忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0725
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010

0219

ようやく「今週の」と、胸を張って言える状況まで巻き返した(笑)。



滝丸に比べ、比較的ダメージを受けずにバリーガモンを撃破したマッチ(ただし部下3人ミンチ・・・・)だったが、身の丈以上の大技を使った反動で、なんかヘロヘロ。

(なんとか・・・・・なんとか勝てた・・・・・! オレは勝った!)

【確信のない疑い深い言葉を、マッチは無理矢理絞り出した─────事実、マッチと滝丸は、はるか格上の相手と闘っていた。実力でははるかに劣る2人が「勝った」と確信するにはあまりにも早く・・・・・・虫のいい、はかない願望にすぎなかったのかもしれない・・・・】


shibuto.jpg










どっこい生きてたお2人さん。

さすがに美食會・支部長、イヤんなるぐらいしぶとい。

しかし・・・・お笑いボギーはさておき、マッチ大噴火でズンバリ斬られたバリーまで死んでないってのはどーにも腑に落ちねー。いや、『生存の説得性』とかそんなん以前に、「もういらんだろ、この脳筋は」みたいな気分があるんですな。キャラ的に用済みというかぁ~・・・ゴリニラ再登場は嬉しかったんだが。


「はよ、この2人にトドメ刺さんと・・・・」


そんなマッチに、いきなり無数の剣が突き刺さる(イメージ映像)。

uwaa.jpg













隣では、トリコとトミーロッドの怪獣大決戦まっさかり(イメージ映像)。

無数の殺人昆虫を、トリコの『フォーク連打』がなぎ払う。体にめり込んだ蟲たちも筋肉で無理やり弾き飛ばし、片っ端から釘パンチ。

「接近戦メイン」のトリコにとって、多数の昆虫を相手取るのは不利かも? という下馬評も何のその、なかなかの善戦っぷり。さすが主人公。

d8af437e.jpg

















トミーロッド、相変わらずキモい。

そんなこんなしている内に、「爆虫(ストレートなネーミング)」が背中にはり付き、そのままトリコ大爆発どんな虫だよ

マッチ(な・・・何だこの闘いは・・・・・次元が違いすぎて、全く入り込めねぇ!)


いやぁ────トミーロッドは、接近戦においては(ほかの副料理長ほど)強くないっぽい。不意打ちの手刀も、トリコの腹筋で止められたし。・・・・ので、先週のマッチ大噴火居合いさえ出せば、普通に勝てそうっぽいんだぜ?

bakuha.jpg

















700万円もする特別製防寒着『ライタースーツ』の上を脱ぎ捨て、爆発を逃れたトリコ。ハラ立つ顔芸に磨きがかかるトミー。ということは、あのダッセー水玉服も、実は防寒着?


─────それにしてもトリコ、筋肉ムキムキですな。1980年代ならいざ知らず、今どきこんなマッチョ系バトル主人公ってのも珍しい。

近年、どちらかというとスレンダー系が流行りだから。他作品にもマッチョキャラは出るけども、あくまで「脇役」。そこを敢えて「筋肉主人公」で押してくるあたり、反逆精神を感じて良い。この種のへそ曲がりは大好きだ


「ムチャだトリコ・・・・・この氷点下で・・・・“ライタースーツ”なしじゃ闘えねぇぞ・・・・オレのを使え・・・・」


アブラ男・バリーガモンとの対戦でも出た話題。


極寒の中では、肉体のパフォーマンスをフルに発揮し得ない



「一緒に闘いたいが、残念ながらオレでは・・・・手を貸すどころか足を引っぱりそうだ・・・・・情けないが・・・・・これぐらいのことしかできねぇ・・・・・」


上半身裸のトリコに、同じく上半身裸のマッチが接近するの図。──────狙ってやってんのかな、コレ? いやいや、そんな、まさか────。

(そうか・・・・・闘いが終わったんだな・・・・)


tori_ma.jpg












狙ってやってました!

『銀魂』もまた、「腐受け狙いが過ぎる」といった批判に晒されることが多いわけだが、『トリコ』なんてその流れからすりゃ、もはやA級戦犯ものかも知れぬ。なんだ、その優しげな瞳は! 唯一の女性キャラ・リンはほったらかしで、ヤローばっか相手にしやがって!(あと、動物とか)。

(まるで巨大な・・・・森に包み込まれているような・・・・)

マッチもまんざらじゃなさそうです。
なんだこの変態結界。


戦闘中に異次元ワールドを展開するトリコ達をよそに、トミーロッドはというと───

nani.jpg










「何コレ・・・・」

ボギー「調子こいて自分の能力ぺらぺら喋ってたら、なんか負けますた~」
バリー「以下同文」

make.jpg















そら怒るわ。

戦力的には相手を上回っていたのに、油断しすぎで負けたんだから。

「もうイラネ。せめて虫のエサになれよ」


もうあんた達はウチの子じゃありません! とばかり、大量の蟲をお笑い芸人と脳筋に向かわせるトミーだったが・・・・

haou.jpg









1





トリコの覇王色の覇気が炸裂!

無数の蟲たちを、気迫だけで押しとどめた。

「闘った仲間の労を、少しはねぎらってやれよ」




リーガルマンモスの肉を喰って、トリコは人格的にも成長したようです

トミー「オメーが言うな」
マッチ「オメーが言うな」

過去の黒歴史は無かったことに。

「トミーロッド! 稀に見るゲス野郎だな・・・・・どの虫よりお前が1番害虫だ! 確実に駆除してやろう・・・・!」




過去を振り返らない未来指向のトリコ、次回をお楽しみに!

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP