忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

1020
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011

1128

今回でこち亀35周年!

・・・・35周年・・・・



両さん子供時代が昭和20年代ってことは・・・・え・・・? え・・・・? 今までなぁなぁでやってきた部分が、一気に瓦解しそう。あと中学生のシャツの「悪」でちょっと笑ってしまった。

ワンピース、最後はめでたく終わったな。ま、まぁ・・・・確かにしらほし姫が海王類と交信というのは前々からあったアレなんですが、もうちょっと早く来いよとか・・・・いや、いいんですよ別に。危機一髪じゃないと盛り上がらない的なお家事情もあることで・・・・。とにかく次のシリーズがどうなるか、今から胸がいっぱい!

ナルト、ゾンビ軍団でも尾獣化するの? ────いや、マダラ(?)が集めた尾獣のチャクラをゾンビに改めて植え付けた?(じゃないと理屈に合わんよな・・・)。

鰤、「監視と制御」って考えてみればむしろアタリマエの話で、特に一護が怒ったりとかは違うと思うんですよ。「まぁなー、一歩間違えたら仮面かぶってホロウ化とかしてたもんなー。むしろ即、逮捕監禁とかにならんかった分だけ温情判決じゃね?」みたいな。

パッキー。消しゴムでも良しとするその潔さ、現代人も見習うべき・・・!

こち亀2回目。ゼンマイカーなぁ・・・・・いや、これ無理やねんエネルギー保存の法則がある限り、絶対覆らん一線があるんよね。もしこの超ゼンマイに、自動車を何十キロも走らせるパワーを蓄積できる容量があると仮定しても、そのエネルギーを貯めるには、同じだけの力でゼンマイ巻かんとダメな訳ですよ。

「回生システム」というのにも誤解があって、これはエネルギーを無限循環するという意味ではなく、エネルギーロス分も回収して、なるべく省エネで行くぞ~・・・的なシステム。100のエネルギーで200のエネルギーを生み出す訳ではないのです。

クロガネ。「剣士のわりに無防備でないかね?」

magico。なんかこの侍、あれですよ・・・・ケロロ軍曹の作者が昔描いてた宇宙十兵衛をちょっと思い出す感じ。いや顔とか全然違うんだけど、なんとなく。

HUNTER。会長選挙本格始動?!

yasahun.jpg

















イヌの人がわりと凄かった件。普通にトリプルハンターかよ。

※トリプルハンター:三つ星ハンター。世界に10人といないトップハンターの称号。歴史的発見、世界的偉業をいつくか成し遂げることが絶対条件。なお、嫌われ者(笑)のジンは二つ星ハンターだが、実績的には三つ星と比較しても何ら遜色がない(三つ星になる為の申請とかが面倒臭いだけ)。

チードルの姓(?)のヨークシャーとくればヨークシャーテリア実在世界の地域名(イングランド北部)であるけども、オークションやってたヨークシン・シティと何か関係が? 何しろトリプルハンターなので、チードルの名にちなんで街の名前が決まった、ぐらいアリかも。

あとパリストンの公約「優しいハンター協会」www
なんでこいつは、毎度こんなに胡散臭ぇーの?

316kouho.jpg












※クリックで拡大(オリジナルサイズは950×671ピクセル)

ほかの「十二支ん」も、トリプル~ダブルハンター。グリードアイランドの時、「爆弾魔」がシングルハンターのツェヅゲラをやたら警戒していたところから、星1つだけでも相当凄いことが伺える。

しっかり「パリストン派」も混じってるのはご愛敬。イックションペ・カットゥーチャはかなりやっちまった感あり。モラウの旦那がシングルってのは意外だな(申請が面倒くさい組?)。ビスケ(57)も普通にダブルハンター。ジンはアレの同情票でギリ16位入り?

色々と変なのが揃っているが、そんな中でもひときわ異彩を放つのは、星どころか何のハンターかさえまだ決まっていないぐらい超ルーキーのレオリオ(3位)だろうな。

soukan.jpg












ゾルディック家、簡易相関図※クリックで拡大。

キルア・・・・お前ン家やっぱおかしいって


・違和感その1
シルバとキルママンがハートで繋がってる件。仮面夫婦じゃなかったのか! 

・違和感その2
ゾルディック家創始者のマハがかなり空気な件。何、おじいちゃん発言力ないの? それとも意図的に一歩退いてる感じ? 「これからはお前達の時代ぢゃ」的な。

・違和感その3
カルトって、キルアにどうとも思われていないの?(涙) ・・・・・そら嫉妬もするって話ですな!(いや、やっぱそれもオカシイんだけど)


整理すると・・・・

・ゼノ(じっちゃん):キルアにちょい甘。まぁ、じっちゃんだし。
・シルバ(オヤジ):キルアに期待。っていうかやっぱりちょい甘。
・キキョウ(オカン):キルアを溺愛。
・イルミ(兄その1):キルアを溺愛。
・ミルキ(兄その2):キルア嫌い。
・アルカ(弟だか妹その1):キルア大好き。
・カルト(弟だか妹その2):キルア大好き。

・ゴトー:執事長。キルア命。
・カナリア:執事見習い。キルア一筋。


・・・・・・・愛が重たいな(苦笑)

そらキルアも家出したくなるっちゅー話ですよ。むしろ、唯一キルアを嫌いなミルキが心のオアシスだったりするんじゃ?w


しかし、イルミはやはりゾルディック家の方針とは別の意図で動いていることが今回改めて証明されたので・・・・・てことは、キルア達に随行している筈の「家族」って誰?

シルバ(現当主)、ゼノ(前当主)は立場上動きづらいと思うんだ(だからこそ、それぞれ子飼いの執事を向かわせた訳だし)────てことは・・・・・ミルキなんか来てもしゃーないし、ヒマそうなマハなんてのもありそうだが・・・・・

ここは、アルカへの嫉妬が判明したカルトが? そして、このカルトを媒介として、現在音信不明の幻影旅団とかその辺に繋げていく・・・のかな?


どんどんゴン置いてけぼりで主人公化してるキルアは、果たしてどういう経路を辿って大団円にもつれ込むのか・・・?
 
 
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パッキー
一番最後のコマ外の「かみつきばーちゃんって消しゴムありましたよね。」でよく覚えてるなと思いました。
ババリア 2011/11/28(Mon)19:03:08 編集
無題
うちの小学校は、確かオモチャオモチャした消しゴムは禁止だったんですよね・・・。
クリントン大西 2011/11/28(Mon)19:19:26 編集
無題
なんかどやどやしてると思ったらお祝いだったのか

金曜まで読売のスポーツ面で四コマやるって。
コロ 2011/11/28(Mon)19:41:59 編集
無題
キルアのひいひいジイチャン(マハ)が会長と唯一引き分けらしいんで、介入してきたら大変ですね。まぁよほどのことがないと干渉してこんでしょうけど
名梨 2011/11/28(Mon)19:43:03 編集
ワンピ
ワンピース、バトルよりも最近は純粋に物語がどう展開するか気になりますね。四皇の1人とか、島が滅びる予言とか、ホーディの運命とかホーネグリフの文言とか、めっちゃ気になります。
きうり 2011/11/28(Mon)20:39:23 編集
ワンピ
ワンピース、バトルよりも最近は純粋に物語がどう展開するか気になりますね。四皇の1人とか、島が滅びる予言とか、ホーディの運命とかホーネグリフの文言とか、めっちゃ気になります。
きうり 2011/11/28(Mon)21:04:06 編集
無題
magico→今回脱ぎ率高い


めだかボックス→めだかちゃん、主人公と言うより最終的にボス化してる件

HUNTER×HUNTER→ゾルディック家ツッコミ所満載過ぎる(笑)
チハル 2011/11/28(Mon)21:22:46 編集
無題
鰤は伏線張りすぎUZEEE状態ですよね(笑、まあそれも含めて好きですが。

ナルト・ワンピ・HUNTER辺りの有名どころを読んだことが無くて、完全に読み始めるタイミングを逃してる件orz

ワンピは友達の家に全巻あるから・・・って文字多いし巻数多いし読むの面d(ry
dkr 2011/11/28(Mon)21:31:35 編集
めだか
めだかちゃんはトリコ以上に少年漫画の主人公としては失格な気がする。
ババリア 2011/11/28(Mon)22:03:12 編集
無題
キルアのひいひいジイチャン(マハ)が会長と唯一引き分けらしいんで、介入してきたら大変ですね。まぁよほどのことがないと干渉してこんでしょうけど
名梨 2011/11/28(Mon)22:11:26 編集
無題
すみません、間違えました
名梨 2011/11/28(Mon)22:13:15 編集
無題
●コロさん
うわ、微妙にチェックしにくいところでやるんですなw
こち亀はしかし、元気になって欲しいものです。


●名梨さん
マハはたぶんメチャクチャ強いんでしょうね。しかしまぁ、今回のものは家族内問題ということで特に介入しないっぽいです。


●きうりさん
バトルはもう結構パターン化していて(仲間は敵幹部と個別に対決、ルフィは相手のボスとタイマン、あるいは皆で袋だたき)それはそれで良いのですが、メインストーリーもあまり複雑過ぎるとまずいですね(魚人島の教訓)。


●チハルさん
何故か脱いでましたねw ポストめだかボックスを狙っているのでしょうか。そのめだかもえらい脱いでました(もう冬なのに・・・)。ゾルディック家は、キルアの立場になるとかなり居心地悪いと思うんですよw


●dkrさん
もう絶望的にカッコ悪くなってしまった銀城は、結局何がやりたいのかというところで、実に混迷していますよね。思わせぶりも度が過ぎると・・・という。

ナルト、ワンピは今から入るのはかなりハードですね巻数的に。それからすれば、HUNTERはあれだけ長期連載なのに休みまくっている為、まだ29巻で入りやすいですw


●ババリアさん
なんというか、この数週間、BLEACHの銀城並に迷走している感が拭えないのです・・・・。
クリントン大西 2011/11/29(Tue)04:50:59 編集
無題
この取り上げ方なら「今週のHUNTER×HUNTER」もアリなのではw
トム 2011/11/29(Tue)16:34:29 編集
こち亀
いやぃゃ、あの中川君ですから定年間近でもチャージレバー?地球割る勢いで倒してんですよ・・・きっと・・・


ロストエネルギー問題、完全回収は理論上無理ですからねぇ。ま、それでも理論上「今」のロストエネルギーはまだまだ回収できるみたいですから、頭の良い人達さんに頑張って頂きたい。
510136 2011/11/29(Tue)16:57:45 編集
無題
●トムさん
いやぁ、HUNTERの盛り上がりは一過性のところもありますし、何よりいつまた連載が止まるか知れませんし・・・(汗)


●510136さん
ベジータクラスの腕力がないと引けないレバーなのかも知れませんw
最新式の火力発電システムが産業新聞に載っていましたが、とにかく余剰に溢れる熱エネルギーを利用して、ということみたいですね。気化熱を利用して冷凍うどん作ったりとか・・・。
クリントン大西 2011/11/29(Tue)18:46:04 編集
設定は連載を重ねる度に変わっていくもの
物語の最初から最後まで構想をまとめた上で執筆するなんてことは、どんな大御所と呼ばれている作家さんでも不可能だと思います。
尾田先生がリスペクトしているドラゴンボールやキン肉マンだって連載初期と中盤から終盤かけては全く別のことをやっていますよね。 ワンピースも同様に、連載初期の頃と現在とでは話の方向性が180度違うと言っても過言ではないでしょう。
「連載開始から既に人気漫画なのに、なんでわざわざテコ入れする必要があるんだ」的な事ですが、ドラゴンボールにしてもキン肉マンにしても、初期の西遊記とウルトラマンのパロディを連載期間中ずっと続けていたとしたらどうでしょう?
「なんだ、惰性で同じ事を繰り返しているだけじゃん」と・・・これでは新規読者が入って来られなくなると、鳥山&ゆで先生は思ったんですよね。
同様に、順当にビビを一味に加えていたら、今までと同じ事の繰り返しになり、新鮮味が足りないと尾田先生は考えました。
そこで、読者に新風を起こすという意味でも、急遽ロビンと入れ替えて、標的を世界政府にシフトしていったのではないかと。
一度人気が出たんだから、惰性で同じことを続けていけばいいという考えもあるかもしれません。 でも、そうなった時点で、それはもう‘保持‘ではなくて‘後退‘なんです。
同じものを出すということは、古いものを出すのと同じことですから。

尚、キャラの好き嫌いについては、完全に好みの問題であり、作者の関与するところではありませんので考察の対象から外します。
隆明 2011/11/30(Wed)01:53:42 編集
無題
小説などだと、「巻物型」という本当に最初から最後まで細かに構想して、大長編を書く場合はありますが、週刊連載ではそれは事実上不可能でしょうね。「からくりサーカス」などかなり辻褄合わせに頑張っていたとは思いますが、やはり意地悪な目で見れば細かな齟齬が見て取れます。

問題は、それが面白さに影響するかどうかですね。多少物理法則を無視していても、以前の設定を完全無視していても、読んで面白ければ「細けぇことはいいんだよ」になると思っています。逆に、どんなに緻密な物語構成であっても、面白くなければどうしようもありません。

その意味で、ワンピースはこのごろ悪い意味でパターン化してきているような向きがあります。それは描いている本人もきっと良く分かっているのでしょうが、分かったからといって簡単に軌道修正はできないものなのです。今までの流れとかもありますしね。

魚人編は色々反省点があると思いますので、それを踏まえた上で次シリーズを頑張って欲しいと思います。
クリントン大西 2011/11/30(Wed)04:49:57 編集
メインの読者層
アーロンパーク編とかアラバスタ編はもう十年近く前に掲載された話ですので、今のメインの読者層である小中高生はほとんど知らないでしょうし、連載当初の頃の話なんてそもそも求めていませんので何の影響もないでしょう。

忘れてはならないのが、ワンピースがターゲットにしているのは少年と呼ばれている年代の子供達であって、我々のような大人ではないのです。

以前にも書きましたが、「読者は循環していいんです。 僕は、”少年マンガ”の読者は大人になって出ていくものだと思っているから、常に今入って来た少年たちが喜べるかどうかを考えている。 その照準がブレなければ、”少年マンガ”は大丈夫だと思いますけどね。 これは、長くやってきて、いろんな次期を経験し壁にもぶつかって、反省も踏まえて出てきた答えなんですよ」・・・これは尾田先生自身が雑誌のインタビューで答えていたことです。

従来の読者が納得が出来ないからといって、話の方向性を以前のように戻すという方法をとるならば、「ナメック星で悟空とフリーザの戦いが盛り上がっている最中であるにもかかわらず、次週からいきなり西遊記のパロディに戻す」みたいなことが容易に成立してしまうからです。
大げさかもしれませんが、「読者に合わせていく」という事は、今後、こういった事も起こり得てしまう処置だと考えています。

エースと白ひげの死は、なかなか受け入れられなかったのですが、ストーリーとしては大人の私も十分楽しめているので、特に文句は
ないんですけどね。
隆明 2011/12/01(Thu)00:37:49 編集
無題
ワンピースもナルトも、あるいはBLEACHも、かなり長いんですよね。わたしが子供の頃、ストーリー漫画でこんなに長く続いている作品はありませんでした。今の基準で見ると、キン肉マンも北斗の拳も、意外なぐらい巻数が少ないんですよ(当時はそれでも大長編でしたが・・・)。

HUNTER×HUNTERに至っては連載期間が長いうえ頻繁に休みまくったので、殆ど新連載作品として読まれているような状況ですし(苦笑)

「こち亀」とかは基本一話完結なので何十年やっても(面白くさえあれば)無問題ですが、ストーリーものは・・・・やはりキツイでしょうね。ドラゴンボールも、50巻60巻も続いていたら、かなり悲惨なことになっていたような気がします。

といって人気作品なので終わらせることもできず、その辺は本当に悩ましいですね。
クリントン大西 2011/12/01(Thu)05:04:56 編集
アンケートの裏事情
昔に比べて、作品の連載期間が長期化しているのは間違いないと思います。

当時は、ストーリーマンガはどんだけ頑張っても、キン肉マンの36巻が限度だと言われていましたから。
北斗の拳にいたっては、原作者の武論先生の
「僕の中では、ケンシロウがラオウを倒した時点で終わっているんです」との発言から、
事実上の単行本の巻数は15巻ぐらいと考えた方が良さそうです。

ところが、今や看板作品ではない銀魂ですら
40巻を超えており、中堅のリボーンも30巻を超えていますからね。

なぜこのような状態になってしまったのか?

それは、バクマンがアンケートの裏事情をバラしてしまった事が大きいような気がします。
(大人の事情が絡んでいるワンピースは別)

昔は作品単位での読者アンケートだったのが、今では贔屓目作品を打ち切らせないための活動に変わってきているのです。

多くの読者がアンケートの仕組みを知ってしまったがために、贔屓目作品の掲載順位が下がればファンは当然の如くアンケートによる援護射撃を行いますよね。

固定ファンのついていない新連載作品には票が入らずに、どんどん打ち切られていくという悪循環・・・

でも別にファンが悪いと言ってるわけじゃないんです。
読者アンケートの仕組みが知れ渡ってしまえば、こうなるのは当たり前ですから。

責任があるとすれば、バクマンを通じて世間に広めてしまった編集部でしょう。

あと、今のワンピースの内容に不満を持っている読者がいる一方で、今のこち亀にも不満を持っている読者もいると思うのです。

私の場合は、婦警連中のあまりにも傲慢で、傍若無人な態度にあるのですが・・・

秋本先生の意図としては、「女性が活躍する
時代」というのを強調したいのでしょうけど、個人的には受け入れられるものではありませんでした。

両さんにしても、昔は下町のヒーローだったはずです。

でも・・・それが今の読者が求めているものであるのなら致し方ないですし、婦警連中に
馬鹿にされている両さんの姿も見たくないので、単行本の80巻くらいを境に読むのをやめました。

嫌いになったから読むのをやめたのではありません。 好きだからこそやめたのです。

隆明 2011/12/01(Thu)22:54:50 編集
ぬらりひょんの
リクオ現在アニメ化してますが、ちょいちょいでてくるグロシーンはどうなるんでしょうか?
ババリア 2011/12/02(Fri)12:46:02 編集
無題
●隆明さん
こち亀はここ数年調子悪いですよね。30周年を超えて、気が抜けてしまった向きもあるか知れません。また盛り返してくれることを願うばかりです。婦警達は、あれは悪役でしょうw

バクマン以前にも、漫画編集者の裏事情を描く的な作品が青年誌にありました。『編集王』という作品ですが、わたしが知る限りでは、この種の楽屋ネタ漫画の鏑矢といえるものでしょうね。アンケートや販売部数、再販制度、作家と編集の立場の違い、色々考えさせられます。


●ババリアさん
当然その辺りは、シルエットでほわほわさせる腹づもりかとw
クリントン大西 2011/12/02(Fri)17:18:45 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP