高尚でムツカシソーだが、要は計算しろ(もっとストレートに言えば「家計簿をつけろ」)────というだけの話。そして「出づるを制す」時、意外と見落としがちなのは“なるべく捨てない”という事だ。



【捨てる生ゴミを激減させる】


野菜が値上がった、肉が値上がったといちいち騒ぐ前に、毎日毎月どれだけの食材を無駄にしてしまっているかを厳密に検討した方がずっと賢いし、効果的だ。何しろ、一般家庭に回る食材のうち、3割ぐらいは食われる事なく捨てられているらしいしな(ソースは『もやしもん』。一応農水省のサイトで裏を取ってみた)。

食費に月額5万円使っている家庭があるとして、そこの食材廃棄量が全国平均(3割)と仮定するならば、月に15000円、年間18万円浮く計算となる。これは、年収が18万円増えるというのと同じだ。



【ハウツー】


傷みやすい野菜は、熱を通して加工した上、冷凍すると無駄なく使える。また定期的に「冷蔵庫をカラにする日(バターなどは例外)」を設けておけば、冷蔵庫内の視認性が上がり、食材をダメにしてしまう率が下がる(冷蔵庫の前に「在庫メモ」を貼るという手もあるが、これは面倒なので長続きしねぇです)。

大根のヘタは水につけておくと葉が伸びて食える。ネギの根も同様。「食えない部分」も、種類によっては生長させて食うことが可能に(+ガーデニング気分)。

「食材を無駄にしない」を極め出すと、なんか剥いた野菜の皮を漬け物にして食ったり、魚の骨を油で揚げて食ったり・・・・というのまであるが、まぁその辺まで来と“趣味の領域”かな(節約はもともと趣味性が高いけども)。

「あり合わせの材料で料理を作る」というのは、わりと難易度が高い。・・・・・が、今はネットがあるので、幾らでも調べることができ便利だ。どうせ作るならウマイ方が絶対いいしね。特に、普遍的に安い食材─────すなわち『もやし』『豆腐』『納豆』『薄揚げ』『ちくわ』『卵』『タマネギ』等のレパートリーは、あらかじめ増やしておくと便利。

椎茸はナマで買うと驚異的なスピードですぐ傷むから、いっそ乾燥椎茸オンリーにした方がいいかも。※乾物系は、「無駄にしない」という観点から是非とも積極導入したい。



【「まとめ買い」について】


「まとめ買い」は安くつくが、無駄にしてしまう事を考えると逆に高くつく。この場合考えるべきは、無駄にするリスクを回避する為に割高でもバラ買いする事────のではなく、まとめ買いした食材類をいかに無駄にせず使い切ること、だ。

つまり答えは『加工保存』。漬け物にしても良いが、あれは多少の技術が要る。一般的なのはやはりフリージング(冷凍)。ただし「凍らせ」も万能ではなく、食材によってはダメな場合も。下調べしておかないと、泣きを見る事に。



【節約モチベーションの維持】


いつぞやも書いたが、技術的なこと以上に大切なのはモチベーションの維持である(家族がいる場合は特に)。意味があるとは思えない節約を強要され、家庭内の人間関係がギスギス────なんてのは良く聞くハナシ。

ポイントは「節約して何を得られるか?」だ。ニンジン目の前に吊り下げてやりさえすりゃ、大抵の事はがんばれる・・・・それが人間という生き物である。

ただし『マイホーム購入』というような、あまりにも遠い大目標はあまり“ニンジン”にはならない。もっと「目先のもの」・・・・具体的に言うと「節約した分の何割かを、自由に使える小遣いに上乗せ」だ。夫婦であるなら、節約した額の半分を貯金。残りを更に半分こする、みたいな感じ。「地球のため」とか「エコ万歳」とか言われるより、金貰えると聞いた方が数億倍節約する気になる。なるに決まってる。



【最後に】


社会経済の活性などを考えるなら、一般大衆が“浪費”してくれた方が良い。だからマヌケ共にはせいぜい浪費して貰い、景気回復の礎となって戴き・・・・・・自分達だけで節約のありがたい効能を享受しようゲヒヒヒヒヒ。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
節約を習慣に
生椎茸は刻んで冷凍するよろし。
たぶんそのままでも冷凍できるとは思いますが(笑)

私はどうも干し椎茸が苦手です。
なんか匂いがキツイのとあの食感がダメなんですよね…
響古 2010/10/27(Wed)17:35:41 編集
「まま」で食べるとなると
乾燥椎茸は、ナマ椎茸とまったく同じ調理法で食べるのは苦しい場合がありますね(バター炒めなど)。刻んで冷凍というのもできるのですか、それは一度是非試してみますぞ。
クリントン大西 2010/10/27(Wed)17:52:09 編集
使う時は
冷凍にした生椎茸は一回分ずつラップに包んでからフリーザーバッグに入れると良いです。
使う時は凍ったままでOKなので便利ですよ。

そう、干し椎茸って色々と凝縮された感じですよね。
あと、見た目的にシワシワなのが…(<そんな理由かい)
あと、キノコといえばなめこも冷凍しちゃいますね~。
響古 2010/10/27(Wed)19:38:42 編集
小分け
乾燥椎茸は、主に汁物に使いますね。うどんの具にしたりとか。スライスされた乾燥椎茸の方が、何かと便利です。

しかし“なめこ”も冷凍とは・・・!(驚)
クリントン大西 2010/10/28(Thu)05:47:31 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP