忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0326
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010

0727

ぬぅ、ジャンプ感想より先になっちゃったか。

サニーケツ見せ以来のセンターカラー表紙。
『トリコ』感想──────今週はネタの宝庫だっ!



なんやかんやでカリン塔スカイプラントを登ることになったトリ小松。

「高度何万mだし、ここは普通にトリコが小松おんぶの展開だろう」────ところがどっこい、なんか普通に登らされている小松シェフ。・・・・え? 何これイジメ?

「ちょっと速いですよ登るの~」
「お前が遅すぎだろ。ちゃんと立って歩け」


不安定な足場+強風といった状況の中、無茶ぶりするトリコ。そらアンタは大丈夫かも知れんが────小松は普通の人類だから。登るのがシンドイ以前に、こんな恐いところ乗っかるだけでもかなりの勇気を要する。

【飛行機とかで上に行ったら駄目な理由】

・風が強い(乱気流)
・怪鳥がたくさん(撃墜される危険あり)

・・・その「怪鳥」がさっそく登場! あ、あなたは懐かしのルバンダさん───?

rubamodo.jpg










「心配するな。そいつは『ルバンダもどき』。一見凶暴そうな顔してるが、実はおとなしい鳥だ」

『リーガルマンモス編』にて、トリコを苦戦させたりスタージュン様に瞬殺されたりしたルバンダ・・・ではありませんでした※「もどき」の方は、足の指数が少ない。

強い猛獣、猛毒を持った動物などに擬態し、身を守る生き物は結構いる。ちなみに、ルバンダは捕獲レベル30・・・・まぁ、どうせならもっと強い生き物に化ければ良かったのにという気もしないではないが・・・(ホラ、伝説の魔獣・デビル大蛇とかネ!)。

それはそれとして、特に何事もなく順調に登っていく2人。
いいところで一旦小休止。

koeeee.jpg












また罰ゲームか

前回のアレに引き続き、どうしてわざわざそんな不安定で危険そうな場所に落ち着こうとするんだよ!? あと、体重200kg以上あるトリコを載せても大丈夫な葉っぱ、なにげにスゲェ。ど根性葉っぱですよ。

「地上の気温は30℃近くあった。ここは体感温度が約23℃・・・。標高としては、だいたい1000メートルか・・・。きのうグルメタワーで食べた焼き肉屋くらいの高さだ・・・」
「高さは一緒でも、恐怖感は段違いですよ・・・」


小松も、やっぱり葉っぱ休憩には言いたいことがあるようだ。

「しっかり食べて、エネルギーを補給しておけよ。高所ではさらに気温が下がり、体力を奪われるからな」
「は・・・はい・・・(予想はしてたけど・・・今回もまた過酷な旅になりそうだ・・・)」

スカイプラントはなだらかな場所もあれば、垂直な部分もある。当然その辺はフリークライミング。体力や腕力は勿論、テクニック、知識、経験を要する難しいものだ。────が、手を滑らせて落ちかけたりするも、わりと頑張って登ってる小松パネェ。実はフリークライミング経験者?

1日中登って登って登り詰め、襲ってきた怪鳥を丸焼きにしての夕食タイム。丸焼き大好きだなトリコ。

guru_ue.jpg












小松「最初から、こういうところで休憩しときゃ良かったのに・・・」

植物の上で火を使うとか、冷静に考えるととんでもない暴挙であるが───まぁその辺はトリコもプロの美食屋、色々考えているのだろうグルメ細胞的に


2日目。

3000メートル突入。小松、相変わらず自力登山。

標高5000メートル到達。気温マイナス2℃。まだまだ小松、自力登山(そろそろ酸素吸入器の出番です)。

「寒くねーか、小松?」


トリコ(オレが温めてやろうか?)


「は・・・はい・・・アイスヘルに比べたら・・・これくらい何ともないですよ。念のためライタースーツも持ってますし」


あそこはマイナス50℃だったもんなぁ。

登って登って登って────ついに標高6000メートル到達。

hoshi.jpg















小松「メルヘンチックだぁー!」

メルヘンに弱い男、小松25歳。

しかしお目々キラキラタイムも束の間、軽い頭痛が小松を襲う。さすがにこの高さ、そろそろ高山病の症状が出てきたようだ。


【会長・一龍のワンポイントアドバイス】

「“準備”の出来ていない者が『グルメ界』に入った場合・・・・まずその人間は確実に死ぬ・・・。その死因のほとんどは、実は・・・気候や気象の急激な変化による災害や病気なんじゃよ」



(地上との高度差による気温・気圧・酸素濃度の低下。さらに雨・風・吹雪と山の天気のように変わりやすいこの環境。会長(オヤジ)の言った通り、ここはいい修行場所だ。この程度の環境の変化・・・何なく順応しねーと・・・)


いやぁ・・・・・トリコはそれでいいんだろうが、小松は? グルメ細胞所持者でもおいそれとは立ち入れない魔境『グルメ界』に入る為の修行──────それに普通の人間をつき合わせるってのはアリなのか。遠回しな殺人計画にしか見えないのだが・・・。


しかし。

もし仮に・・・・・小松の中で既にグルメ細胞が根付いていたとするならば、この修行同行には大きな意味がある。アイスへルで見せた意外な耐久力、そして今回見せた意外な体力────高度6000メートルって、もうちょい頑張ればエベレスト登頂しましたレベルだからね────やっぱり、小松も最終的にバトル系シェフになるんだろうか・・・?

いやいや、小松が『ナイフ』とか『フォーク』使ってるシーンをふと想像し、わりとカッコイイかもなどと思ってしまったわけですけれども(あ、料理人だから「フライパンチ」になるのか?)

ouji_onbu.jpg

















さぁトリコ名物、“お姫様抱っこ”ならぬ“王子様おんぶ”です。

「おんぶするんだったら最初からしてやれよ(泣) やっぱイジメ?」

いやいやいや・・・・・途中での、トリコの入念な気遣いから察するに─────可能なところまで自力で登らせ、小松の適応力を引き出そうという意図があったんじゃないか? 普通の人間が一度二度登ったぐらいで急に体力がつく筈もないが、グルメ細胞入りとするなら話も違ってくる。

てことは、トリコは既に小松のグルメ細胞入りを承知している?(もう勝手に小松=グルメ細胞所持者認定)。

「前見てくださいトリコさぁああん!」
「!」


モンスターが あらわれた!

gair_ori.jpg











エアゴリラ(捕獲レベル40)・・・・確か最強のゴリラ・トロルコングの捕獲レベルは9だった気もするんだが─────ま、まぁいいんですよ? 最近現れた『新種』ってことも考えられるし・・・。

「今週のメインイベントは、わたくしエアゴリラとトリコの熱いバトルでございま──」

jaaku_mame.jpg








さよならエアゴリラ

出オチにもほどがある空気猿だぜっ(おしり虫でも、登場>退場まで数ページあったのに・・・・)。ま、トール隊長の『0コマ死に』や、死んだことすら明記して貰えなかったギドの域には到底届きませんがっ。

エアゴリラを出オチ猿にしてしまった植物の名は『邪悪な豆の木』(捕獲レベル46)────どうやらスカイプラントに寄生する植物(?)のようだ(『植物獣類』って、一体どっち側?)。どことなく、どこかの大陸の支配者を彷彿とさせるビジュアル。

今さらこの程度の猛獣、トリコの敵ではない。

「正当防衛だ、悪く思うなよ」
を合い言葉に、軽ぅ~く撃破─────と思いきや、ぼちぼち苦戦。それなりに数が多い+背中の小松に配慮+ちょっとトリコ油断、って感じか?

『邪悪な豆の木』の蔓に足を取られ、そのまま空中に放り出されるトリコ達。小松の絶叫と共に急速落下・・・・いくらトリコでも、さすがにこれは死にそう。

「ちっ。めんどくせぇ」


musasabi_s.jpg















飲んでいたコーヒーが鼻に入りました。

「特製ムササビスーツだ」


思い切り忍者ハットリくんンンーッ!(あるいは、どこかのジャングルの王者)。「シュバ! シュバ!」っていう効果音といい、「ブァアアア」とあのポーズのまま滑空する姿といい────今週のMVPはムササビスーツに決まりですよ。

だが、そこへ更に新手がッ!

kon_v.jpg






コン・バトラーVみたいな鳥キタ!

鳥「超電磁スピン!」



『ドリルバード』(捕獲レベル13)

レベル的にはさっきの空気猿やヘルボロスもどきより遥かに低いが、グルメ忍法ムササビの術やってる最中に超電磁スピンが来てはたまりません。満を侍して登場したムササビスーツ、穴だらけにされて即退場。やはり出オチでしたか。

迷惑な超電磁バードをフライングナイフで一掃するも、落下中という事実は変わらない。

「くっ・・・届け! 届け!」


suisui.jpg











今週はホント、ネタ度高いな。

マンガの古典・定番「空中平泳ぎ」を披露し、何とか葉っぱに掴まるトリコ。

「あいつらァ~っ! よし、落ちた分一気に取り戻すぞ小松!」
「ハイ!」


気を取り直してもう一度───────?

「寒っ!」
「こ・・・これは・・・この冷たい空気は・・・まさか・・・」


sekiran_un.jpg




















なんか顔のようにも見えるが、これはグルメ細胞生命体に非ず。

れっきとした自然現象・・・・

「いい修行になるだと? 人が悪いじゃ済まねーぜ会長・・・! あれは空の立入禁止区域 積乱雲だ!



積乱雲。別名「雷雲」「入道雲」。

wikiより抜粋
【───激しい雨や雹・霰、冷たい突風がもたらされ、雲の内外でが発生するのが特徴───】

なにこれ小松死ぬの?



スカイプラント登ってる最中なので、当然逃げ場所もナシ!
グルメ生物ではないので、『釘パンチ』も『ナイフ、フォーク』も一切無駄!
ついでにムササビスーツもナシ!


序盤のっけから、進退窮まった次回へ続く!

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ルバンダもどきって
おとなしいとかいいますが捕獲レベル2ですよね?レベル1ですらプロのハンター10人がかりとかいっていたのに、2って大丈夫なんかww
エアゴリラの出落ちっぷりはひどすぎるw捕獲レベルは思うに高所に生息するゴリラだからってのもカウントに入っているのですかねーっと勝手に予想w
積乱雲のなか突っ込むとか自殺しに行っているような気がww
♪のほほん♪ 2010/07/28(Wed)17:52:13 編集
もどきの捕獲レベルは・・・
ルバンダもどきの捕獲レベル2というのは、戦闘力というよりも「ルバンダに擬態している」という特徴ゆえ──みたいなものが大きいように思えます。実際には小松のパンチで倒せるぐらい弱いのかも・・・・(笑)

エアゴリラだけに空気的扱い、ということですね。積乱雲───あれは結構分厚いですから、一気に突き抜けるというのも難しそうです。またグルメ忍法が出るかも知れません。
クリントン大西 2010/07/28(Wed)19:01:15 編集
強い

こんにちわ!(時間的にはこんばんわ)
そうですね!!擬態するならあの強いデビル大蛇とかにすればなおいいかもしれませんネ!!(笑)

フリークライミングならサニーが一番向いてますね(リーガルウォール参照)

セツ婆ももともと普通の人間だったと考えれば小松グルメ細胞説は信憑性十分ですよ!
黒宮鈴 2010/07/28(Wed)22:40:16 編集
デビル大蛇については
コミックスで微妙に捕獲レベルが上げられていたり、「実はグルメ界にもデビル大蛇がいて、そいつらはマジで強いんだヨ!」みたいなフォローが入っていたデビル大蛇ですが、なまじ「伝説の魔獣」とかいう二つ名があるせいで、ものすごいネタ怪獣になってしまった観があります(笑)

サニーは・・・・「途中で疲れる」「飽きてしまう」「蔦をえんえん登るだけというのは美しくない」みたいな理由で不適格かも知れません。

小松───案外その辺完全スルーだったらビックリしますが、さて・・・
クリントン大西 2010/07/29(Thu)06:12:18 編集
無題
もしかしてデビル大蛇だと思ってたあれは
デビル大蛇もどきだったのかもしれない

もどきでさえ21のデビル大蛇。本物はどれだけ強いのか。
今のインフレ具合から言うと、30÷2の15を21にかけて捕獲レベル315!!とか出てもいいんじゃないかな。伝説の魔獣なんだから


まぁ、単純に弱い固体とか言われそうだけど

名無し 2010/07/29(Thu)12:12:32 編集
無題
こんにちは!

酸素草が全くカスってなくて残念でした;;
何でこんな時に普通の道具が出てくんだろ・・・。
サバイバル技術を伝えるためなのか。

懲りずにまた予想しますが、『ゴリラ』、『小松をおんぶ』、『悪天候』、これらを見ると前にもこんな状況がありましたよね?
あの時はトロルコングには主義で武器を使えませんでしたが、今回も天候が相手なので武器は使えない。
どちらも残されたトリコの術は『威嚇』ぐらいしかありませんよね?

おそらく「トリコは自身の特性である『威嚇』を強化させて積乱雲をどうにかする」
MASA 2010/07/29(Thu)17:41:31 編集
グルメ細胞ならきっと・・・!
>名無しさん

確かに、あの今振り返ってみると微妙な戦闘力は、「もどき」有資格者の気配が濃く漂っていますね。グルメ界のデビル大蛇は、少なくとも100以上はあるものと信じたい気持ちでいっぱいです(泣)

>MASAさん

酸素、普通にボンベで摂取してましたね。治療の時はあんなにとんでもグルメ生物オンパレードでしたのに・・・。

おお・・・・『威嚇』というのは、なかなか鋭い着眼かも知れませんよ? 実際にはいつぞやのエッセンシャルの如く、また体内で何かを精製する系のものと思われますが───積乱雲をどうにかする『威嚇=何らかの科学現象』となると・・・・電磁波ですかね? シバリングでストーブ並に熱くなれるトリコのこと、電気ウナギ的にグルメ細胞が発電>積乱雲をどうにかする、とか。

いや、グルメ細胞ならきっとやってくれますよ!
クリントン大西 2010/07/29(Thu)19:22:27 編集
無題
ヘルボロスもどきじゃなくてルバンダもどきですよー
corbenik 2013/09/09(Mon)21:24:48 編集
無題
あ、邪悪な豆の木を指しての表現です。分かりづらかったですね・・・(汗
クリントン大西 2013/09/15(Sun)18:30:37 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP