忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

1018
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011

0721

なんか遅れちゃってモチベ激減したのでちょっとだけ。

まぁ今週はアレ・・・・
読切の『タカマガハラ(作:井川十三)』が熱かったな。
エロ方面で。


sugoija.jpg

























読切なのに、少年ジャンプの限界にチャレンジした感がある。

buba.jpg



















設定はすごく(ワザとやってるとしか思えないぐらい)ありきたりであったが、絵にちょっと味があって将来性大な気がする。


PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
読み切り
タカマガハラを読んで、昔ジャンプで連載していた問題作、珍遊記を思い出しましたwww

ワンピース>衝撃ッッ!!!・・・と言っては大げさですが、マダムシャーリーがあのアーロンの実の妹だというのには驚きました。 尾田先生って実は血縁関係とかの設定が本当に好きなんですね。
もはや、キッドが実は赤犬の息子だったとしてもおかしくないような・・・
ホーディーとデッケンって海賊よりも、明らかに世界政府直属の海軍本部中将やCP9の方が向いていますよね。
目的を達成するためなら手段を選ばず、同族だろうが仲間だろうが平気で殺しますし・・・
そう考えると、海軍組織が掲げている「絶対的正義」に戸惑いを見せるサウロや武道家精神を重んじるルッチは海軍本部中将やCP9には向いていなかったのかもしれませんね。
結果として「非情になり切れない奴はいらない」と超合理的経営主義者であるセンゴク社長に切り捨てられてしまったのでしょう。
隆明 2011/07/26(Tue)01:15:34 編集
無題
きれいな珍遊記ですねw

そういえばシャーリーの設定がプチサプライズでしたね。彼女は二股ではない=まだ二十代なので、アーロンとは結構トシが離れていたことになります。まぁ、サメ繋がりなのでこれはアリですね。

非情といえばホーディも非情なのですが、なんかこう、どんなに変身しても小物臭さが抜けない、悲劇のオトコかなと(苦笑)
クリントン大西 2011/07/26(Tue)05:41:54 編集
無題
あなたはそこにいくつかの良い点を作った。私は主題で検索を行なったし、主に人々があなたのブログで同意される発見。
NEX-5N 2011/11/13(Sun)10:14:19 編集
無題
わたしはいくつかの良い点を作りましたか。それをわたしは大変名誉に思います。主題を検索をしましたか? 同意を得られて光栄です。
クリントン大西 2011/11/13(Sun)16:02:13 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP