忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0623
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010

0315
8:15

今週のジャンプは何かと読み応え満載だった。久々に240円の価値があると思った特に『トリコ』が悪魔的に面白かった

うーん・・・・やっぱりマンガはいいねぇ。

漫画家さんは全員、もっと儲かったらいいのに


以下、ネタバレなので「つづきはこちら」からどうぞ。



【ワンピース】

────前回その「小物ぶり」をスパークさせてしまった黒ひげさんですが、今回で多少取り返した模様。これは確かに予測できんかった。「人の倍の人生を生きている」・・・・・そう、黒ひげにはこういう意味深な設定があったのだ。まさか「グラグラの実の能力」をパクるとは。「それ」が目的だったんだな。

それにしても、相変わらず強いのはイワさん。さすが史上最強のオカマ、朝日ソーラー赤犬にも猛然と攻撃。もうアンタが大将倒してくれたらいいよ


【ナルト】

今回はナルトが光った!

「オレもお前の憎しみを背負って一緒に死んでやる

そこまで言えたら本物だッ!

「いつまで続けるつもりなの? その甘っちょろい友情ゴッコ。色んな人に迷惑かかってるんだぜ?」─────とか思っててスマソ! 『ダイの大冒険』の「おれは・・・・お前を倒して、この地上を去る」ぐらいビビッと来ましたとも。

やっぱりナルト、お前が主人公だったってばよ!


【詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。】


う、うむ・・・・前回の「引き」を、実にキレイにまとめている。途中の「恐いシーン」も、充分演出できていたと思う。オチにも、特に不満はない(あの流れで、「あれ以上」は思いつかん)。非常にソツのない構成。まさに大型新人! 漫画界の次世代を牽引するのは古館春一(作者)だッ!(だっだっだっ・・・)

・・・・・・・・・・いや、正直に書こう。

わたしは、既にこの路線に飽きてきている!(泣)

連載開始時にも書いた通り、絵がすごく好きだし、この何とも言えないセンスも好き、ついでに主人公のキャラも好き。できれば、あれこれ贔屓し倒したい気分なのだ──────がっ! ・・・・・やはりマンガってのは奥が深い。「それだけ」じゃないんだなぁ・・・・・。

冷静な指摘をするなら、いまだ世界観が見えてこないのが弱味。

主人公は、何の為に「怪談」を行うのか?・・・・・「ただの趣味」では動機付けが弱すぎる。また、毎度怪談が「たまたま事件を解決」って流れも不自然だし、第一ネタがもたない。

結論としては───────明快な「大目的」の設定が必要だ。

今後の「大化け」に、わたしは期待しています。


【めだかボックス】

今週をもって、わたしの包帯ネーちゃんは死んだ。


【銀魂】

なんだこの超展開。どないなるんですか銀魂。


【HUNTER×HUNTER】


-No.300◆保険-

こっちはこっちで、ゴンがえらいことに。

いつぶりか数える気にもなれないぐらい久々に、コムギ復活。

komugi.jpg




















「激マユ毛+鼻水」を標準装備した次世代ヒロインも、このように描かれると可憐なもんです。そして、こっちも初期とは比較にならんぐらいカワユクなってしまったピトー(もはやただのネコ耳ムスメ)。

gon01.jpg













そしてこの主人公!

なにこのゴン、超恐いんですけど。少年漫画の主人公(12歳?)が、特にこれといった罪もない一般人対象に殺人予告て。

ピトー(・・・・フンだ。コムギ治しちまえば、もうこっちのモンなんだからねっ! カイトの元に向かう道中でスキを見つけて、ゴンの奴をヤッちゃる!)

とかまぁなんか色々企んでいるネコ耳ピトーでしたが、そこへゴンの仲間達が到着。状況を読んだナックルが、「そんなネコ耳信用できねー。ワシが念能力で縛っといちゃる!」────とか言うわけだ。

「ありがとうナックル。でも大丈夫。オレはピトーを信じるよ


あ、ゴンが正気に戻った?

いや、これはこれで甘々発言なわけだけども、うん・・・・・少年漫画の主人公はユルいぐらいでちょうど良い。そう、策謀関係はサブキャラにお任せサ!(ほら、ルフィとかナルトがさ、非常に現実的・合理的な策謀巡らせた日にゃ、なんか引くでしょ?)

「────だからナックルは、オレとピトーがカイトに会うまで、あのコを頼む


kyohaku.jpg













今度は、人質を取って脅迫!

わたしが間違っていた。ゴンさん現状維持

shinjite.jpg


















「オレ、プロのハンターになるんだ!」とか言って目をキラキラさせていた頃のゴンが懐かしい(今や追憶の彼方)。厳しい現実の荒波に飲まれすぎて、僕らのゴンがイヤな方向に大パワーアップしてしまいました。

キメラアント編の行方以上に、わたしはゴンの行方が心配でならぬ。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP