忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

1018
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010

0823

なんかもうメチャクチャ久し振りな感じのするジャンプ感想。



【BLEACH】


「藍染さんの“ありがとう”出ましたぁあ~っ!」
「あぁ~りがとうっ、ありがとうっ、ハイ・ハイッ♪」
「それはそれとして────ギンは、死んじゃったんでしょうか?」
「びみょーなセンですね~。どちらに転がしても、何とでもなりそうな雰囲気ですよコレ。でも一番問題なのは、ギンの生死が我々にとってあまり重要ではない点でしょうか」
「あと主人公、わりとあっさり修行完了してやって来ましたが・・・?」
「いやぁ~、さすがにもうここまで来て修行で何週間も引っぱるとか無理、という判断でしょう。ファンとしましては、ここらでオサレな新必殺技でもかまして、次シリーズの扉をサクッと開いて貰いたい心境ですね」



【ワンピース】
 -第596話 “SUPECTRUM”-

ルフィの仲間達が、それぞれ散った先で修行開始───今年中に再会できんのかコレ!? という心配あれど、ま、その辺はサクッとやってくれるんじゃないでしょうかね。サクッと。



【ナルト】 -ナンバー506:ガイvs鬼鮫!!-

「こ・・・こいつは・・・確か・・・フグとかいう魚!

小ネタがうるさいという意見もあろうが、改めて「ガイ先生はアホだな」ということが分かり、ホッと安心できる親切設計だ。

鮫肌がさっさと鬼鮫から離れ、ビーに向かうのは良かった。

鮫肌「別にビーに懐いていたのは演技とかそんなんじゃなくガチなんで。そこを、しつこい元カレ(鬼鮫)がつきまとっていただけなんで・・・」
鬼鮫「ふ、そうかい。でもこうして尻尾を掴むと・・・・?」
鮫肌「アッ~!(ビクンビクン)」

気持ちはビーに行っているがカラダは鬼鮫のモノとか、今週のナルトは結構凄いことになってますな。ちゃんと鮫肌ビクンってなるしね。

「そういやガイ先生の口寄せ動物って“亀”だったよなぁ懐かしい~」「あの超デカイ亀は決着の伏線?」「あの巻物は一体何なんだぜ?」などと思いつつ、ガイ先生渾身の必殺技“昼ドラ虎”に大爆笑。もっとほかにネーミングなかったのか。

久々に出てきたガイ先生(および弟子:リー)の必殺技『八門遁甲』─────は、肉体の限界を超えてパワーを引き出す結構ヤバイ技。倍数を上げすぎた界王拳のごとく、どんどん体が壊れていく。

今週は第七門“驚門”まで開いたが、最後の第八門まで開くと必ず死ぬ。「朝孔雀」「昼虎」と来れば、最後は「夜~」だろうが・・・・・これはつまりガイ先生死亡フラグ?!(泣) やべー。地味にやべー。


【トリコ】


トリコ更新は明日。胃腸もスッキリ!



【バクマン】


作中作で、「これは面白い作品!」というのを考えるのは殆どイジメのような状況だ。劇中キャラ達に「これは傑作!」とか「絶対人気取れる!」と言わせれば言わせるほど、無駄にハードルが上がっていく。でも、それを言わせないと話が進まない──────「な、なんでこんな事になったんだろう・・・・」という気分であるに違いないガモウ師匠に幸あれ!



【ぬらりひょんの孫】


通常、安倍晴明は“華奢な美青年”として描かれがち。だが、今週のぬらりひょん版晴明はその意味でイイ感じに期待を裏切ってくれた。

otoko_seimei.jpg




















やたら男くさい安倍晴明。

甲子園とか目指しそう。
必殺技はバーニング陰陽パンチ。


【宇宙卓球(読切)】
 作:宇野 智哉

かなりやっちまった感のある設定ではあるが、実はココ数週間続いている読切の中では一番フツーに良かった。実に売れそうな作家。だから、もうちょい「まっとう」な・・・・・アイタタな感じのしない設定でお話を作らせてあげると良いんじゃないでしょうかジャンプ編集部。



【銀魂】
 -第三百二十一訓 メガネじゃ見えないものがある-

「貴様の罪は、その弱さよ」


どこかの宇宙最強種族の皆さんが集団自殺しそうなコメントだね。そして、「あのメガネは特別製」ってそういう意味だったんですか。

meganebee.jpg


















もうアンタが春雨倒せばいいじゃない。



【ギャグマンガ日和】


普通にギャグマンガ日和あってビビッた



【逢魔ヶ刻動物園】


やっと出てきたライバルキャラ。さぁここから盛り上げよう。
手遅れにならんうちに・・・!








【ピューと吹く! ジャガー】
(最終回) 作:うすた京介

さりげに最終回。知らない間に、もう10年もやってたのか・・・・。そりゃハマーの頭髪も散らかるわなぁっちゅー話ですよ。ピヨ彦もアラウンド・サーティですよ。

───いや、実は特に感慨とかはなくて。単行本ではチェックしてなかったし、ジャンプ自体も2000年代に入ってから随分ご無沙汰してて・・・・(好きなやつだけ立ち読み)・・・・『トリコ』面白いんで最近また読み始めたら「あ。ジャガーまだやってるんだ」ぐらいな感じだったので。

それはさておき、ギャグマンガを10年って大したもんだよね。よく途中壊れもせず頑張ったものだと思う。素晴らしい。

あと、来週何事もなかったかのように「帰ってきたジャガー」とかやり出したら凄いな、と。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP