忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0326
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010

1207
昨日はずっと「うみねこ」やってたんで、今週はジャンプ感想より先にトリコレビューでございやす。



例の牛っぽい魔獣の名は────

【蠍魔牛】
(哺乳獣類)捕獲レベル:53

あれ、弱くね?


てっきりレベル80超えは確実か? と思っていただけに、かなり拍子抜け。だって、アイスヘルのツンデレツンドラドラゴンでも55レベルですよ? 真ボスのヘルボロスにいたっては捕獲レベル72。レベル40台のバルバモスを余裕で食べてたので、もっと得たいの知れない強さ・・・・・・・・だと思っていた時期がわたしにもありました。

「・・・強いな・・・さしずめこの地下洞窟(ヘビーホール)の主ってところか・・・」


案外大したことないのかも、ヘビーホール。それが証拠に、トリコが威嚇した途端ガタガタと震え出す牛。まぁ捕獲レベル53だものね。

(体感重力が地上の5倍近いこの環境・・・すでにオレの体は想像以上に鍛えられているのか・・・・これほどの猛獣が・・・威嚇でビビるレベルまで・・・・・いや違う────! こいつがビビってるのは、オレじゃねぇ!)

melkfa.jpg














あれ、メルク出てきた。あっさり普通に出てきた。
イメージビジュアルそのまんま。左目は失明しているのかな?

「実は、あの牛がメルクの変わり果てた姿」説、「大ケガして動けない」説など、まぁなんか色々出ていた訳ですけども・・・・・蓋を開けてみればメルク普通に登場。

「オレがメルクを助け出してやる!(キリッ」

とか言ってたトリコですが、これ明らかにトリコより強いぞ。

koechia.jpg








おっちゃん、何言うてるの?

bishi.jpg











初登場時の迫力は残らず消し飛び、すっかり面白い牛に。つか、良く考えたら先週のペット予想当たっちゃったよ(笑)

「あんたが・・・まさか・・・研ぎ師メルクか?」


人見知りのワリには結構フランクに返事してくれるのだが、いかんせん声が小さすぎてまったく分からない。

(何なんだ!? 超音波でも発してんのか? くそ、ゼブラの奴がいればな・・・・


おっと。

これは大方の予想通り、ゼブラのグルメ細胞特性=超聴覚で確定っぽい。

ひとしきり説明を終えた初代メルクは、満足そうに微笑むと手を振って立ち去ろうとする。

「いや、ちょーっ! ちょっと待て! 何でバイバイになるんだ!? あんたが初代メルクだろ!? 間違いねぇ、あんただ! オレはあんたに用があって来たんだ!」


外見は凶悪だが、わりと話せるヒト・・・・に見せかけやっぱり話せない難儀なお方だ。そんな困った状況を打破すべく─────

zuzaa.jpg














牛「焼きそばパン、買って来ましたァア~ッ!」

スライディング牛。重力5倍の世界で良くやるなコイツも。牛が持ってきた石は、謎のパワーでメルクのごにょごにょ声を拡大する効果があった。つか、この牛完全にメルクのパシリじゃん。

『・・・・って事で、さっき言った通りだ・・・・
んじゃ』

拡声した意味ねぇ。


「いやいやいやーっ、ちょっとぉ、さっきは何一つ聞き取れなかったって! もっかい! もっかい最初から! 自己紹介から頼む!」



一方、メルクマウンテンでは残念なことに読者サービスを終了させたメルクセカンド(♀)が、例の「入浴中に飲むとリラックス効果が増す」という触れ込みのスープを飲んでいた。

「二代目じゃないって・・・本当ですか・・・メルクさん?」


二代目(自称)の方のメルクは、元々捨て子だったらしい。それを、あのゴツイおっさんの方のメルクが拾って育ってたと。

akamel.jpg













(お・・・親代わり・・・)
「・・・自然だよね? 子供が親の“仕事”に興味を持つことは・・・・」


顔の傷は、幼い頃にこっそり作業場を覗いていた時の「事故」でできたもの。しかし、それをきっかけにメルクセカンドは刃物の“怖さ”と“美しさ”に触れ、おっさんメルクも仕事を見せるようになった。これは、「こっそり覗いてまた事故が起こるより、自分が見ている時近くにいてくれた方が安全」・・・・・みたいな配慮もありそう。

「そ・・・それでメルクさんも“研ぎ師”の道に・・・。立派な師弟関係じゃないですか」
「いや・・・師匠は無口で何も言わないし・・・。まず何一つ教えてくれなかった・・・。研ぎや鍛冶作業の技術は、ほとんど見て盗むしかなかったんだ・・・」


それ以前に、声が聞き取り辛すぎるんだがな!


ほかにも大勢の弟子志願者が毎年やって来たものの、皆3日以内に辞めてしまうほどの厳しさ。そう考えると、セカンドはなかなか頑張ってるよね~って話ですよ。

「だからオレは思った・・・強くなきゃいけないって・・・! とにかく強くならなければ・・・師匠みたいな一流の研ぎ師にはなれないって・・・!」


トリコのあの失礼な挑発にあっさりメラッとなったのも、そして小松がメルクの股間とかガン見してる時も平気なふりをしようとしたのは、そうした事情があったのだ。

「己の中の弱さを払拭するために・・・オレは自分が女であることも捨てた・・・・・・でも、それは・・・はかない抵抗だったな・・・。所詮オレの体は女・・・。師匠みたいに強く・・・たくましい研ぎ師にはなれなかった」

性別がどうこう以前に、なんか骨格からして全く異なる感じがするのだけども。だって師匠、トリコよりデカイしゴツイのよ? 仮にメルキュンが男になったところで、正直大して状況は変わらない気がするんだぜ。

「わかりません・・・メルクさんは“二代目”として・・・立派に仕事をこなしてるじゃないですか・・・!」

そう。そこは重要なポイントだ。

初代メルクが姿を消して6年も経つのに、今も1日100本もの「研ぎ」依頼が一流シェフ達から来る。セカンドも「強さ」はさておき、研ぎの腕はかなりのもの────って話だものな。

melkimekao.jpg



















え、何この儚げなキメ顔。
小松を落としにかかったのか!?

「勝手に“二代目”を名乗ってるだけ・・・。ゴメンよ小松シェフ・・・トリコが言った通り・・・オレは偽物だ・・・」

しかも、さりげにトリコがちょっと悪者になってるゥウウ~!?
────策士ッ! 策士メルク!

honmonodesu.jpg











小松が諸葛亮メルクの罠にかかっていたころメルクの弱気に渇を入れている頃、トリコは────


melkoubo.jpg



















初代メルクの工房にやって来ていた。

でかっ! 包丁でかっ!


どこの巨人族用の調理器具だよ。

いや、なんかめっちゃ普通に仕事してるんですけど────こんなドッカリ腰落ち着けちゃって・・・・ピンピンしてるんだったら弟子に連絡ぐらいしろよ、と、つい言いたくなる。


─────果たして、メルクが家に帰らない理由とは?

(1)メルクセカンドも巣立ちの時。一人でやらせてみよう、という師匠心。
(2)仕事に夢中になってたら、なんか6年ぐらい経ってた。
(3)実は、セカンドには過酷な「研ぎ師」の世界から遠ざかって欲しい。
(4)セカンドが変に成長しちゃって目のやり場に困ってきたから。



個人的には「4」が有力だと思いつつ次回へ続く!

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
見事にペット説が当たりましたねw
おめでとうございます。

初登場時の威圧感はどこへやら。完全な舎弟でしたね。

最後のコマのあれはもはや包丁というよりは剣ですね…。ひとつとして包丁として認識できるものがないですw
♪のほほん♪ 2010/12/07(Tue)19:43:57 編集
無題
ゼブラの目は見えないのでは?
2010/12/07(Tue)20:51:10 編集
無題
ゼブラの登場引っ張りますな~。

それにしても捕獲レベル53でも大したことないように思えてきてしまうとは・・。
ニキ 2010/12/07(Tue)21:31:05 編集
無題
連載終了には、小松xメルク (もしくはメルコマ?)のカップリングが発生して多くのBL好きな読者がため息をつくと予想!!

・・・個人的には、巣立ちか包丁つくりに夢中になったとかがありえそう・・でも、目のやり場にこまりとムッツリカミングアウトも面白そうww
ゴハンと味噌汁 2010/12/08(Wed)01:48:27 編集
メルク
>♪のほほん♪さん
ありがとうございます。たまには、まぐれ当たりも(笑) 初見時は今までにない迫力を持った猛獣・・・だったのですがちっともそんな事はなかったですね。
>ひとつとして包丁として認識できるものがない
まったくですねw

> さん
ゼブラ盲目説・・・うーん、あるかも知れませんねそれは。

>ニキさん
まったくですね。あまり登場を引っ張ると出るタイミングを失いそうですけども。あの山のようなサイズのマンモスが捕獲レベル50以下というのが、今となっては「?」です。

>ゴハンと味噌汁
いやぁ・・・連載終了も何も、気がついたら所帯を持っていたりするかも知れませんよ。初代メルクが立ち去った理由・・・・実は全てを二代目に伝えていたものの、声が小さすぎて伝わっていなかった、というのも(笑)
クリントン大西 2010/12/08(Wed)04:42:25 編集

初代メルク「……………(お前はもう立派な研ぎ師だ。俺はここを任せてヘビーホールで生活するから。んじゃ)」


二代目メルク「師匠は人見知りだ…無口だ…6年も戻っていない…俺は認められてない」


と予想
あかさた 2010/12/08(Wed)15:59:57 編集
無題
次回のトリコの内容を知りました
教えて欲しいですか?
2010/12/08(Wed)17:17:20 編集
無言の
>あかさたさん
しかし一方で、初代メルクがIGO会長・一龍のことを二代目に話しているというエピソードもありますからね・・・。この辺は、まだどうなるか分かりません。

> さん
いえ、ジャンプ発売日に読むのが好きなので・・・。
クリントン大西 2010/12/08(Wed)17:31:51 編集
面白くなってきましたね
 メルクって独歩と安藤さんを足して2で割ったようなキャラクターですね。
 その内捕獲レベル測定不能の猿(夜叉猿)が乱入してきたりして・・・
 余談ですがトリコの「獣臭」という台詞がウケました。
 島袋先生って本当にバキが大好きなんですね。
隆明 2010/12/10(Fri)00:27:39 編集
わりとあっさり風味に出てきたメルクファーストは、なんだかお目々がキラキラしていて印象的です(独歩とかあの辺はおしなべて三白眼ですが)

獣臭・・・・(しばし黙想)・・・・あ、なるほど! 確かにバキっぽい表現ですね。ほかにも、バキっぽい当て字などもちらほら。
クリントン大西 2010/12/10(Fri)04:55:51 編集
これは果てない夢か
 バトルコロシアムに出場する猛獣達の紹介の
仕方も地下闘技場最大トーナメント選手紹介にそっくりですね。 
 IGO、美食会、再生屋を含めた最強の美食屋を決めるための最大トーナメントを開催し、
なんと優勝商品はGOD・・・!!!
 トリコvsゼブラ、サニーvsリモン
次郎vsメルク、スターvsトミーといった
美食会同士の対決も見て見たいですが・・・
・・所詮は見果てぬ夢か・・・
   
隆明 2010/12/11(Sat)01:31:23 編集
同門対決
懐かしいですね、グルメコロシアム(ゲロルドとか出てくるやつですね)

トーナメント戦はさすがに考えにくいですが、結果的に今後あちこちで美食會とのバトルが発生することでしょう。美食會同士の対決とか、個人的には胸熱ですが。
クリントン大西 2010/12/11(Sat)01:42:19 編集
無題
エア、とゆう名のサラダ
2010/12/11(Sat)23:09:43 編集
無題
つまり空気草ですか
クリントン大西 2010/12/12(Sun)01:57:05 編集
無題
岩石コンドルの声帯
2010/12/12(Sun)17:30:21 編集
無題
明日のジャンプが楽しみですね。
クリントン大西 2010/12/12(Sun)20:37:49 編集
無題
ゼブラと初代メルクが普通に会話してるところ見てみてぇww
うぃ 2011/10/22(Sat)17:36:20 編集
無題
声は聞き取れても、果たしてコミュニケーションが成立するかどうか・・・(苦笑)
クリントン大西 2011/10/23(Sun)05:33:17 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP