忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0629
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011

0104

あけおめことよろ(おざなり)。

新年号ってことで付録にカレンダーがついてきた。「肉の日」とか「世界友情の日」ってホントにあるのか? って感じだが、ここまで自信満々に載せてるって事はあるんだろうなぁ。



【ワンピース】
 -第609話 “魚人島の冒険”-

サンジ鼻血出す>出血多量でマジ死にかけ>魚人は輸血拒否・・・・・・自業自得すぎてまったく同情できないのは、さすがにちょっと問題かもなぁ。魚人のサベツ問題とかなんか深刻な奴が色々絡んでくるんだけども、サンジのアホさ加減で全て台無し。あごひげ番長の名誉挽回を望む。

それはそれとして、魚人って兄弟でも魚の種類変わるんだね。人魚ともフツーに交配可能っぽいし、その辺の振り分けシステムに興味をそそられた。



【ナルト】
 -ナンバー552:死んだんだ-

久しぶりにちょっと涙腺に来た今週のナルト。いや、これは遙か昔(コミックス3巻ぐらい)にやった再不斬・白編の余韻的なものだろう(そのエピソード知らないと、何が何だか分からん)。あの頃は何というのか、泣ける話がホントに泣けたからな。最近は、どうも一歩構えてしまう感じです(九尾の過去エピとか)。

「再不斬・白なんて、ドラゴンボールで言ったら登場時期的にもピラフぐらいのポジションでしょ? 今さらこのインフレ進みまくったナルトワールドでまともに戦えるの?」

・・・・案外、イケると思う。

・再不斬は、元々カカシ先生(天才)に迫る実力があった。
・カカシ先生はあれから万華鏡に覚醒したぐらいで大して強くなってない。にも拘わらず、一応「天才忍者カカシ」の面目を辛うじて保っている。
・白に至っては、再不斬より強いという触れ込みだった(白がやられたのは、ナルトの『九尾の力』によるもの)

あと、大蛇丸のチャクラをカブトに吸い取られたアンコ先生・・・・どう見ても死体くっ・・・・・実は結構好きなキャラだったのにッ───!(ただし初期のブチ切れてた頃)

再不斬「・・・あれ? なんか首斬り包丁、欠けてね?」

限りなく安全パイと思われたカカシ隊、まさかの大苦戦。
大番狂わせが続く次回へ!



【バクマン】


「特殊能力や技を出さない邪道バトル」「殴る蹴るのない心理バトル」・・・・・・それってさ、昼ドラとかじゃね? 嫁姑大戦なんて、どう考えてもソレでしょ。あれって実は最先端だったんだな。



【BLEACH】


新しい超能力出てきた・・・・のはいいが、現状どう考えても死神(隊長とかじゃなく、その辺の戦闘員クラス)より強いとは思えないのが悲しい。

懐かしの『幽遊白書』で、戸愚呂編(妖怪大決戦)後の能力者達がどうしてそれなりに際だったかというと、登場していきなり幽助(前編のラスボスをぶっ飛ばした主人公)を誘拐する、みたいなサプライズがあったからだ(それでいてインフレもなし、という妙手)。チャド登場はちょっといい感じであったが、今のところ・・・・・もうちょい『押し』が欲しいところですな。



【トリコ】


トリコ更新は明日。「このくいしん坊者めがーっ!」



【べるぜバブ】


うん・・・なんか修行開始だ。キャラの大半が良く分からない+なんで修行かもイマイチ飲み込めていない────が、まぁこういうのはシンプルで受け入れやすいです。そして受け入れやすいとなったら、キャラ同士の掛け合いなんかも素直に楽しめると。



【こち亀】


久しぶりに一話完結じゃないこち亀。久しぶりに素直に面白いこち亀。いや~・・・・・別に普段のがつまらんって訳でもないのだが・・・・・ちょっと引っかかるっていうかね。ここ半年ぐらいね。今回は纏が主役だし、両さんも久々に疑似パパモードだし、そういうところで引かれたのかな。どうかな。



【青の祓魔師】
(読切) 作:加藤和恵

うぉー何これ上手い! 面白い! 超ド級新人だZE~ッ! とかなりテンションが上がった訳ですが、良く見たらこれジャンプSQで連載してるやつで、しかもアニメ化記念とか。「尻切れトンボなのが玉に瑕」というのも、「この続きはSQで」商法なので当然。・・・・ふっ・・・・いや、良かったですよなかなか。



【銀魂】
 -第三百三十七訓 だいじょぶだ~-

高杉の部下のフェミニストの人が「大江戸青少年健全育成条令」がまさか伏線になっていたとはっ・・・・・! 何にせよ期待通りこのネタに触れてくれた空知神に感謝。

「障子をチン○で突き破るまではアリなんだろ?」
「かえって自由度が広がったわ。ありがとうございました政治屋の皆さん」

世間的な認知度を上げんとどうしようもないからな。
当然のことながらアニメの方もネ!



【ニューイヤーギャグ伝】


どこかで聞いた事のある有力ギャグ作家(一部、「いぬまるだしっ」の作者)4人がそれぞれ読み切りを書くというイベント。「日和」と「地獄のミサワ」はちょっと流した感じ。「お化け屋敷」のネタは一番面白かったと思うが、どうも・・・・なんか絵と合ってない感じもしたな。総合的には、だから「信魂さん」が一番良かったのではないか。



【ぬらりひょんの孫】


不吉な掲載位置だが、こういう日常シーンで読み切りは入りやすくていいな。DS晴明の記憶をほどよくリセットしたところで、新シリーズといきたいところ。



【保健室の死神】


不吉な掲載位置だが、こういう日常シーンで読み切りは入りやすくて以下略。ハデス先生、わたしが本腰入れて読み始めてからこちら、殆ど戦ってない。単に顔にヒビ入った先生なんだけど・・・・。



【逢魔ヶ刻動物園】


水族館のスポンサーがまさかの再登場。こいつが前の水族館館長の正体を知っているかどうかで、展開がだいぶ変わるんだよね・・・・。

□ 知らなかった場合

一話ネタで終わりそう。動物たちに気に入らない事をさせようとしてウサギ園長にぶっ飛ばされる>スポンサーは見つからないけど頑張るぞ!(END)

□ 知っていた場合


この変な鼻スポンサーは、世界中に散らばる「魔力を持った人間が経営する動物園関係」のコレクター。もちろん、変な鼻以外にもスポンサーは多数おり、彼らにとっては動物園を蒐集することによって得られる何かオイシイもの(魔力絡み)がある─────(wktkの新展開!)

・・・・でも水族館館長と変な鼻の会話で、どうも館長の正体については知らないっぽかったんだよなぁ~(苦笑)。でもそのパターンだと、ちょっと拡げるのが難しい。どうなるのか気になる次回!

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
あけおめです!
今年も記事やレビュー楽しみにしてます!

個人的に再不斬と白は堀下げてほしくなかったなと思いました。
よく考えてみるとあの時の演出台無しかと。
雪が白の頬に付いて涙のようになる→・・・!!(知らなかった)
天国に行ったか、地獄に行ったかってのも言いそうだから怖い。
そこらへん曖昧のままにしてほしい。

バクマンェ・・・。
どうも作者のセンスが(ry

青の祓魔師は確かに面白かったですね。
ストーリーと世界観分かりやすいし、今度SQ見てみます。

銀魂は相変わらずの空知毒舌全開で何よりです。
人気投票編の4位の高杉の「何もやってませんよコイツ」と同じように吹きました。
MASA 2011/01/04(Tue)21:06:02 編集
無題
間違って連続投稿してしまったのでこのコメントを消してください。
すいません。
MASA 2011/01/04(Tue)21:18:19 編集
あけましておめでとうございます
こちらこそ、今年もよろしくお願いします!

再不斬と白の演出は、読者によって意見が割れているようですね。古き良き思い出はそのままにしておきたい・・・的な気分も当然あります。

バクマンは、一部の空気を無視して読み進める技を会得しました(苦笑)

銀魂もそうですが、いぬまるだしもやってくれると思っていたのですが・・・・今回は読み切りもあって控えめでしたね。

あ、連続投稿は特にアレではない場合はそのままに。
クリントン大西 2011/01/05(Wed)07:10:54 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP