忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

1018
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011

0530

今週はワンピースで涙腺決壊!




【バクマン】


今回の話は、立ち直る手法そのものより、立ち直る過程の方が重要だ。閉塞を突破するパワー=怒りというのはスゲー説得力があった。感情の爆発こそが人生のどん詰まりゾーンを突破できるのじゃぜ? 的な。



【トリコ】

トリコ更新は明日。難しい課題をクリア。



【ワンピース】


今週は久々に泣けるワンピースだった。ウソップが再び仲間になった時以来

oug.jpg













お、お前ら・・・・!(´;ω;`)ブワッ



【ナルト】


あれだけ期待させといて、見事に斜め下に裏切った今週のナルト(泣)

・・・・・・いや、確かにあのアロエ人間のチャクラについては伏線もあったし、そう無理な展開ではないのです。うん・・・・確かにチャクラまで偽装できる変身は恐ろしい。脅威だ! ────でも、先週の期待感が台無しになったのも確か。

しかし、わたしにとってはその辺は些末な問題である。

hinadeba.jpg












久しぶりに出番ありそうやでぇ!

ヒナタ「絶対負けられないもの!(サクラとかサクラとかサクラとかには!)」




【べるぜバブ】

つい最近までゲームやってたと思ったら、なんかバトル漫画になっとる。油断も隙もねぇな・・・!



【奇怪噺 花咲一休】


ドラゴンボール願印を求め旅だった一休+背後霊、さっそく化け猫ととんちバトル。「とんち+バトルって、要するにとんち番長?」─────あまりにそのままだとパクリ呼ばわりされてしまうので、そこは当作品ならではのオリジナル要素『敵を、強制的にとんち勝負へと引きずり込む』が加わった。

・・・・・怖いのはネタ切れだな!



【銀魂】


坂本さん・・・・・何巻ぶりっていうか、何十巻ぶりだよ!

NHK大河で龍馬やってる時でさえロクに出番なかったのに、今頃登場するとは──────なに、もう銀魂最終回なの?



【ぬらりひょんの孫】


あの情けない状況からいきなり魔王とかになるギャップが面白かった。



【めだかボックス】


あぁー、そういうアレだったか暗号。「し」が妙に多いなぁ~、というところまでは気づいていたが、それからどういう流れになるのかがサッパリだった。でも仮に図形暗号と気づいたとしても、そこからアレを「ローマ数字の四」とはいかんかっただろうな・・・・。

「こ、これは─────橋!? そうか、目的地は校内の橋だ!」

それでもOKな気もするが。『ギリシャの犬』みたいだけども。





【いぬまるだしっ】


知らない間に危険な掲載位置!


PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ワンピース→三兄弟の健気さに、王妃の母の覚悟に泣けてしまった

ナルト→ヒナタの出番が楽しみです

ベルゼばぶ→表紙に和みました
保健室の死神→経一とストーゲが素敵な回ですな
そしてハデス先生が久しぶりに美形になった
チハル 2011/05/30(Mon)18:53:07 編集
オトヒメ王妃とタイガーさん
ワンピース:オトヒメ王妃・タイのお頭の器の大きさと、ネプチューン兄弟の健気さに涙が止まりませんでした。
そして、回を重ねる毎に偉大になっていった彼らと対になるように、回を重ねる毎に小物になって行くデッケンさんにも(別の意味で)涙が…。
よもやま 2011/05/30(Mon)22:42:15 編集
無題
めだかボックスは何も記述がなければ
出てきた図形が「橋」でもいいんでしょうけど
今回は「4で解き明かせ」と明文化されてますから
「ローマ数字の4」はかなり納得でした。
が、解けなかったのは悔しい…
時計でしか使われないことも知らなかったとはいえ
調べればわかったでしょうし、図形が傾いているのにも意味を持たせられたらもうグゥの音も出ないですよホント。
del 2011/05/31(Tue)00:37:05 編集
期待度が上がります
いつも読ませていただいてます。
まだ今週のジャンプは読んでないので、クリントン氏の感想でワクテカ度をアップ。


ちなみに前回ジャンプ感想であった岸辺露伴のプライズ景品、とりあえず二千円ほどチャレンジしてみましたがダメでした。次回は7月にスタープラチナが、9月にクレイジーダイヤモンドが出るみたいなのでそれまでには取りたいです。

追伸:代わりにコンビニキャッチャーでようやくバッドカンパニーをGETしました。
アタルの弟 URL 2011/05/31(Tue)15:23:23 編集
シリアスな感動
ワンピース>
ネプチューン兄弟のハッチャ気ぷりに最初は
「あぁ、こーゆーキャラか…苦手だなぁ」
なんて思ったりもしましたが
まさか裏にこんな悲しい事情があったとは!(´;ω;`)ブワッ

めだかボックス>
前回のセンターカラーで球磨川だけ離れて不自然なポーズだなと思い
明かりに透かして見たところ
あぁなるほどwと思いました
これは意図的に仕組まれた物でしょうか?
(V)・¥・(V) 2011/05/31(Tue)20:09:27 編集
無題
ちょっと本日立て込んでいてお返事遅れました(汗

●チハルさん
下の二兄弟の、道化を演じるさまに超きました。皆に誤解されても貫く信念・・・・! ヒナタはいつになったら日向に出てこれるのでしょうw

ベルゼばぶは、なんだか非常にシュールな展開でした。ハデス先生も、いよいよクライマックスですな。なかなかキレイに終わりそうな気配が。


●よもやまさん
タイガー、オトヒメ、兄弟(下2人)に大拍手を送りたい過去シリーズでした。いやはや、久しぶりにワンピースで泣いてしまいましたよ!

デッケンさんは・・・・まぁ、当初からブレのない路線ということでw


●delさん
四で解き明かすというのに、そもそも行かなかったのですが(泣) 「し・・・しがいっぱいあるけど、し・・・? し?」でタイムアウトでしたから。

ローマ数字は時代によっても変化するのでややこしいですが、ギリギリメジャーな数字記号ですよね。斜めになっているのは──というか、もう真っ白で読むがままですw
クリントン大西 2011/05/31(Tue)22:20:43 編集
無題
●アタルの弟さん
ありがとうございます。あんまりネタバレもまずいですかね(汗

あ、もう出てますか岸辺露伴。「ルーブルへ行く」とのコラボ企画なんでしょうが・・・実に客層を選ぶ景品だなとw あの手のキャッチャー系で取れた試しがありません。千円もつぎ込んだら、わたしの場合泣き寝入りです。


●(V)・¥・(V)さん
ネプ兄弟、の下2人は今まで完全にマーク外だったのですが、まさかそれを逆手に取ってこられるとは思いませんでした。あれはヤバイですよ。一番まともだった長男が、今やどうでもいいキャラという!

・・・・あ、ありましたね乳タッチネタw まぁどうせやるなら、もう少年誌では絶対無理な感じのものをやってくれても以下略
クリントン大西 2011/05/31(Tue)22:24:40 編集
覚悟
サウロは「徹底した正義は時に人を狂気に変える」と言っていましたが、現実はどうでしょう。 世界政府上層部に命令されるがまま「
正義」という名の殺戮を繰り返している海軍
本部上層部ですが、仮に彼等が海軍に入る前は普通の人間で、海軍組織が提唱する「絶対的正義」が彼等を変えたにしてはいきすぎているといわざるおえません。
海兵への道を志していなくても、別の何かを
起こしていたのではないかと思うくらいに
人の命を奪うという感覚が麻痺しています。
「しっかりしろ!!・・・まだ助かる!!手当てを」「捨ておけェ!!まだ戦闘中だぞ!!!」「最後の一人まで叩き潰せェッッ!!!」
他人を道具としか思わず完全に「命の感覚」が麻痺しています。 彼等には「人を殺す」
覚悟はあってもトミーのように「自分も殺される」覚悟はまずないといっていいでしょう。 自分の命を差し出す覚悟があってこそ相手の命を奪うことが許される・・・本来は悪であるはずのトミーの方が、正義を装ってるだけの海軍本部上層部よりもはるかに命を大切にしていると思います。
相手から命まで奪おうとしているというのに、自分の命は差し出さず気はさらさらない・・・今まで色々な漫画で偽善的な悪党は
たくさん見てきましたが、完全な悪(それも偽善)なだけに少年誌史上「最も許せない」
悪党かも。

ワンピースが少年ジャンプで連載されている以上、オリビア、サウロ、オハラの島民、タイガーさん、オトヒメ・・・少なく見積もってもこれだけの何の罪もない人間を殺しているんですから、最終的には革命軍が勝利し世界政府の陰謀の全てが明らかにされて、世界政府上層部、元帥、海軍三大将は勿論、中将以下の海軍本部上層部もそれぞれ極刑または終身刑は免れないでしょう。
世界政府の陰謀の規模の大きさからして、赤犬&黄猿が指令を出し、実際に殺傷を行っていたのは頂上決戦に召集された海軍本部上層部で間違いないと思うので。
隆明 2011/06/01(Wed)02:49:11 編集
無題
白ひげとの戦闘中(戦争中)は、途中から泥仕合と化していて、自分でも何をやっているのか分からないような、そんな混乱状態に突入してしまっていた観はあります。

強ければ強いほど、「死ぬ覚悟」を抱く場面が減る=覚悟なき戦闘が増える・・・・とはワンパンマンにもありましたが、確かに大将ぐらい無敵の強さを持っている連中は、戦闘=退屈なザコ潰し以外の何物でもないのかも知れませんね。

過去から現在に至るまで、様々な人達が世界政府運営の犠牲になってきた訳ですけども、それと例の「真の歴史」がどのように関わってくるのか、いよいよ核心に迫るような気配ですよ。
クリントン大西 2011/06/01(Wed)05:58:37 編集
世界政府の陰謀の犠牲者全員の救済を
多くの方も仰られていますが、確かに、作者が
意図的に世界政府&海軍上層部=外道と誘導することで、アーロンを同情に導いているという感は否めません。 
・・・・・・それらを考慮しても、タイガー
さんやオトヒメをはじめとした何の罪もなく
殺される理由のない人間の命まで奪い、遺されたジンベエ、ハチ、アーロン、海神ネプチューン、しらほし姫、ネプチューン三兄弟・・・にこれだけの苦痛を与えておきながら、「絶対的正義」と得意げに語るオニグモ・ヒナ等の海軍本部上層部連中は完全にキチガイであると思います。
まさに、獣レベルの命のやり取りを経験したことがないからこその感覚麻痺・・・

CP9の長官であるスパンダムは、エニエス・ロビー崩壊をはじめとした全ての失態を部下であるルッチ達に押し付けることで責任逃れをしましたが、おそらくセンゴクが時期元帥候補として青雉を推薦したのも、世界政府&海軍が万が一革命軍に破れた際に、からなず暴かれるであろう世界政府の陰謀の全ての責任を青雉に被せて自らの保身を図るためでしょう。
青雉の性格からして、「世界政府上層部に命令されただけだった」などと見苦しい弁解などせず、海軍組織の長として自分が犯してきた罪を償い、部下であるスモーカーとたしぎとコビーとヘルメッポを守るために潔く極刑という判決を受け入れると思います。
しかし・・・自分は世界政府の陰謀に積極的に関わってきたのは誰か?と聞かれれば、世界政府全軍総帥コング、前元帥センゴク、大将赤犬&黄猿、海軍本部上層部モモンガ、ヤマカジ、オニグモ、ドーベルマン、ストロベリー、ラクロワ、ジョン・ジャイアント、ロンズ、ヒナ
の名前を挙げます。
「個人名を挙げるなんて失礼だろ」と思うかもしれませんが、上述した大将以下の将校達は頂上決戦にも招集される程の実力を兼ねそろえた海軍本部上層部の中でもエリート中のエリートであり、オハラへのバスターコールをはじめとした世界政府の凶行は、国家戦争
クラスの軍事力を有し、島一つ消滅出来る程の力を持つ為、この命令を発動出来るのは海軍本部元帥と海軍本部大将です。 そんな重要任務に海軍本部のエリートである彼等を差し置いて海軍支部に所属する海兵達が招集されることなどあり得ません。
それを・・・さんざん世界政府の陰謀に加担しておきながら「自分達は命令されただけだった」と全ての責任を青雉に押し付けて言
い逃れをするなんて海軍将校としても人としても絶対に許されない事であります・・・

それに・・・青雉にはルフィやロビンのそれとは別に世界政府&海軍を憎む十分すぎる理由があります。 それは親友サウロがバスターコールの犠牲になったときのことです。
このシーン・・・世界政府&赤犬の卑劣な
策略からロビンを救うために命を捨てたサウロの仇がとれないことを悔やんでいました。
そう、この悔しさがあるから彼は世界政府&海軍上層部の陰謀の全てを明らかにしなければいけないんです。

あと・・・余談ですが、赤犬の世の中を良くするなどという口実で海賊や犯罪者の次に
殺されそうなのは高齢者か精神病患者あたり?この世界感でそこまで社会問題に深く突っ込むのか?という疑問もありますが。
隆明 2011/06/02(Thu)03:43:55 編集
無題
アーロンは同情、までは行かないですかね。まぁ、単なる魚人大好き・至上主義の民族差別主義者というのに、それなりの理由付けが行われたってなところでしょうか。ただ、サンジが「許さん」といっていたジンベエの罪(アーロンを解き放ってしまった)については、十分情状酌量の余地があるのではと。

スパンダム、懐かしいですね。ああいう責任のなすりつけが半ば常態化しているのだとすれば、海軍という組織全体についても不安な部分が多くあるのでは、と心配になります。

青キジ、実はさりげなく出世してるんですよねw 実績的には白ひげを(実質)討ち取った赤犬の方が上なような気もしますが、戦果以上に人間を見ての判断でしょう。センゴクとかあの辺は、海軍の中でも比較的「安パイ」なのかも・・・。

サウロとかロビン母も、「死亡した」とは出ていないですよね。もしかしたら、いまだインペルダウンに幽閉されているのかも知れません。
クリントン大西 2011/06/02(Thu)05:29:50 編集
魚人島編
これだけ深く魚人島編が描かれたので、アーロンの最登場…あるかもしれませんね。
ただし、ルフィ達と再会して改心展開ではなく、成長したコアラと再会→一悶着起こす→改心しないまでも攻撃の矛先を「力の無い普通の人間」から「天竜人や世界政府」に変える展開が自然な気がします。
名梨 2011/06/02(Thu)21:31:05 編集
CP9に機会を
正直、なんでアーロンの怒りの矛先が、黄猿や世界政府ではなく、何の罪もない弱い立場にいるココヤシ村の人達に向かったのかよくわからないんですよ。 
もしもアーロンが本気でタイガーさんの仇討ちをしようと考えているなら、何か別の方法があったと思うのですが・・・

自分の中で海軍の株はかなり堕ちましたが、CP9についてはまだ同情の余地があると思うんですよね。 世界政府の命令で非協力的な市民を殺しているという点では海軍本部上層部連中と同じですが、彼等は海軍のような志願制ではなく物心つく頃から政府の暗躍機関
の任に就くためだけに修行をさせられており既に自分の人生が決められちゃってる訳で・・・ルッチももしかしたら別の人生を歩みたいと思っていたとしても不思議ではなかったと思うんですよね。
それでもルッチは政府からの極秘任務を成功させるためにバスターコールの集中砲火を浴びせられてもルフィと死力を尽くした、ギリギリの戦いを繰り広げましたが、いざルフィに敗れると全ての責任を押し付けられた挙句、エニエスロビー本島崩壊の重罪人として
世界政府&海軍から追われる身となりました。
ロビンの事を考えると同情する必要はないかと思うんですが、必要なくなったからといって切り捨てるなんてあまりにも哀れですよ。
他のCP9メンバーも一緒にドラゴンの革命軍に迎えられていれば良いのですが・・・
青雉の「オハラはまだ滅んじゃいねェ」という台詞が気になります。
もしかしたら、オリビアもサウロもまだ生きていて革命軍のメンバーとして活躍しているのかもしれませんね。 
オリビアとサウロとルッチの三人がドラゴンの下で革命軍として活躍している姿を見てみたいです。 三人とも世界政府&海軍に運命を弄ばれたという点では一緒なのですから。
隆明 2011/06/02(Thu)22:15:01 編集
無題
●名梨さん
アーロンは今、インペルダウンにいるんですかね? でも出てこなかったところを見ると、別のもっと警備の薄い田舎の刑務所にいるのかも知れません。コアラ再登場・・・・ありますかね?(革命軍あたりでしょうか)


●隆明さん
ワンピもたいがい長期連載なので、過去登場キャラのリサイクルなどが今後の課題かも知れません。CP9もそうですが、ラスボスっぽい黒ひげも目下ほったらかしですし、両足が剣の人の件や古代兵器、誰もが忘れ去ったドン・クリーク(笑)など、あまりにも多すぎて処理に困っているような現状があるように思えます。

基本的に「戦死」がないワンピ世界というのも大きいか知れません。

海軍の軍人にしても、大半はCP9と大同小異の雇われ人=サラリーマンですし、コビーのように希望を抱いて入隊>現実を知る、のパターンも多いかなと。白ひげ戦でも、後半、海軍軍人の多くがかなりウンザリしてましたしね。ドラゴンの革命軍にも、いわゆる「元軍人」は多いのではないかなと(海軍に失望した人材の受け皿に)。
クリントン大西 2011/06/03(Fri)05:06:14 編集
地獄への入り口
今日、コミックスを買ってロビンの回想編を読んでみたんですが・・・・まさかセンゴクがあそこまで外道だったなんて思ってもみませんでした。 バスターコールを発動したのもセンゴクだったようですね。
サウロは元海軍本部中将で自分の部下だった男じゃないですか・・・それを「オハラの考古学者達が悪である証拠をくれ」と言っただけで共犯者扱いした挙句に殺すなんて・・・
でも確実に言えるのは悪人ではないオリビア、オハラの考古学者達、オハラ島の住民、サウロを殺したことにより、センゴクの地獄行きは決定したということ。 デスノートの夜神月人も犯罪者ではないFBI捜査官を殺した時点で
既に敗北は決定していたのかもしれません。

考えてみれば、世界政府&海軍上層部の思考回路も夜神月人と一緒だと思うのです。
彼も最初は新世界を創るために犯罪者しか殺していませんでしたが、そのうち「自分の邪魔をする奴は殺す」と暴走しましたし・・・
果たして世界政府&海軍上層部にどのような
地獄が待ち受けているのか・・・想像できません・・・
隆明 2011/06/03(Fri)23:45:41 編集
無題
オハラのところ読み返しましたが、直接指示は五老星ですね。センゴクの上役の。たぶん「世界を混乱させる過去の記憶は抹消」という、それなりの正義に基づくものなのでしょう。世界の混乱を防ぐ為なら、島1つ島民ごと消すもやむなし、という危険思想ですね。

革命軍は、あんがいその800年前の歴史に関連した動きなのかも知れません
クリントン大西 2011/06/04(Sat)05:18:27 編集
怨嗟の念
極東国際軍事裁判の歴史を見る限り、センゴクを筆頭とした海軍本部上層部が今後絶対やるであろう「五老星に命令された」という言い逃れは通用しないと思います。
頂上決戦に召集を受けた海軍本部上層部は、世界政府戦力の最高峰である海軍組織を実質的に動かしている人達で、ましてやルッチ達CP9のように物心ついたころから政府暗躍機関の任につくことを義務付けられていた訳でもなく、自分達の意志で海軍に入隊してきたのです。 ですからコビーのように雇われ人=サラリーマンで済まされる存在ではないと思います。
海軍に限らず、全ての軍隊組織にはそれぞれの階級に応じた「裁量権」が与えられており、それに基づいて行動する仕組みになっています。 でなければ軍隊として成り立ちません。
確かに、オハラへバスターコール発動を直接指示したのはセンゴク率いる海軍本部上層部連中の上司にあたる五老星かもしれません。
しかし、「避難船に考古学者が密航している可能性があるので避難民もろとも殺してしまえ」などと海兵一人一人に事細かに指示を出すなんて事はあり得ないのです。
海軍が提唱する「絶対的正義」の理屈で考えても、エースや白ヒゲは海賊ですので「悪」
で通りますが、オハラの島民は殺される理由がありません。 前にも書きましたが、本来は守るべき対象であるはずの民衆をみせしめと自己保身の為に殺した瞬間から彼等の敗北は確定しており、オハラを含めた世界政府&海軍本部上層部の陰謀の全て明らかにされることになるでしょう。

戦争裁判の恐ろしいところは、「戦勝国が
敗戦国を一方的に裁く」ということです。
ワンピースにおいて戦勝国にあたるのがドラゴン率いる革命軍であり、敗戦国にあたるのが世界政府&海軍連合軍です。
彼等には当然今までの世界政府運営の犠牲になった家族や友人達の怨嗟の念が加わってきます。 公正な裁判はまず行われないと考えて間違いないでしょう。
・・・ま、だってそうですよね、身内を殺された遺族の立場からしてみれば命令を下した奴も作戦を実行した奴も「目には目を、歯には歯を」自分達が受けた害に対して、同等の
仕打ちをもって報いるべきだと考えちゃいますよね。
隆明 2011/06/04(Sat)11:53:16 編集
無題
センゴクは今回(白ひげ戦の)責任を取って首になってますし、しょせんすげ替え可能な代用品の1つに過ぎないのかなという気はします。

雇われだろうとなかろうと、個々人には「良心」というものがあるハズですので、それと任務との葛藤は当然あるべきですし、いよいよとなった時には海軍の方針に弓を引く(裏切る)のもあるかと思われます。では海軍に残った人達はどうなんだという話になりますが・・・・あるいは内部から変えようとしている人達も、相当数いるかもです。
クリントン大西 2011/06/04(Sat)19:01:58 編集
弱肉強食
海軍組織が提唱する正義は、「弱肉強食は世の
常、弱者は強者にどれ程酷く蹂躪されたとしても文句は言えないんだ」と。
コビーが本気で海軍組織を変えたいのであれば、赤犬より強くなるしかないと思います。
隆明 2011/06/04(Sat)21:07:37 編集
無題
コビーは前の白ひげ決戦時、なにげに赤犬との対決フラグ立ってますよね。コビーならあの調子で強くなって、やってくれるものと信じています(最終回付近で)
クリントン大西 2011/06/06(Mon)18:03:23 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP