忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

1019
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010

1117

グルメ118 メルクの
(とぎ)

・・・とタイトル改変したくてしょうがなかった今週のトリコは!?



単身ヘビーホールへ向かったトリコを心配するメルク・セカンドだったが、小松は「グルメ界通過済みなんで無問題!」と余裕の構え。猛獣の捕獲レベル:アベレージ50ってもう凄いのか凄くないのか感覚が麻痺してきたんだぜ?

そこへ現れるのが、新手の猛獣。

pokochi.jpg

















またゴリラか。

なんか『オゾン草編』からこちら、やたらゴリラ率高いよね。しかも出てくるゴリラというゴリラ、全員「最強のゴリラ」トロルコングよりレベル高いし。何これイジメ?

「驚かせたね小松シェフ。こいつはペットのヴァンパイアコング。名前はポコポチコ。もともとは師匠が可愛がってたペットだ。包丁の配達をしてくれる、利口で人なつっこいゴリラさ


いや、さっき小松襲おうとしてなかったか?


ポコポチコの持ってきた包丁を、さっそく研ぎにかかるメルク。

komatogi.jpg







小松・・・・・毎度のことながら浮気っぽい。



【何故今回はトリコ単独行なのか?】


kentaikoma.jpg









答:小松がやる気ナッシングだったので

どうやら、メルクの仕事が気になってトリコと冒険なんて冗談じゃねぇや状態である模様。小松この野郎。

そこでトリコは、代わりに小松の(まだ折れてない方の)包丁を預けろと提案。

「フフ、コンビじゃねーか。どこへ行くにも心はいつもいっしょってことだ!」


小松×メルクの進行をくい止める為に牽制球を放ってきた!

「今回オレの相棒はこの包丁ってことで・・・・」
とか、やたら健気な今週のトリコ。グルメ界での次郎のアドバイスを容れ、『ヘビーホール』に対しても慎重に注意深く挑むぞ。

「実力の無い、弱い立場の者が注意深く進むのは当然だ。常に小松が側にいるつもりで進むか・・・!」


一方メルクマウンテン頂上。
ポコチポチコが運んできた包丁の数たるや、実に100本近く。それも、聞き覚えのあるカリスマコックの持ち物ばかり。

・“グルメタワー”最上階層312Fに店を構える七ツ星の料亭「ガッツ」オーナーシェフ・ルルブー。
・グルメの下町“グルメ横町”八ツ星のホルモン焼き「土竜」の店長ゆうじ。

ちょっと待ってくれ。
“グルメタワー”には最高「十星」のレストランが入ってるって、昔グルメタウンに来た時に小松が言ってなかったか? 「最上階」で、まだ星七ツというのはおかしいのでは?

・・・・いや、「最上階」ではなく「最上階“層”」だな。グルメタワーは320階まであるから、312階=「限りなく最上階気味なゾーン」というわけか。


「ちょっ・・・超有名な方々の包丁ばっかりだ・・・。さすが、メルクさんの研ぎは信頼がハンパないですね・・・」
「・・・・ほとんどは先代の頃からの常連だよ。師匠は常に、包丁とのみ向き合う人だったから・・・。正直依頼人が誰なのかは全く知らないし、特に興味もなかったと思うよ・・・。でもオレは正直興味ある・・・。これだけ立派な包丁をいったいどんな料理人が使っているのか・・・。小松シェフの折れた包丁を見た時も思ったよ・・・」

uwakoma.jpg













鬼の居ぬ間にモーションをかけるメルク。

先週までの「いや、別にトリコマとか全然興味ないから」みたいな反応は全て作戦!? この展開の為に敷かれた、周到な伏線だったのか。メルク・・・・恐ろしい子・・・・!

料理人の小松が見てもまったく分からないぐらいの小さな傷を、メルクの“眼”が目視(?)する。

「この包丁は、名店『魚奇』の板前が使う刺身包丁。デリケートな特殊調理食材を多く扱う店だ。1000分の1ミリ単位のキズが、調理に大きく影響する」

mel_sh.jpg
















メルク「いつもより余計に輝いております」

シュリィイイイ

たった一研ぎの音で、小松が怖気立つ。

(お・・・音が、後から・・・)

mease.jpg













メルク渾身のセクシーアピール。乱れ髪がまた、いい感じに垂れ下がるぞ。

これは────「ふぅ、汗かいちゃった。お風呂入ろうかな」>小松、着替え姿を目撃>「え、メルクさん。まさか・・・」>女性確定────の流れ!?

(ボ・・・ボクも・・・難しい料理に集中してる時は気がついたら汗だくになってたりするけど・・・。これ程、滝のような汗が吹き出すぐらい、今の“一擦り”は・・・メルクさんの全神経を研ぎ澄ませ集中させた“一擦り(もの)”だったんだ・・・)

チョロ過ぎる小松。もうメロメロです。

「研ぐスピードは包丁の質や用途・・・そして砥石の種類、あとは使う人のクセによっても変わるんだよ」
「えー、ゆっくりのも是非見てみたいです
「もちろん!」


トリコの“牽制”も虚しく、ガンガン発展していっているような気がするんですぞ。ガンガン。

uhihya.jpg














特に、このコマだけ見たらもう何やってんだよコイツラ状態。
「うひっ、ひょっ、ひゃ~」


『トリコ』は一体どこへ向かっているのかッ!?



ところ変わって「ヘビーホール」では、小松の包丁を胸に抱き、健気に冒険を続ける主人公の姿がありました。まさか、たった一週間で小松がメルクセカンドにフォイフォイついて行っちゃうなど、誰が予想できたでしょうか?

(思った以上に下りる移動は骨だ。実際、同じ距離を登るより大変かもしれねぇ・・・)

1万メートルほど下り、少し重力が増してきた頃、いよいよ敵の気配が強くなってきた。

toriganba.jpg













小松×メルクの発展が気になる次回へ続く!


PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
何だか最近トリコはゴリラまみれな気がします。行く先々でゴリラが大活躍←え?してるような。

トロルコング・・・きっとグルメ界で真のトロルコングが出てくるんでしょう・・。
ニキ 2010/11/17(Wed)19:09:44 編集
ふぅ~


クリントン大西さんこんばんわ!!


「ふぅ、汗かいちゃった。お風呂入ろうかな。」がなぜかはわかりませんがじわじわツボに入りました(笑)


ホールでメルク(初代)を見つけたはいいがなんか初代メルクは地下の方がいい!みたいに駄々をこねるけど小松の包丁を見て、2代目メルクの言うように「小松シェフってどんな人なんだろう...」的な感じになって帰ってくる、って展開は...(ちゃんと伝わったかな...)

黒宮鈴 2010/11/17(Wed)21:31:39 編集
トリコも頑張ってます!(笑)
>ニキさん
改めて調べてみるに、エアゴリラがどうも1つのエポックだったようですね。空気のくせにやってくれますよ。やはり真トロルコングがいるんでしょうかね。

>黒宮鈴さん
こんばんは大西です。
しかしよく考えたら風呂のような施設は見あたりませんね・・・見えないところにしっかりあったりするのでしょうか。

ファーストメルク、人付き合いニガテが高じて帰ってこないパターンは十分考えられますね。小松の包丁───では、インパクトが弱い危険が。うーん・・・・・一龍がグルメ界に行ったと聞かされ、考えを変える感じですかね?
クリントン大西 2010/11/18(Thu)00:32:59 編集
防御技は無いのかな、
たとえばスプーンシールドとか
2010/11/20(Sat)17:02:23 編集
防御
トリコはあまり防御とかするキャラじゃないですからね。いや、でも小松とグルメ界へ行く以上、そうした技も必要性が増すかも知れません。
クリントン大西 2010/11/20(Sat)17:30:40 編集
無題
フォークを地面に突き刺して防御する
フォークシールドとかもありえますね
2010/11/21(Sun)13:21:34 編集
避難所
シールドはまだありませんが、実際にナイフとフォークを使って地面を掘り、避難所を作った事はありましたね。よく考えたらあれは防御技です。
クリントン大西 2010/11/21(Sun)17:12:35 編集
無題
そのうちフォークが実体化するかもね
2010/11/22(Mon)10:49:01 編集
フォーク
もう半分ぐらい実体扱いですが(笑)
クリントン大西 2010/11/22(Mon)17:26:09 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP