忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0530
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010

1115

【ワンピース】
 - 第604話 “深層へ” -

てっきり“覇気サンドバッグ”オンリー活躍かと思っていたカリブーさんでしたが、意外と面白い奴であることが判明。しかしロギア系なのにサンジの蹴り普通にモロ食らっているところを見るに、クルーの大半はすでに覇気使い?



【ナルト】 - ナンバー516:我愛羅の演説 -

サソリとデイダラの漫才が久しぶり過ぎて泣けた。

あと5大忍びの里の面々、意外と仲がいいなぁと前回まで思っていたが、やっぱり方々で衝突の火種あり。我愛羅の“ちょっとイイ話”ぐらいでは払拭されぬ、根の深い問題として今後取りあげられればいいなと思いましたねぇ。「岩」と「砂」の因縁、というのも興味深い伏線。



【BLEACH】


ここに来てまた新キャラか! もうたいがいキャラ数パンク寸前なんだから、あんまりムチャ振りしない方がいいんじゃないかなぁと思いました。



【トリコ】


トリコ感想は明日・・・・・は無理なんだな。明後日で。



【金目族のトキ】
(読切) 作:鳥山明

鳥山明の「新作」マンガ、かなり久しぶりに読んだ。話は普通に面白かったのだが・・・・・なんかこう、どうもこう・・・・・絵がテキトーな気がするんだな。やる気ナッシング状態で描いたとしか思えん。

もし気合いを入れて描いているのだとしたら─────これは年齢的な問題、か? なまじ昔の(超絶好調だった時代の)鳥山明を知っているだけに、この微妙な差が大きく感じる。まぁ老眼とかあるし、仕方のない事なんだろうな。寂しい限りだけども。



【めだかボックス】


「何故、包帯の人が負けそうになっているんですか?」
「それはね、包帯を取っちゃったからだよ」



【銀魂】


・・・・で、結局パトリオットのエロい使用法って何?



【こち亀】


ラジカセって今でもホームセンターとかで普通に売ってるのがスゴいよな。カセットテープもなにげに超ロングラン商品だし。



【いぬまるだしっ】


ジャンプの編集者って下半身関係滅茶苦茶な人多いんだなぁ今でも、と思いました。



【ぬらりひょんの孫】


あの暑苦しい晴明が、ダークシュナイダーみたいになって帰って来た訳ですが・・・・・何故だろう、もの凄ーく・・・・・BLEACHでついこの間まで暴れていたありがとう藍染さんとダブって見える。これは危険な兆候なんじゃよ?



【保健室の死神】


感想を書く週も書かない週も、なにげに毎週欠かさずチェックしている作品(ジャンプの作品、実は買っても半分近く読んでいないのがある)。・・・・・しかしどういう訳か、そこまで熱心に感想を書く気も起こらない作品。うーん─────毎回手堅く面白いんだけどね、不思議だね。



【逢魔ヶ刻動物園】

今週一番ビックリしたのは、水族館の館長(クジラ人間)が、フツーに人間のスポンサーと歓談していたシーン。「そのヘルメットはどういう風に説明したのだろうか?」とか、「そもそも最初の頃はもっと人間離れした姿だった筈で・・・・・その状態からスポンサー獲得ってハードル高過ぎない?」みたいなアレコレが脳裏をよぎりました。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
初めまして、こんばんは。コメント失礼いたします。


私は鳥山先生の絵は、そこまで違和感は生じなかったのですが……。
前の連載作品や、作品集を見ると、そこまで変わっていないと思います。(もしクリントンさんがそれらを読んでて、且つそう思ったのでしたらスイマセン)
……いきなり意見とか何様のつもりって感じですよね。すいません。

私もトリコの感想を検索していてここにたどり着いたのですが、小説書きになりたい私としてはクリントンさんの意見や風刺、批判はとても新鮮で面白いです。(ジャンプやトリコ感想も楽しんで読んでます)

今は同人物書き(他に表現が思いつかないのでこう言います)ですが、いつかオリジナル作品を書いたら読んでもらいたいと思います。
今後も来させていただきたいと思います。寒くなってきたので、どうぞお身体には気をつけてくださいね。

長文失礼しました。では。
玖澄 2010/11/15(Mon)23:05:17 編集
はじめまして
こんばんは、大西です。

ワンピやナルトの作者も都度都度書いておりますが、その影響を「直撃」で受けた世代(70年代生まれ?)の人達にとっては、殆ど神といっても過言ではない存在感=鳥山明、な訳です。

ですので、むしろ過剰に以前の鳥山明を神聖視するあまり、変化に対し、必要以上の拒否反応があるのかも知れません。

最後に読んだのは「ネコマジン」でしょうか。線もそうですが、パソコンを使ったトーン効果を使い出したのにも違和感がありますね。

小説をお書きになりますか。完成した暁には、是非読ませてください。感想とか、すごく書くらしいですよわたしは(笑)
クリントン大西 2010/11/16(Tue)01:39:28 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP