忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0724
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010

1019

今週は表紙登場での映画化告知!

hyotori.jpg




















・・・・・ま、「3D」ってあたりで、個人的にはイヤな予感も過ぎるわけですけども────。内容は、『読み切り版トリコ』をベースにした「第一話以前」の話とか。そりゃ小松いねーわなって感じですよ。



【本編】

uzee.jpg












のっけから小松uzeeeee!

「うるせーぞ小松。お前ワクワクしすぎだ! 恋する乙女か
「だって! だってだって!」


小松もアレだが、トリコのツッコミが微妙におかしい。“恋する乙女か”

世界最高の研ぎ師に会えるということで、小松冒頭からテンション上がりまくり。その火照った脳みそを冷やそうという意図か、トリコがホントがウソが分かり難い噂話を披露する。

8023782c.jpg















いかにも“ウワサ話”っぽい誇張ぶりだけども─────この世界ではこの程度の人物フツーに出てくるからなぁ。小松の「えー・・・」という顔も、「そんなメチャクチャな人間ホントにいるんですかー?」ではなく、「またそっち系ですかー?」だし。

「『メルク包丁』は有名で世界中に流通しているが、本人自体は全く人前に出ねぇからな・・・。実はメルクに関してはいろんなウワサが先行して一人歩きしているのが現状だ・・・。ほとんどの人は見たこともねぇらしい」
「しょ・・・正体不明のカリスマ研ぎ師、ってところですね・・・」
「仕事を受けるのも、ほとんど手紙やメールって話だ・・・。人嫌いってウワサもある・・・。じゃなきゃ、こんな人里離れた山奥なんかに住まねーだろうしな」


そんな伝説の研ぎ師に会いに行こう!

kaida.jpg















これぞメルクマウンテン。

なんと、この山の名の由来は「階段を作ったのがメルク本人だから」。標高4000mで2万段ってことは、1段あたり20cm・・・・・っていやいやいやいやそれはナイだろビジュアル的に。どう見ても1段あたり小松ぐらい高さあるもの。

高さ2万m以上の“ベジタブルスカイ”を攻略した今となっては4000mぐらい楽勝・・・・つったって余裕で富士山より高いわけですが。おまけに、1段1段が妙にデカくて登り辛い。

「ハハ、ひょっとしたら、これがメルクにピッタリのサイズなのかもよ。メルクってすげぇ大男なんじゃね?」

「え──、こ・・・こんなサイズの人間・・・ノッキングマスター次郎さん以外見たことありませんよ! てか、あんなに繊細で美しい包丁作る人が、こんな巨人なワケないと信じたい」

階段登るのマジしんどいので、いっそ飛行機で行こうと提案しかけた小松だったが・・・

ituxmo3.jpg











(ああ・・・なるほど・・・上空はいつものパターンで・・・・・・飛行機ではムリってことですね・・・・)

なかば諦め口調なのが笑ってしまう。


途中、ビバーク時の会話もなにげにツボッた。

「メルクさん・・・ボクの包丁作ってくれますかねぇ・・・」
「それより『メルクの星屑だ』・・・。メルクがその食材の情報を知ってるのかどうか・・・そっちが重要だ。小松の包丁は最悪デパートで買えばいいしな」

本編の意義を根底から覆す発言!


・・・・ま、まぁ、確かにメルクの包丁ってフツーにデパートで売ってたしな。ちょっと高いってだけで。


────────さて。『グルメ界』の過酷にも程がある冒険を経てしまったせいか、今回の『メルクマウンテン』は非常に、こう・・・・まったりした冒険だ。猛獣が出ても、「あ、出ましたね」ぐらいの気分にしかならない。新手の猛獣が出てきても、

【ファーニップ】
[哺乳獣類] 捕獲レベル15


「“ファーニップ”か・・・。こいつは鉱山に棲むサルの仲間だ。つまり、この山が砥石の採掘場でもある証拠だな。メルクの工場は近いぜ小松!」


oraanigero.jpg







なんだかホッコリ。平和だなぁ。


そんな猛獣達の追撃も、頂上付近にさしかかったあたりでピタリと止まる。

(頂上には近づかないってわけか・・・。決して捕獲レベルは低くない奴らだが・・・。メルク・・・一体どんな男だ・・・)


登り詰めた小松達が見たのは、こぢんまりとした石造りの窯場。

「こ・・・ここが・・・研ぎ師メルクの工場・・・!」
「へぇ・・・。看板も何も出してねーんだな」

刹那、のんびりモードのトリコに渇を入れる殺気!

mac_cha.jpg












切れ・・・てナーイ。

トリコ「あやうくマッチとキャラかぶりするところだったぜ」

本当に危なかったですよね。


(なんだ・・・!? この鋭でぇ切れ味の闘気は・・・!)


それはそれとして出現する、一つ目の新手猛獣。

scale.jpg











どうも『トリコ』に出演するゴリラ類には受難の相が見て取れる。このトリコのあまりにも冷めた対応ぶりときたら。一応伝説の魔獣デビル大蛇と大差ないレベルのゴリラであるがー・・・?

『ウロコ斬り』

シュパーン

burororo.jpg















一瞬にして全身のウロコを剥がされたスケイルコング。それはいいんだが、なんで胸を隠すんだムネを! 恋する乙女か

「完成度はまだ30パーセントってところだな・・・」


ゴリラ族の受難に新たな1ページを加えた謎の人物が、ナイフ(?)を構えたまま呟いた。

「い・・・今の・・・お前がやったのか?」
「ああ、そうだよ」
「なるほどな・・・。あのナイフのように鋭い闘気は、お前のものだったか・・・。最初からあのゴリラを警戒してたってわけだ・・・」


警戒するほどの相手かどうか
は、また別の話である。

「今の、巨体のウロコを一気に取り去る技術・・・なかなかの包丁さばきだ・・・何者だお前? メルクの弟子か?」

melku.jpg















本人でした。

こういうシチュエーションになると、つい使いたくなるのが例のセリフ。

「これがオレの本体のハンサム顔だ!」


・・・・・で、なんだったんだあのウワサは?

また、コレ・・・・ココともまた違う、今までのキャラにはない方向性の優男ですぞ。さぞやpixivで増殖しそうな面構えだのう────といったところで次回へ続く!

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
デビル大蛇はもぅ完全に伝説の後に(笑)がついちゃいますね(笑)
グルメ界にもいるらしいのでそっちに期待ですね。
個人的にあのイカと鳥をミックスした怪鳥がかっこよかったですw
メルクさんはココさんのポジションを危めそうなビジュアルですね。
♪のほほん♪ 2010/10/19(Tue)15:19:31 編集
メルク
デビルと大蛇の間に“(笑)”が入れられるのも時間の問題とウワサのデビル(笑)大蛇です。グルメ界版で、是非とも汚名を払拭して戴きたいものですよ。

イカと鳥・・・・なるほど、言われてみれば何とも味わい深いフォルム。メルクはきっと性格面でココ(そして滝丸)との差別化が計られるものと想像されます。
クリントン大西 2010/10/19(Tue)16:16:28 編集
無題
クリントン大西さんこんばんは!

やっぱりトリコは今回の表紙を見て、ジャンプっぽいな~と思っています。

15程度で「決して低くはない」レベルって・・・。
アイスヘルで捕獲レベルが30、40が大乱立したんで、かなり違和感が。
トリコ自身強くなりすぎて、強さの基準が曖昧になってきてるとしか思えない。

メルクは結構意外でしたね。
デパートで見たときはひ弱な老人が作ってんのかなと、考えていましたが。

まさかとは思うんですが、グルメ界対応のために小松修行展開だったりして(笑)
料理人故に強くなるには包丁が鍵になりそうなんですが、果たして。
MASA 2010/10/19(Tue)18:57:33 編集
ジャンプっぽいですね
おはようございます。なんだかこう、キン肉マンとかが載っていた頃のジャンプの匂いがしますね。でも古いという訳でも決してなし、という・・・・。

捕獲レベルについては、最近インフレ防止策が地味に発動しているような気配がします。中国の金利操作みたいな感じでしょうか。メルク、確かに若いのが意外でした。老人ではないにせよ、また与作系かな? と個人的には思っておりましたので。

小松が強くなる路線はかなりイメージしにく一方、強くならないとグルメ界で確実に死んじゃう気もします。この辺、予想が難しいですね。
クリントン大西 2010/10/20(Wed)06:00:58 編集
無題
今見ると「俺はメルクだ!」の上のコマの顔も若干女性っぽくみえる
うぃ 2011/03/11(Fri)20:35:35 編集
ハンサム顔
この時点では、いかに女性であることを隠しつつ、後から見て「なるほど」と納得できるような絶妙な描きわけが求められていたっぽく、その辺実にうまいことクリアしているなと思いましたw
クリントン大西 2011/03/11(Fri)20:39:26 編集
無題
ゴリラ…
名梨 2013/03/24(Sun)08:18:14 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP