忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0323
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010

0718

すっかり遅くなってしまった。これだから早売りの週は厄介だ(苦笑)。
そんなこんなで、今回のトリコは!?



夜のグルメタウンに一際高くそびえ立つ『グルメタワー』(設計:スマイル)。良く見たらナイフとフォークの形になってて吹いた。

センチュリースープ編序盤、一度小松が「行きたぇ~」と言い、トリコ「いや、今回は用ねぇから行かねぇ」小松「ぎゃふん」・・・・となった例のグルメタワー。その上層階273F(地上1092m)“7ッ星焼き肉『へるスィ~』”に2人はやって来ていた。

最近ランクアップした小松のレストランでも“6ッ星”。一体どんな料理が────?

yaketazo.jpg









アットホームトリコ。なんだか知らん、このコマ妙にツボだった。

「お~いしぃ~。こんなおいしい焼き肉初めて食べましたよーっ!」


いや小松、ジュエルミートは? あれもほぼ“ただ焼いただけ”で出てきたような気がするんだぜ(いや、そもそも焼いてたっけ?)。────まぁ、確かに「焼き肉形式」ではなかったから、これはこれで合ってる・・・・のか?

「まさか『グルメタワー』の“上層階”の店を紹介していただけるなんて夢のようです!」
「はは、確かに。『グルメタワー』は200階以上の店は、ほとんど一見さんを断るからな。さらにその上は空から飛行船でしか入れねー会員オンリーの店がひしめく。いつか紹介してやるよ」


高級料理店=一見さんお断り、は基本ですな。同じ会員オンリーでも飛行船が必要なあたり、どこかの美食倶楽部よりランクが上。

chotokowa.jpg












なんの罰ゲームこれ(地上1092m)。

グルメ建築家スマイルの、なかなか常軌を逸した個室デザイン。変なパイプみたいなのだけで支えてるとか、幾らなんでも恐すぎだろう。個人的には絶対入りたくない個室だ。特に体重200kg以上のトリコと一緒には。

焼き肉だけでも既に特上の旨さだが、この店の「売り」・・・・それは野菜!(焼き肉屋なのに?)。むしろ野菜の味を肉が引き立てる。

「焼き肉『へるスィ~』の主役は肉じゃねぇ。このヘルシーな野菜たちなのさ」
ベーコンの葉! おいしそう!」


懐かしの「ベーコンの葉」再登場。野菜メインで、2人はカリカリコリコリいわせながら平らげていく。やっぱベーコンの葉は基本「植物」だったらしいです。

「ふぃー、おなかいっぱいです。まさか焼き肉屋で、お肉ではなく“野菜”で満腹になるなんて・・・・」


いや、もうそれ焼き野菜屋でいいんじゃないか?


一段落ついたところで、トリコが本題を切り出す。

「小松。お前、“野菜の王様”に興味はねーか?」


tennkuuyasai.jpg








「野菜天国・・・!? そ・・・空にあるんですか!?」
「会長によると、辿り着いたのはまだ数人らしいが、一度行った人はほとんど菜食主義者(ベジタリアン)になって帰ってくるらしいぞ。それ程新鮮でおいしい野菜が穫れるらしい・・・。その中で最も絶品の野菜が・・・・
野菜の王様“オゾン草”・・・!」


これは予想外。

『グルメ界』入りの試金石となる「オゾン草」探索に、小松を連れて行く腹積もりか!? トリコ本人でさえヤバイかも知れない今回の冒険、わたしはてっきりテリーあたりを連れて行くものかと思っていたが────。

「一口食べれば地上の野菜がすべて賞味期限切れに感じるほど、天からの恵みを直に受けた瑞々しさと新鮮な旨みが味わえる、まさに野菜の頂点!


─────って、これもしかして美食神アカシアのフルコースメニューに入ってる?(いやだって頂点だし・・・・)。あ、でも次郎のメニューには入ってないか(あっちは“グラナレタス”)。一体どっちがスゴイんだ? ・・・・まぁ、美食屋の好みも反映されるのかな。

hoihoitotr.jpg













小松、またそんなホイホイついて行って・・・(泣)。

─────数多くの屈強な美食屋が脱落した「アイスヘル」の試練も、なんやかんやで克服した小松だ。あんがい今回もひーひー言いつつクリアしそうな予感。しかし、トリコについて冒険し、グルメ食材を食べまくってきた小松・・・・もしやグルメ細胞が入りつつある!? 知らん間に、ゾンゲ様より強くなってたりしたら大爆笑ですな。

いや、小松はあくまで「守られポジション」がいいとは思うけどもね。

「明日、出発する」



IGOの捕獲専用機(基本はジェット機)にて現地へ向かうトリコと小松。

「ス、スゴイ・・・初めて乗りましたボク・・・。会長さん直々の依頼ってのはウソじゃなかったんですね」
「お前信じてなかったのかよ


これまでの経緯から、イマイチ信用のないトリコ(例:トリコクラッカー)

「だいたい今回、お前を誘ったのも会長だがな・・・」
「え?」
「・・・・いや・・・何でもねーよ・・・・」



今回小松を同行させたのは、会長・一龍のアドバイス。

「特に自分の食材のレベルに見合った・・・調理をこなす料理人を見つけたのなら・・・すぐに“コンビ”を組めぃ! そして常に一緒に旅をするんじゃ! ────────いくらスゴイ食材(フルコース)を調達する美食屋がおっても、それを“調理”できる者がいなければ、それは何の価値もなくなる・・・・」

kaichowahimi.jpg












何となく寂しげに笑う一龍。

かつて、次郎にとってのセツ婆のような存在(相棒)が、一龍にもいたのだろう。でも、彼の「パートナー」は既にいなくなっているっぽい。「常に一緒に~」=「美食屋が常に料理人を守れ」ということだろうか。失ってから後悔しても遅いんだぜ? と。先に出てきたG7のヒゲブーメランの助言「ガードマンつけろ」ともリンクし、小松の不吉フラグ倍増だ。

────とはいえ、これはどうなんだろうな?

そりゃ料理人がセツ婆ぐらい鬼強かったらアレだけども、小松はあくまで一般人。アイスヘルでもたいがいアヘアヘ言ってたのに、『グルメ界』なんて絶対耐えられん。やはり小松はグルメ細胞をまとう宿命なのか!?

「なぁ・・・・小松」
「はい・・・」
「お前さ・・・・」


oretokon.jpg















「オレと・・・・・・婚(こん)・・・・・・」

トリコのプロポーズ(?)が炸裂する寸前、機体が激しく振動。

todobird.jpg











ワケ分からん天空獣(「トドバード」・・・捕獲レベル18 ※岐阜県 高木璃生さんの作品!)襲来! しかしコイツは捕獲レベル的にも完全な出オチ。捕獲専用機の網にかかってアッサリご退場だ。

「・・・・何の為に出てきたの?」─────普通に考えて、これは“伏線”だろうな。きっとオゾン草付近の上空で、スーパー・トドバードが出てくるに違いない。

Sトドバー「穏やかな心を持ちつつも、怒りに目覚めた真のトドバード・・・・」

小松がさっきの台詞を聞き返すも、トリコ適当に誤魔化す。

「え~! 気になりますよ~! 教えて下さいよ~!」
「いやな・・・・今度から、旅の道中はなるべくオレがお前の身を護ってやろうと思ってな・・・」
「えーホントに? それが言いたかったんですか!?」
「何だよ・・・・じゃあ、何かあっても助けねーぞ」
「嫌です! 助けて下さい!」 

なにイチャついてんだオメーら。


そんなこんなで目的地到着。

karintoo.jpg
















トリコと豆の木。

遥か上空から垂れた超巨大+長大な『スカイプラント』の蔓。

もちろん手でよじ登ります。


「飛行機とかで行ったら駄目なの?」

ジェットエンジン型の有人飛行機では、30000m以上上空を飛行するのは困難(普通の旅客機は、燃費などの都合で12000mあたりを飛行)※外部から空気を取り入れ、燃焼することで推進するジェットエンジンの場合

スペースシャトルや大陸間弾道ミサイルなどが大気圏を突破してぶっ飛ぶのは、「航空」を前提としていないから+内部で空気(液体酸素)を補完する構造のエンジンだから。

ちなみに、超高度有人飛行をするならむしろ「気球」だ。これなら理論上、大気がある限界ギリギリまで飛ぶことができる。過去アメリカの宇宙開発で、実際に上空100000m(成層圏)まで気球で昇り、生還した人がいる(宇宙服の実験だったらしい)。


・・・・・これ、トリコの背中にしがみつくにしても、とんでもなく体力使うんじゃないか? という疑問もあるが、それより重大なのは劇的な気温・環境変化─────更に深刻なのは「オゾン」。オゾン草は、その名の通りオゾン層(地上1万メートル~5万メートル)あたりにあるのだろうが、当たり前ながら(高濃度の)オゾンって猛毒だからね

トリコはそりゃグルメ細胞でナントカなるかも知れんが、小松これ普通に死ぬぞ



一体どうするつもりなのか・・・・と気を揉みながら次回へ続く!

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
なんかトリコが焼き肉屋でトング片手に食事しているのがシュールですねw
ふだんは丸焼きをワイルドに素手で食しているのにww

機内でのカップルぶりには笑えましたね。

てか小松。普通に死ぬんじゃないのかな…。(もう一度死んでるけど)
♪のほほん♪ 2010/07/20(Tue)16:51:12 編集
丸焼き多いですよね
そう言えば、トリコってだいたい捕まえた獲物を丸焼きにして食べるのがデフォになっていますよね。普通に右手を「ナイフ」にして食べるという・・・。

今週の王道ラブコメは、方々で話題になっているようです。もう何と言うか狙いすぎにもほどがあるわけですが(笑)それでも読者的に食いつかざるを得ない、と。

記事を書いてから気づいたのですが、小松はきっと宇宙服的なモノを着込むんじゃないでしょうかね?
クリントン大西 2010/07/20(Tue)18:50:47 編集
パイプ

こんにちわ!

本当ですね
よく見たら個室の支えかが変なパイプだけ...(笑)

上空数万メートルに小松を連れていきましたね
テリーが最後に活躍したのはBBコーン編...遠い...

黒宮鈴 2010/07/21(Wed)10:07:34 編集
グルメ細胞的な・・・
こんにちは。あのパイプはもしかしたらグルメ細胞的な素材でできており、見た目より遥かに頑丈──と脳内補完してもやっぱり恐いです(苦笑)。

テリーは大きくなって萌え度半減というファンの声も(一部で)あり、また出番も激減しているので今後の活躍に期待したいです。
クリントン大西 2010/07/21(Wed)17:16:40 編集
無題
こんばんは!

やっぱり、トリコは本当にジャンプらしくていいですよねー。
テンポもいいし。

天空のラピ(ry野菜畑って凄い良いセンスしてますね、しまぶーは。

オゾンに関しては、自分が見た漫画じゃ吸わなけりゃOKだったので、たぶんグルメ食材で『酸素草』なるものが登場して酸素代わりにするんじゃないでしょうか?
MASA 2010/07/22(Thu)20:54:23 編集
シューティング
近年のジャンプ漫画(看板系)は、むしろ展開がスロー気味ですので、その意味では逆にジャンプらしくないのかも知れませんが(笑)テンポが良いのは有り難いですね。

酸素草の発想はありませんでした。しかし、言われてみればいかにも出そうですね、その系統のグルメ細胞生命体。次週、蔦を登りながら襲いかかる天空獣達をフライングフォーク、ナイフでシューティング!?
クリントン大西 2010/07/23(Fri)05:17:11 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP