忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0525
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010

0621

今週は「トリコ」100回記念巻頭カラー!

そしてワンピは休み。



【トリコ】


トリコ更新は明日。久々にオブサウルス出た!



【ナルト】 -ナンバー499:新たなる封印!!-

急激な弱体化が叫ばれる九尾。

クシナ「やっぱり強いわね!」
ナルト「やっぱすげーや・・・・お前は・・・」


この母子フォローがまた何とも痛い

九尾「くそうっ、お前らにフォローして貰わなくても、ワシは元々強い! 強い・・・・ハズなんだよ・・・・ちくしょうっ!(泣)」

ビーのように尾獣を手なずけるのではなく、そのチャクラだけちゃっかり戴こうという作戦───だったっけ?(何かその辺曖昧だな)。・・・ま、まぁ結果オーライですよ。

クシナが、九尾の前“人柱力”というのは凄くイカス展開だ。

「16年前、木ノ葉の里で九尾が暴れ回ったのはマダラのせい」みたいな話は一応出ているわけだが(マダラ本人は否定「もうボク、そんな元気ないぉ」)────とうとう、この物語最大の謎が明かされる。

「人柱力は、その里の重要人物の親族に決まる」だから、四代目火影のヨメさんであるクシナが人柱力であったとしても、特に不自然さはない。久々に『ナルト』で伏線が活きたッ!



【BLEACH】


一護パパ「この空間は外界との時間差が2000倍! つまり、外の1時間がここでは2000時間(約3ヶ月)になるんだよ!」
一護「・・・それ、なんて精神と時の部屋?

あと、半分以上忘れ去られていた「一般ピープルサイド」のキャラクターがちらほら再登場したわけだが──────すまん、もう誰が誰やら。



【メタリカメタルカ】


今週はなかなか濃くて面白かった。メタリカ族の背景設定も厚くなったし、各キャラクターもそこそこ居場所が出来てきた感じ。惜しむらくは、主人公ルカのオヤジ「バルク」がメチャクチャ格好悪い点でしょうかッ!

いや、さすがにもうちょいやりようがあったとは思うんだ。『トリコ』の料理長より格好悪いとか有り得んだろ普通。第一話でやられた悪者の方がまだマシだもの。

そんなこんなで、ハンター試験鋼探索士(ミネア)選抜試験開始。そろそろ欲しい「悪の組織」的なアレ。



【バクマン】


そうだ、今まで不思議に思ってたんだ。週刊連載なのに、どうしてこんなアシスタント少ないんだろう、と。岸辺露伴並に手が早い人やら昔の漫画家はさておき、普通は3人ぐらいいるよね? とか(少なくても3人)。

rohann.jpg





















「ページごとに絵柄が変わっては困るので・・・・」

『銀魂』の背景とか、結構ロコツに変わっているような気もするがきっと気のせいですよ。

「アンケート順位」の話は実はもっと深くて───まぁ少年漫画でそこまで掘り下げるのもどうかと思うが───「雑誌ではサッパリ人気を取れないが、単行本がバカ売れる作家」というのが一部にいて、「HUNTER」なんかも言ってみればその極端な例。

「ジョジョ」も、雑誌での人気はおしなべて普通、あるいは低空飛行だったが、根強い固定ファンが年々増えていき、単行本で元を取る作品になった。

ただ、最近は「単行本が売れようと、あくまでメインは雑誌の売り上げ。雑誌上で人気が取れない=雑誌売り上げに貢献できないってンなら、たとえ名前の定着した中堅作家でも容赦なく切るぉ?」みたいな風潮になってきているとかナントカ。



【ぬらりひょんの孫】


土蜘蛛、なんか剣八っぽい。



【マインズ(読切)】 作:村田雄介

ムヒョ作者の次は、アイシールドの作者か。

80年代には、こういう荒野系・SF気味の作品多かったなぁ・・・・というぐらいの感想。ヒトクチで言えば、すごい地味。構成から何からとてもしっかりしているのに、「これ、次から連載になるんですよ!」と聞かされても「・・・ふーん」で終わってしまう。マンガって本当に難しいですね。



【こち亀】


「そこに隠れているのは中川くん! 3Dテレビを否定した中川くんじゃないか! 君の予想外に、各メーカーが3Dテレビに参入したねぇ・・・・」


ゴメンね両さん、わたしも否定派だ。せいぜいワンセグと同じか、あるいはもう少し悲惨な末路を辿ると今でも考えている。

辛うじて立体需要があるとすれば、超大画面の映画館ぐらいであるがぁ~───これも10年以上前(例のナントカ言うSF映画よりずっとずっと前)から商業展開されているのですがぁ~・・・・IMAXシアターとかね・・・・すっごい赤字らしいからね。



【いぬまるだしっ】


「いずれわかるじゃろうが・・・恋愛に年齢は関係ないのじゃ。ワシャあそこのババァどもだって恋愛対象じゃよ。(四歳児に向かって)
もちろんキミたちとて例外ではない」

“ゆりかごから墓場まで”カニゾウ

「めだかボックス」に登場し得るアブノーマルだ。



【銀魂】 第三百十三訓 人は皆運命と戦う戦士

久々に近藤さんが主役だ! つまり・・・・・・・今週は、ずっと悲惨な目に遭い続ける近藤さん。

あと隕石命中してもタンコブで済むお妙さん。「もうアンタが春雨とかぶっ潰せばいんじゃない?」と思いました。少なくとも確実に「宇宙三強」辰羅族よりは強いし。



【めだかボックス】


「ラスボスであるところの都城王土を許してしまった。そんな勇者がどこにいるという話だ」

いや、わりといますよ? と言ってはいかんのだろうな。

ヒーロー界はおおむね以下の循環を繰り返す。

「悪即斬! 勧善懲悪バンザイ!」のオーソドックス>「悪者にも色々事情があるっていうか、正義の味方だって悪い場合があるんじゃ?」の多層価値観型>「そんなん言われんでも分かっているが、悪者がフルボッコされないとか、めちゃイライラするんだぜ?」の原点回帰─────

連載終了かと思いきや、なんかもうちょっと続くような気配。

・・・・いや、それもどうなんだ?


PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP