忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0525
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011

0320

今週のジャンプは土曜日発売。

「ワンピ」と「トリコ」3D映画情報満載(ただし小松は出ない。トムは出る)。でもこのの眼鏡って・・・・・この途方もなく古くさいアイテムは、わたしが子供の頃によく見かけたなんちゃって3D オマケだけソレって事かな・・・・。



【ワンピース】 -第618話“プロポーズ”-

プロポーズじゃなく「プロポリス」とかだったらデッケンさんも傷つかずに済んだのにね・・・・心身ともに


《今週のジャンプで一番笑ったシーン》


(“人魚姫”・・・かの世界一の美女、海賊女帝もたじろぐという、人魚達の頂点に立つ存在が、今、おれの背中に・・・! 手の届く夢に手を伸ばしもせず生き長らえるより・・・・)
「チョッパー、おれは・・・夢を叶えて・・・“死”を選ぶ!」
「お前の夢、オールブルーじゃなかったか!?」



まぁデッケンさんが屁のようにやられたのは想定内だったんですが、ホーディのお頭が1コマでやられた時は、さすがにちょっと切なくなった(海中は魚人のホームグラウンドと思っていた時期が以下略)

いやはや、「ミホークのところで修行しましたカード」スゲェな。これで次回、ドーピングする余裕さえ与えられずにやられたら、一体どうしよう・・・。



【銀魂】
 -第三百四十七訓 愛にプラスもマイナスもなし-

今ごろラブプラスネタか!
(作者が今ハマってる?)

ていうか八っつぁん、リアルワールドに文通してる女の子とかいなかった? その辺はもう、作者的になかったことにされてるの? リセットされちゃってるの?

あと「顔シューティング」がなにげに「いぬまるだし」とかぶってる(コラボ!?)。それにしても、近藤さんはいつも通りで安心感があるね。常に虐げられる方向で盤石。



【ナルト】
 -ナンバー532:ミフネvs半蔵、決着!!-

まさか半蔵に、そんなフグ鯨みたいな設定があったとは!(つうか、あのシュノーケルにも意味があったってのに驚いた・・・・)。

初登場時には既に死亡していた半蔵、ここに来てグッと魅力を引き出すことに成功。あっさり成仏しちゃったサソリは、ちょっと早まったかも。「くっ───俺も、もっと魅力を引き出してから成仏すべきだったか・・・!」

「そんな半蔵に完勝したミフネって凄くね?(ほかのサムライは見てるだけ)」
「同じ理由でペインも凄かった(6人ペインでフルボッコだったけども)」
「でも主人公ナルトはその場にいなかった・・・(・・・・・)」

忍界大戦、あんまり長引くと主役の存在が消えてなくなるかも。



【トリコ】


トリコ更新は明日。がぶ、ツツー、キュポ。



【戦国ARMORS】


五右衛門伊達政宗にスポットが当たる───となると、まさかゲヒ殿にも出番が!? と一瞬妄想するも、もちろんそんな訳はないですよね。歴史的にゲヒ殿って超ドマイナー大名だし(「信長の野望」とかでもビミョーなステータス)。あ、お長様にはそろそろカリスマが光る的なエピソードがあっても良いかなと。



【バクマン】


七峰くんの壊れ方が尋常じゃない(末期のライトみたい)。このままだと中井師匠まで道連れ的に沈没>また当分出番ナシコース・・・・ぬう・・・・ピザ食ってただけやん中井さん。

ところで、平丸さんがいつも地獄のような執筆状況にあるのはアシスタントがいないからなんじゃ?>そこへ中井さんが颯爽と登場!>「背景ならボクに任せてくれ!」「あ、ありがとうピザ!」

──ま、無理がある事は分かっていますとも・・・・(泣)



【magico】


なにかと有望な気配を感じる今回の新連載陣────の中でも、一番光っているかも。なんかもう普通に面白ぇ。なんかもうアニメ化まで決まってしまっているかのような、どうにもケチをつける隙がない、しかもジャンプっぽい─────岩本直輝、灼熱の刻・・・・・!?



【いぬまるだしっ】


最後、触手プレイ。



【黒子のバスケ】


今週のみどころ:オパーイ



【めだかボックス】

今週のみどころ:パンツ

なんだか最終回目前って雰囲気を醸し出しているけども、前シリーズのなんかギルガメッシュみたいなのが敵ボスだった時も、かなり最終回が近いような演出をしていた。終わると見せかけて、また別のシリーズがしれっと始まる可能性は否定しきれん。

・・・・でも最終回だからパンツなのかも、という気も。



【逢魔ヶ刻動物園】


えー、ところで────獣人と人間(呪われたの含む)のカップリングとか、獣人同士(ただし種族が違う)のカップリングって、後々どないする気なんでしょうね? まぁ昔の神話には人間と牛のカップルリングとか実際にあるのだけども(古代人ハンパない)。

「呪われた人間」を集める理由─────が明かされるかどうかってところで連載終了じゃ、ちょっとなぁ・・・・。その辺を素早く掘り下げられたら、あるいはもうちょっと続けることができ・・・・・?

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ジャンプがどこにも売ってない…
エージ 2011/03/20(Sun)10:55:41 編集
予想通りっ!
ワンピースは予想どおり
新麦わら海賊団強さお披露目パーティーでしたね(笑)
魚人島が滅びる理由はやっぱり政府による攻撃かもしれませんね
魚人島に麦わら海賊団がいるからバスターコール発動っ!みたいな…

めだかボックスは次回どうなるんでしょうかね…
キリよく最終回にしてほしいですね
西尾維新さんには設定をもう少し丁寧にまとめてもらって
また連載してもらいたいです、好きな小説家だけに
絵はそうですねぇー、叶先生とかに描いてもらいたいですね
(V)・¥・(V) 2011/03/20(Sun)13:36:21 編集
無題
帰ってきた、はんぺらさんが帰ってきました
2011/03/20(Sun)20:10:38 編集
無題
わたしもゼブラの骨しゃぶりが印象的だったw
うぃ 2011/03/21(Mon)03:25:28 編集
おひさしぶりです
 地震の影響によりしばらくネットに接続ができませんでした。

今週のバクマンなんですが、話の内容が
ルーキーズの川上の慢心を戒めるためにあえて絶望のマウンドに晒し続けたエピソードと
そっくりですね。
佐々木編集長「這い上がれ・・・こっからが
スタートだ」
七峰君「はい・・・」みたいな
もしかしたら編集長は七峰君のやり方を全て
わかってた上で七峰君の目を覚まさせるために敢えて連載をさせたのかもしれませんね。
それだと中井さんは一体何のために出てきたんでしょう・・・かつて近未来杯を競った
ライバルが悲痛な扱いを受け貶められているのを見ているとなんだか悲しいものがあります。 
このままズルズルと行ってしまうのでしょうか。

めだかボックスは終わっちゃうんでしょうかね?
バトル路線に変更したまでは良かったんですけど、なんか中途半端な感じが否めません。
男塾のような緊張感が感じられないんですよ。 
球磨川が初登場したときは大豪院邪鬼が初登場した時と同じ存在感と衝撃を受けたのですが・・・もっとキャラを掘り下げて動かし切る努力をしていれば・・・勿体無いですね。
隆明 2011/03/21(Mon)19:31:53 編集
めだかボックスと中井さんの行方
●エージさん
まだ全国の流通は完全復活していないようですね。早く元通りになって欲しいです。当面は食料・燃料優先ですが・・・。


●(V)・¥・(V)さん
出現した当初から噛ませ臭がプンプンしていただけあり、そこはもう納まるところに納まった感じでしょうか(苦笑)。あと2週間ぐらいは頑張れそうな気配ですけども。

めだかボックス──どうでしょうね。正直なところ、もう特に闘う理由が残っていないような気もしますしね・・・。ここで終わったら、すっきりするのですが。


● さん
返ってきましたはんぺらさん。喜ばしい限りです。


●うぃさん
こう・・・たまに、とてつもなくあざとい時がありますからね(苦笑)


●隆明さん
な、なんと! 隆明さんもでしたか。
今回は知人にも死者が出ておりますので、ちょっとネットで見かけなくなるだけで、「まさか・・・」と不吉な予感よぎりっぱなしです。どうも気配が感じられませんでしたので、「もしや・・・」という気はしていたのですが───それにつけても、ご無事で何よりでした!

バクマンの、あの七峰シリーズとでも言うんでしょうかね・・・・あのやり方自体は、まぁアリかなとも思うんですよね。作家と編集だけが関わるべき、というのはあくまで「従来のやり方」であり、そこは新しいやり方を試行錯誤する・・・という視点があっても良いかなと。

しかし七峰くんが「単なる悪役」として相対化されちゃったので、となると「悪役に相応しい駄目な理由」が必要となり、例のネットで相談云々も、「最初からそうだと告知していれば問題なかったのに・・・」という風に、後付けで逆フォローされているようにも見えました。迷走・・・とまでは行かないにせよ、中井さんが宙に浮いちゃいましたw

めだかボックスの最大の敗因は、やはり女性が主人公って事ですかね? バトルマンガでそれをやるのは、やはりかなり難しいのだと思います。
クリントン大西 2011/03/22(Tue)05:46:02 編集
これからも更新の方を楽しみにしてます
最近は心情的にもとても書き込みができるような状況ではなかったのですが、クリントン大西様のコメントは面白いので可能な限りコメントの方をさせていただきます。

正直、なんで編集部のやり方だけが正しくて、ネットの意見を参考にするのは間違いだと決め付けているのかがよくわからないんですよ。
作家と担当が考えた話だろうがネットの意見を参考にして考えた話だろうが漫画は面白ければいいじゃないですか。
キツイ言い方になるかもしれませんが、大場先生にはキャラクターに対する愛情がまるで
感じられません。 
こんな編集部に迎合するような話を作るためにかつてのライバルをあそこまで貶めるなんて・・・はっきり言ってこの展開は製作者側の逃げです。 大場先生が展開に困ってサジを投げた感じでした。
七峰君のやり方を斬新と認め、復活した中井さんとコンビを組んでPCPに勝つ、そんな展開もありです。
おそらくサイコー&シュージンが七峰&中井さんペアに負けてしまうと編集部に対する批判になるので却下でもされたんでしょう。
七峰君シリーズはやってる事の度合いが小さいだけで、人気キャラに美味しいところを持っていかせるためにキャラクターを出汁に使っているという点では今の二世と同じだと思います。
七峰君(バクマン)=ネプマンモス(二世)
中井さん(バクマン)=カオス(二世)
亜城木(バクマン)=ケビン(二世)
マンモス裏切り、カオス死亡、ケビン参戦に
続いてこんな失望を味合わされるとは思ってもいませんでした。

めだかボックスは主人公を男性にしてしまうと剣 桃太郎そのままになってしまうので女性にしたんだと思いますが・・・勿体無いですね。
隆明 2011/03/23(Wed)23:43:30 編集
ジャンプの女性主人公
そういって戴けると光栄ですw 大変な時期ですが、徐々にでも着実に復興が進むよう、皆が出来る限りのことを考え、実行していきたいですね。

「バクマン」のネットの意見を云々~という展開には、方々で異論が出ているようです。まぁ、そりゃそうですよね(苦笑)。大多数の意見に振り回されるな、という文脈でもないですしね・・・・。七峰くん、出てきた当初は色々と面白かったのですが、どこを間違ってこんな事になってしまったのでしょうか(泣)。

主人公の2人がそれほど頑張っているようにも見えない中、勝手に自爆しているだけという雰囲気が濃く、それが余計「ご都合主義」に見えてしまう、というのもあるか知れません(邪道の王道はどうなったんでしょ? 的な)。

少年マンガなので、サイコー&シュージンが最終的に勝つのは良いのですが、七峰&中井がほぼ全くいいとこナシなのが気に掛かります。中井さんは、このまま火口に消えていくのでしょうか・・・・!

めだかボックス、女性主人公というのは昨今ジャンプでは新しい試みでした。むしろ昔のジャンプの方が、女性主人公が多かった気もします。
クリントン大西 2011/03/24(Thu)05:17:07 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP