忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0328
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011

0215

ぬおおおおギリギリじゃああ~!(泣)
さりげなくいつもより2P少ない17ページでお送りする、今週のトリコは?



『以上──今日の気象情報をお伝えしました。──続きまして、本日のゼブラ予報をお伝えします。目撃情報などによりますと、現在ゼブラは「砂塵の谷」を“リフトハウス”で移動中とのこと。近隣諸国のみなさまは、くれぐれもご注意下さい』

相変わらず、扱いのスケールがでかい。味方キャラがこんなに恐怖の大魔王扱いされちゃうと、「美食會」の立場がない。 一応悪の組織でしょアレ。

トリコ、小松、ゼブラの3人は、“リフトハウス”内にてくつろぎ中。

nuwazeb.jpg








あまりにも悪党ヅラなので、トリコに修正される。モンスター度がやや低下、代わりにラオウ度アップ。ま、こういうイメチェンもありか・・・。

「うるせーな。これも所長の命令だろが。てめーはただでさえ目立ちすぎるからな・・・少しでもカモフラージュしとけってことだ」
「これじゃ口もまともに開けられねぇ。飯もがっつけねーぞ」


mattetabari.jpg










イメチェン終了のお知らせ。

それにしても・・・・見るからにカタギじゃなさそうな服の趣味だな(苦笑)

「せっかく縫ってやったのにてめーって奴ぁ、だいたい飯でハシャギすぎなんだよてめーわ」
「うるせー、テンション上がるのは仕方ねーだろうが」
「おちょぼ口でハシャげ、おちょぼ口で!」
「できるかな器用なこと! 殺すぞてめぇ」


ゼブラ「小松のメシでテンションアゲアゲなんだよッ!」

もうすっかり小松大好きのゼブラ。

(ま・・・またケンカだ・・・)



【リフトハウス】


人間界最大の砂漠地帯“サンドガーデン”へ続く唯一の交通手段である。途中、砂嵐が舞い上がる「砂塵の谷」を、ロープウェーで約1ヶ月かけて渡る巨大リフトの旅・・・。旅行客はリフトの利用料+「リフトハウス」の家賃(片道1ヶ月分)を支払わなければならない。


「なんでジェット機とかじゃダメなの」
「・・・砂塵が噴出口に詰まる、とかじゃね?」


「うわぁ~キレイ! “砂の虹”だ、初めて見た。“サンドガーデン”には食べられる砂もあるらしいからなぁ。楽しみだ」


本来リッチな旅である筈の「リフトハウス(ペンションタイプ)」も、トリコとゼブラがしょっちゅうケンカするのですっかり内装ボロボロ。

でも、2人が本気でやったらリフトハウスごと大破するだろうから、これでも「ちょっとじゃれているだけ」なんだろうね。・・・・そう考えると、ゼブラの構ってちゃん度が凄いって話になるんだが。

「なぁ(中略)しよーぜトリコ」
「イヤだよ。おとなしくしてろバカ」
「いいじゃねーかよ、久しぶりじゃねーか」


・・・・え、えらいこっちゃ・・・・!

「てめぇやっぱりあの“処刑獣”を食ってやがったか。どーりでレベルアップしてるわけだなゼブラ」
「お前こそ力を上げたじゃねーかトリコ。嬉しいぜェ。またオレと対等にブン殴り合いできる奴がいるってのがよ・・・ところで小僧ぉ!」
「は・・・はいっ!」
「お前・・・チョーシにのってねーか?」
「え!? いや、のってませんよ微塵たりとも」


【ゼブラ語講座】


「チョーシにのってねーか=今日も元気でやってるか」


「いいか小僧、オレのことを『環境』だと思えよ」

zebkankyo.jpg

























さすが天気予報に並ぶ扱いを受けている男は言う事が違います。
つまり訳:「オレ色に染まれ小松!」

かつてないほどの強烈なモーションをかけられる小松だが、さすがにこのタイプのお申し込みは初めてなので、色々ととまどい気味。

(ゼブラさん・・・トリコさんと同じ美食四天王だけど・・・ココさんやサニーさんとも明らかに違う・・・。この人は犯罪者であり、まぎれもなく・・・危険人物───!


sandgarden.jpg












【サンドガーデン名物】

“天然米”でできた「米砂漠」
“砂糖”でできた「黒糖砂漠」
“石炭”“レアアース”でできた「資源砂漠」
“ダイヤ”などの「ジュエル砂漠」

資源やジュエルはさておき、米って・・・・それは砂漠というより、単なる米広場なんじゃないの?


ゼブラを見て震える一般人にさっそく絡むゼブラ。

「オイ何見てんだてめぇ、殺すぞコラ」
「ひ・・・ひぇぇ。い・・・命だけは・・・」
よっし、命だけは助けてやる。そのかわり何か食わせろ。“砂料理”のうまい店紹介しろオラ」


どうしていちいち見る者をホッコリさせるんだお前は! ─────しかし、どうやら小松の印象は違った。

(ゼブラさんは地獄耳・・・全部筒抜けだ・・・でも言いたい・・・!

komazuba.jpg









ズバァン!

時々勇気があり過ぎる小松シェフ、堂々の主張。

「反省の色ナシ!」


それを受けてゼブラは・・・・?

zebshonbo.jpg





げぇー! なんて寂しそうな背中・・・!

しっかり道案内されてるあたり、ちょっと笑ってしまうんだがなッ。

「オレもそう思うぜ! でもな・・・・グルメピラミッドではどーしてもあいつの能力が必要なんだ。ここはお互い持ちつ持たれつ・・・


これだけ聞くと、まさに「トリコこの野郎!」になっちゃうのだけども(苦笑) コーラが飲みたいが為に、お前って奴は・・・!

「──それにな小松。ゼブラの存在が、必ずしもこの世のすべてに・・・悪影響を及ぼすわけじゃねぇ」
「・・・・?」
(26種も、生物を絶滅させといて!?)



その後、とある村でラクダを借りようとするトリコと小松───あれ、ゼブラは? 小松の台詞にショックを受けていじけ中? 意外にガラスハートの持ち主だな。

(なんだか・・・心なしか、さびしい町だな・・・。家もボロボロだし・・・)


廃墟じみたその村の外観を一言で言うと北斗の拳。時はまさに世紀末って感じの寂れ具合だ。くたびれた感じのおばあさんが、町の成り行きを説明する。

「実は近年続いていた紛争で・・・町はこの通りです・・・。観光客も激減・・・『リフトハウス』を利用する人もずいぶん減っておりました。でも、もう大丈夫・・・終わったんですよ紛争が・・・・ある方のお陰で・・・・


「ただ・・・産業は再開できても紛争の爪あとは今も残っております・・・。紛争中送り込まれた“生物兵器”が、今も砂漠の資源を貪っているのです・・・。この町も何度も襲われました・・・。私の・・・息子や・・・孫も・・・・」


「コラぁートリコぉ! てめーらオレ置いて先に行くんじゃねーぞコラぁ」


(訳:「迷子になったら寂しくて泣くぞコラぁ!」)

「ゼブラさん!」


小松の言葉に、おばあさん以下周囲の人々が過敏に反応。

ゼブラ様と・・・!? あのお方が・・・」
ゼブラ様?
ゼブラ様がおいでに!?」

messiahze.jpg










ラオウ顔に加えて、救世主伝説までつくだとォ~!??



DO SURVIVE !!

あと、きょろきょろしてるゼブラがなんかかわいい。

「これは・・・一体・・・? トリコさん」
呉越同舟。ゼブラ出所により多くの国は戦争勃発時と変わらぬ臨戦態勢を敷いている。逆に今まで戦争中だった国同士が、一時ゼブラ対策で軍事同盟を結ぶケースも多いんだ。この町は戦時中だった国の遠い“領土”・・・つまりゼブラの出所が、長く続いた争いに終止符を打った形となる」

「紛争により・・・この町では数万人もの人が命を奪われました・・・お年寄りも子供も・・・毎日が本当に本当に地獄のようでした・・・。よかった・・・本当に終わってくれてよかった・・・・ゼブラ様は・・・私たちの救いの神です」


美食神アカシアが“GOD”で世界戦争を終わらせて500年。グルメ時代は到来しても、争いの芽は完全には尽きなかったんだろうな。

・・・まぁこの町に平和が訪れたのは結果論っつーか、別にゼブラがそれを目指したとかそういうのではないような気もするが、その辺は細かいこと言いっこナシだ! 拳王様ぁ~。

「コラぁー、何なんだてめーらぁ。離れろうっとおしぃ──ん」

(訳:「よせやい、テレるぜ・・・・む?」)


───と、そこにタイミングを見計らったかのようにして、噂の“生物兵器”が登場。

8本の毒尾を持つ巨大な蠍・・・“ヤマタノサソリ”だ。「隔離指定生物」「第2級危険生物」と仰々しい飾りがつくも、捕獲レベルすら出して貰えない時点で瞬殺確定の猛獣と言えよう!

逃げまどう町人達、転んだ子供にサソリの尾が────

「あっ危ない!」


voicecutter.jpg












サソリ「2ページでした」

どう見ても子供を庇う体勢で・・・・・どう見てもこれはもはやデレ王確定としか言いようがない状況で、ゼブラがサソリをスライス。これ、背中から声出してんの? なんか八極拳の『鉄山靠』みたいな。

唖然とする皆を残し、ゼブラがドヤ顔で決めセリフ。

「下等生物が、チョーシにのっちゃいけねーぜ」


トリコ「そういえばよ小松。今までにゼブラが絶滅させた26種の生物は・・・すべて生態系を狂わす“危険生物”だったっけな。ま、だからって絶滅させちゃいけねーけどな!」


罪状までツンデレ含みかよ!

歓声に沸(わ)くゼブラ教の方々。「ゼブラ様ー」

kimezeb.jpg
















ゼブラ「来週も、絶対見てくれよな!」


何ということでしょう。これは「小松がゼブラを攻略する話」ではなく、むしろ「ゼブラが小松を攻略する話」だったのですッ!(ババーン)

完全に引き立て役・・・っていうかヘタすると空気化してきた主人公トリコと、相変わらずヒロインポジションの小松─────そして「ボイス」って技名につけたらもう何でもアリっぽいゼブラの3人が、いよいよグルメピラミッドに挑む・・・・のか!?

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ゼブラ素敵
ゼブラ良いキャラですね!訳も素敵
小松も地獄耳知っててあんな言葉言うとは…スタージュン様に楯突くだけはありますね

メロウコーラは今が一番美味しいので美食會が絡む可能性は大いにありますね
2011/02/16(Wed)00:31:58 編集
ゼブラvsエルグ
今週号を読んでゼブラの事がますます好きになりましたw
世紀末覇王のオーラ出まくりでカッコ良すぎです!
武論 尊&原 哲夫両先生と問題が起きないか心配ではありますが・・・

グルメピラミッドでゼブラの相手となるであろう美食会メンバーは副料理長クラス以外ではエルグかリモンくらいしか思い浮かびません。
個人的にはゼブラとエルグの正面からの殴り合いを見てみたいです。
リモンとの殴り合いは絵的にヤバイ気がするので・・・

エルグ「この疵の借りを返したい」
ゼブラ「楽しい喧嘩になりそうだ・・・」

隆明 2011/02/16(Wed)02:40:24 編集
ゼブラ語WW

大西さんこんばんわ!

タイトルの通りゼブラ語の訳WWW

美食會も支部長クラスの人(バリーとかボギー)はゼブラにビビりまくりなのかもしれませんね(笑)

来週も絶対見てくれよな!!
黒宮鈴 2011/02/16(Wed)03:02:10 編集
ゼブラてっ・・・!
こんにちは
初めてコメント投稿致します。

 こちらのレビューを読ませていただいて分かったこと、それは、
「ゼブラ萌っ~~!!!!!」ということです。

 彼の一挙手一投足に萌を感じてしまいます。(更に大西さんのゼブラ語も相成って、ますます萌るっ)
 小松さんの言動にシュンとなったり、ラストの「ちゃんと俺に適応しろよ」って、あの決め台詞ならぬ決め指ポーズで言っちゃったり、・・・・もう可愛すぎでしょっ!!
 当初は強面の悪者イメージが強かっただけに、このギャップによる印象の良さははかり知れません。

 現在、本誌を手に入れられない状況なので、こちらのブログを舐めまわすように見てます。(キモくてすみません) トリコの動向が大変良く分かるので、すごく助かっています!!こちらのレビューはトリコ愛に溢れていますっ

トリコっ、空気にならないでっ~~
宮野 2011/02/16(Wed)04:36:18 編集
ゼブラ語
>飛さん
あ、訳はかなりテキトーなんですが(苦笑) 小松は時折とんでもなく無謀キャプテンなので、読んでいるこっちが冷や冷やすることがあります。メロウコーラ……前回も液体系グルメでしたからね、美食會───さすがにご無沙汰過ぎるので、そろそろ出てきて欲しいところです。


>隆明さん
世紀末伝説過ぎると評判のゼブラですが、良く考えたらトリコという作品自体、80年代の筋肉祭りな少年漫画の系譜ですからね、そう不自然でもないと思うのですよ。

エルグはさておき、リモンは(よほどの超展開がない限りは)女性ですから、そこはリンとかと戦う感じになる・・・・んですかね? どうもリンを戦力として勘定することに、強烈な抵抗感があるのですがw


>黒宮鈴さん
おはようございます。ゼブラ語の訳は、9割がた「ノリ」という噂ですw

支部長お笑い組あたりでは、ゼブラは手に負えない感じがしますね。それとも、案外3人がかりぐらいで何とかするのでしょうか。そろそろ出番が欲しいところですけども美食會。


>宮野さん
はじめまして、おはようございます。クリントン大西です。

四天王は全員、何らかの形で萌え要素を備えるという結果になってしまいました(笑) あの後ろ姿は、どう考えてもションボリゼブラですよね。あのガタイでしょぼんと見えてしまうところが、ゼブラのポテンシャルなのでしょう。

ゼブラは悪役悪役で引っ張ってきましたからね~・・・・ピラミッド編の展開も含め、今後が非常に楽しみです。

まぁしかしレビューはあくまでレビューですので、単行本化されたあたりで、またじっくり読んでいくのも良いかも知れません!
クリントン大西 2011/02/16(Wed)05:43:45 編集
ゼブラに萌えましたww
不覚にもドツボです(笑)

なんかあの悪人面なのに可愛いと言うかなんと言うか思わず悶えそうになるキャラですね

しかし、ゼブラを『ヤンチャぶり』と評せる小松も凄い

砂の王国に着いた辺りもゼブラがはしゃいでるようにも見えたり
道案内されてるゼブラの背中が寂しげに見えたり
びっくり顔のゼブラが可愛いく見えたり・・・・・・・・・
クリントン大西さんのブログと一緒に読むと尚更にやけが止まらないです(汗)

ホントに萌え要素満載ですね(^^)
先の絡みが楽しみです(笑)
チハル 2011/02/16(Wed)10:02:42 編集
無題
一つ言いたい。
ゼブラすっげえ良い人やん。
何この人!
めっさ優しいんですけど!
そして訳が楽しすぎる!(笑)

小松の料理にテンションあがるゼブラが可愛かった。
そして小松は小松で、色々恐怖体験をしたせいか、度胸が身についてきましたね。
無論調理のスキルもレベルアップしています。

そう言えば、ゼブラの出所をマッチや鉄平、与作はどう思ってるんですかね?

次回はピラミッド編なのか、それとも寄り道するのか、ワクワクしながら次回を待つとしましょう。
kou 2011/02/16(Wed)10:43:30 編集
「お?」「お?」(きょろきょろ)
>チハルさん
ゼブラは良い意味で斜め上に予想を裏切ってくれましたねw 今週を読んだ後なら、「ヤンチャ」という表現もあながち遠くもないかも・・・的な気分になります。

あの背中の「ぽつん」としたゼブラ、「お?」「お?」と言いながらキョロキョロするゼブラなど、今週は減ページにも拘わらず見所満載でした。ほかの四天王との絡みも楽しみですね。


>kouさん
いい人と言いますか、様々な意味で天然な感じがしますw 「本人的には、自分はワルでアウトロー」>「周囲的には、あんまりそれになっていない」というような。ゼブコマ・・・・もうゼブラ的には「小松=自分専用」ぐらいな気持ちになっている可能性さえあります(苦笑)

マッチはニュースで見て、リベンジの機会を伺っているかも知れません。与作達は・・・うーん、どうでしょうね。IGOから新たな依頼がない限りは、とりあえず黙認・・・・ですかね?
クリントン大西 2011/02/16(Wed)16:24:27 編集
無題
横の強者は弱者を食らわず!!ってかっこよかったですね!!なんか昔の不良みたいでww

あ、そうだ。
なっちゃんにトリコのフィギュアついてきますよ~。もう僕買いました!!
トリコ 2011/02/16(Wed)16:30:29 編集
なっちゃん
>強者は弱者を食らわず!!
弱いものイジメするヒーローなんてあり得ませんからね! そこは世紀末救世主的に、外せない要素なのでしょう。

なっちゃん・・・ですか。なるほど、ちょっとコンビニ行ってきますかね。
クリントン大西 2011/02/16(Wed)16:33:06 編集
タイトル「ゼブラ」に変更
と思うぐらいの回でした(笑)

『リフトハウス』相変わらず、しまぶーの発想は良いですよね~。
細かいことはどうあれ、あんな少年心くすぐる光景作れるのはトリコだけ!
どっかの「邪道な王道(キリ」とか言ってる理屈漫画にも見習ってほしい・・・と某サイトのが言ってました。

ゼブラ「やらないか?♂」
トリコ「アッー!」
中略ェ・・・。

やっぱりゼブラは単なる悪人じゃなかったようですね。
単に動物殺してるだけだとトリコと全く反りが合わないし。
次週の『ゼブラ』にも期待!
え、トリコ誰それ?(おい

自分もなっちゃん買ってトリコと小松揃えましたよ。
ココとかサニーとかリンも入れてほしかった・・・。
MASA 2011/02/16(Wed)18:42:05 編集
無題
ゼブラの顔のシワラオウと被りすぎ…
しかしトリコに出ててくる四天王は皆キャラ立っててスバラいい
エージ 2011/02/16(Wed)19:00:27 編集
ゼブラ人形も
>MASAさん
最後の四天王ですからね、もうここ数週間のプッシュぶりがハンパないですw

「リフトハウス」、先のでかい馬車に続いてファンタスティック全開ですね。「邪道な王道(キリ」・・・(笑) あれは言い出しっぺのガモウ師匠も困り切っている事でしょう。「ど、どうしてあんな事言っちゃったのか・・」

ゼブラは一応倒した猛獣は片っ端から「食べる」みたいですからね、そこはトリコの信条にも配慮したキャラ造形になっている模様です。

なっちゃん人形、とりあえずメインの2人ですか。なるほど・・・。


>エージさん
初見時から、もう各場所であだ名が「拳王様」になってましたからね(苦笑) 改めて四天王を眺めてみると、やはりココが保父役であることが分かります。
クリントン大西 2011/02/16(Wed)19:25:03 編集
無題
大西さんゼブラはやっぱりそうでしたかw
ココ保父役そうぴったしだぁ…
エージ 2011/02/16(Wed)19:36:28 編集
ココ保父
>ココ保父役
というより、ほかのメンバーがそれぞれマイペース過ぎる・・・・という話でもあるのですがw
クリントン大西 2011/02/16(Wed)19:41:41 編集
無題
「今週のトリコ」、毎週、とっても楽しみにいています。
漫画も面白いんですけれど、大西さんのコメントがさらに面白くて…!!
ありがとうございます!
いつか、お礼を書きたかったのですが、書き慣れていないため、今日、思い切って書いてみました。
しかし、ゼブラがこんな楽しいキャラになるとは思いませんでした。大西さんのコメントのお陰で、私の中で、ますます面白キャラに…。
早く、四天王が揃って活躍するところが見たいです。アニメではゼブラ登場までやるのかなー。
まめ 2011/02/16(Wed)23:56:18 編集
無題
ツンデレきましたねw これで腐女子様たちのファンも狙えるかも!(笑)

料理中の小松を盗聴して「調子にのるなよ!」とか言っておきながら結局 テンション上がるあたり小松料理が美味いと証明していますね!

小松ェ・・・ 飯作ってくれえ(笑)
ゴハンと味噌汁 2011/02/17(Thu)02:03:16 編集
リモンの対戦相手
>リンとかと戦う感じになる
スタージュン様やトミーやグリンといった
副料理長に次ぐ実力者を相手に正直リン
では荷が重過ぎるような気がします。

パラサイトエンペラー(捕獲レベル81)と
ヘルボロス(捕獲レベル72)を瞬殺した
アルファロですらセツ婆相手に手も足も出なかった事実からも、リモンがゼブラやトリコ
と互角に戦えるだけ強かったとしても不思議ではないはずです。
強さには老若男女関係ないですからね。

ただ、バトルでゼブラの持ち味を生かすには
トリコvsトミーの野生の勝負のような力と
力のぶつかり合い以外にはあり得ないと思うので、グルメピラミッドでゼブラとリモンが
対決が実現するような事になればR-15指定されてアニメでの表現が制限されそうな予感が・・・

リモンがゼブラに敗北寸前まで追い詰められるもスタージュン様の救出によって救われ、
ゼブラ「あんたとは一度サシでやって見たか
    った」みたいな展開も面白そうです
隆明 2011/02/17(Thu)03:16:49 編集
無題
ツンデレきましたねw これで腐女子様たちのファンも狙えるかも!(笑)

料理中の小松を盗聴して「調子にのるなよ!」とか言っておきながら結局 テンション上がるあたり小松料理が美味いと証明していますね!

小松ェ・・・ 飯作ってくれえ(笑)
ゴハンと味噌汁 2011/02/17(Thu)04:34:31 編集
無題
本誌、クリントン大西さんの感想共々読んだらゼブラにほっこり。
通行人にあれだけ強面で絡んでおきながら「紹介」って優しいぞw

パンツ一丁でなくなったことに憂愁を感じながらも最後のコマで、ハートにズッキューンとしました。
ぺぺぺ 2011/02/17(Thu)07:17:20 編集
野生のゼブラ
>まめさん
ありがとうございます。そういって戴けると、眠くて崩れ落ちたい時などとても励みになります(本当に) コメントはいつでもお気軽にw

ゼブラのキャラクターはもう典型的なツンデレなのですが、あまりにも長期間「こわもて」のイメージで伏線を張ってきたせいか、とても(変貌振りに)インパクトがありましたね。アニメでも、ゼブラが出るところまで行くようわたしも祈っております。


>ゴハンと味噌汁さん
腐関係において、『トリコ』は様々なジャンルを補完していますからね!(笑) 有る意味、銀魂を超えているのではないでしょうか。「調子にのるなよ!」は殆ど挨拶ですよねw 「オイシイごはんが作れる」というのは、本当この世界においては無双ですよ。


>隆明さん
いやー、女性キャラを例えばトリコとかが釘パンチしちゃったら、これは非常に問題が多そうでして(苦笑)こういう場合は女性同士で戦ってもらうのがビジュアル的にも無難な訳です─────が、リン・・・・・2、3回ほどパワーアップイベントが欲しいところですねw

ゼブラがレベル70台を瞬殺した時点で、アルファロの『皿手裏剣無双』のランクがやや下がってしまいました。副料理長以上のメンバーについては、“グルメ界有資格者”で一線を引き、支部長クラスの活躍・・・の余地を残している感じでしょうか。

トリコvsトミーは、今思い返しても悪魔的に熱かったですね。ココやサニーはそういうキャラではないので、その意味でもゼブラには期待感が募ります。ただしスタジュン様にゼブラが向かうと、これはトリコが現れる前の噛ませに使われる公算大で、それはそれで悲しいな~というのはあります(苦笑)


>ぺぺぺさん
「ほっこりゼブラ」は、これからのスタンダードとなっていくことでしょう!w DQN気味に絡んだ割に、あんがいどうってことないという・・・。

パンツ一丁のまま街中とかうろうろするのかとヒヤヒヤしておりましたが、さすがのゼブラもそこまで野生ではなかったようです。
クリントン大西 2011/02/17(Thu)16:46:24 編集
無題
ゼブラって腹話術とか出来たりするのかな
2011/02/17(Thu)18:37:21 編集
無題
あれはマッチを一撃でズタズタにした攻撃ですね
2011/02/17(Thu)18:51:53 編集
マッチ
そう考えると、あのサソリの有様を想うに・・・・よくマッチは生き延びられたなぁと。
クリントン大西 2011/02/17(Thu)19:35:46 編集
綺麗で緊張感のある戦い
そうですね・・・いくら強くても女性キャラ
相手に釘パンチを打つというのはビジュアル的に問題ですよね。

当然同じパワー型で直接攻撃タイプのゼブラ
戦も回避・・・残念ながらグルメピラミッド
編でのりモン登場の可能性は低そうですね。

やっぱり最終的には強くなったリンかもしくはセツ婆がリモンと戦う事になるのでしょうか?

個人的には最近あまり目だった活躍をしていないココと戦ってほしいです。
ココならリモンを傷つける事なく、綺麗で
緊張感のある戦いが展開できますし互いに上手く噛み合うと思います。

サニーは・・・サンジvsカリファと同じ運命になりそうな気がするんですよね。
リン「相手はあの女でしょ!?なんでここまでやられて手をださないの!?死んだらどうするの!!ッッ」
サニー「だって女を殴るなんて美しくねーし
・・・だから俺は死んでも女は殴らない」

ゼブラとスタージュン様の対決はトリコ対
トミーの野生の勝負並に見ごたえがありますけど、スタージュン様がトリコともう一度戦う事は間違いないと思うのでここまでインパクトのある登場のさせ方をしたゼブラが噛ませ犬になってしまうのもそれはそれで勿体無いと言いますか・・・野生の勝負の再現は
ゼブラvsエルグに期待しましょう。
隆明 2011/02/18(Fri)00:37:36 編集
ゼブラvsエルグ
世の中には相手が女だろうと余裕で顔面パンチをぶちかますとんでもないヒーローもいる訳ですが、トリコはその点わりと正当派ですからね・・・やはりそぐわないかなというのはあります。

グルメピラミッドでは、美食會登場が暗に期待されている訳ですが(四天王が2人以上揃う=戦闘フラグ)、一方で美食會ボスが「これからはグルメ界の食材メインで狙う」と宣言しているんですよね。その線からすると、もはや人間界では美食會と遭遇しない? みたいな読みもないではないです。

>ココならリモンを傷つける事なく~

サニーのダイニングキッチンで動きを拘束(+髪ノッキング)という手もありますか。でもサニーはココに比べ、結構登場しているんですよね(苦笑) いや、サニーはナルシストではありますが、サンジほどフェミでもなさそうなので、案外いざとなったら普通に戦うっぽいです(美意識から、殴ったりはしないでしょうが)

出番がないスタジュン様ですが、今登場するのは逆に「早い」という気もしますね。ゼブラをここで“噛ませ”にするのも忍びなく・・・・ゼブラvsエルグが、わたしも順当なカードだと思います。
クリントン大西 2011/02/18(Fri)05:48:37 編集
無題
ノッキングといえば声でノッキングって出来るのかな
2011/02/18(Fri)19:55:01 編集
なんとなく出来心で
こちらのコメントを拝見して、ついつい考えてしまいました。
トリコ女性キャラ強さランキング。
私の勝手な予想ですので、さらりと流して下さい。

第1位 節婆…アルファロが戦いを避けて逃げ出す。一龍会長・ノッキングマスター次郎・美食會ボスと同格の風格
第2位 ラブ所長…なんといってもハニープリズンの最高責任者。強くなければ勤まらない気がする。フェロモンを駆使しているとはいえ、捕獲ハイレベルな処刑獣・護送獣を大量に捕まえ、しかも職場で放し飼い。ババア発言も高齢者=強者の証明な気がする。
第3位 リモン…アルファロの「もう少しでグルメ界に入れる。」という発言から。おそらくトリコ達とほぼ互角の実力者と思われる。
第4位 2代目メルク…「強者」オーラを感じた野生の獣が家に入って来ない。スケイルコングの体毛だけを削り落とす技量を持つ。
第5位 リン…グルメ細胞保持者。四天王の動きに普通に付いていける。バトルは、もう少し場数が必要かもしれないが、美食會の雑魚(生身)相手なら勝てそう。

ちなみにフローゼ様が女性だったら、多分最下位かと。
一龍会長の「小松と雰囲気が似ている。」というコメントから、食への探求心は旺盛でも、非力な普通の人間だったのではないかと思います。(そして人たらしっぷりは小松並みだったのではないかと思います。)
よもやま 2011/02/18(Fri)22:18:59 編集
作者が描きたい事を
ただ最終的にどうするかは島袋先生次第ですし・・・もしも島袋先生が強い女性キャラが大好きで、トリコやゼブラとのガチンコの真剣勝負を描きたいと思っているのにもかかわらず、ビジュアル的に問題があるという理由だけで無理やり構想を捻じ曲げてリンと戦わせるというのもどうかと思います。

何よりも作者が楽しくのって描かなければ
面白いエピソードは生まれませんからね。

とはいえ、クリントン大西様が指摘されていた問題はとうてい無視できるものではありませんので、どうしてもリモンとトリコやゼブラと野生の勝負をさせたいというのであれば、精神的に安定しているトリコとやらせる
べきだと思います。
キレたら何をするかわからないゼブラは問題外・・・

>サニーのダイニングキッチンで動きを拘束
なる程、髪ノッキングという方法がありましたか。 これならサンジと同じ目に会う心配はなさそうです。
ココの神経毒でリモンの動きを封じるという手もありますよね。
ダメージはサニー(もしくはココ)の方が
遥かに大きいのに無傷のリモンに勝利という
見ていてスカッとするような展開を希望します。
あくまでも話を考えるのは島袋先生なんで
担当の意見に振り回される事なく自分が描きたいと思った事を描いてほしいです。
私は面白ければなんでもOKです。


隆明 2011/02/19(Sat)04:35:52 編集
声ノッキン
> さん
ボイスノッキング──声で斬ることができる以上、突き刺すこともできそうな感じですよね。


>よもやまさん
さすがにセツ婆は貫禄の第一位ですねw まぁランキングをつける以前に、『トリコ』には女性キャラが殆どいないという深刻な問題はありますけども。ラブ所長も、なんやかんやで普通に(与作ぐらいに?)強そうです。

リモンは未知数ながら相当の実力者らしく、一方二代目メルクは・・・・マッチ達より少し下、ぐらいの実力でしょうか? リンは、あれでも二代目メルクより強いと思うんですよ。変なにおい銃ばっかり使ってるんでアレですけども(苦笑)

フローゼの位置づけは、どうなるんでしょうね。あの時代ですから、まだグルメ細胞が入っていないというのもあるでしょうが。


>隆明さん
案外、フェミニスト的な要素一切ナシで、トリコがリモンに釘パンチなんて展開も、あるいはあるかも知れません。野生の世界では男女平等みたいなノリで。それはそれで・・・・描き方いかんによっては斬新かも知れません(リンが役者不足なのは否めませんしね・・・)

サニーの髪の能力(ダイニングキッチン)も、ココの毒同様ずいぶんご無沙汰です。もう読者の中には、彼らの能力が何なのか忘れてしまっている人もいるのではないでしょうか(笑) その意味でも、そろそろ美食會(戦う相手)が出てきて欲しいなぁと。

天空の野菜畑にヘビーホールと、グルメ界適応修行が(トリコが強くなり過ぎたせいか)今のところ結構生ぬるいですからね。ピラミッド編では、その辺の引き締めも期待したいところです。
クリントン大西 2011/02/19(Sat)05:25:07 編集
DCD
http://www.carddas.com/toriko/
トリコがデータカードダスになるそうです!
何か一気に商品展開が広がってきましたね。
やっぱり大西さんが前に言ってたようにトリコは商品展開されやすい漫画なんでしょうか?
MASA 2011/02/20(Sun)10:02:48 編集
カード化
なんだかメチャクチャ重たいページでしたが(うちのPCも古くなりました・・・泣)・・・・『トリコ』は言うなればグルメ+モンハンですからね。アイテムが豊富な分、カード商品化などには向いた作品だと思います(当然、ゲーム化も)。
クリントン大西 2011/02/20(Sun)15:37:25 編集
セドルとボギー
サニーとココの対戦相手にはとっておきの
美食会メンバーがいますよ。
セドルとバギーのお笑いコンビです。

スタージュン様の話だと、GTロボでは操縦者
の実力を100パーセント発揮できないらしいので生身で戦えば結構見せ場も期待できるのではないでしょうか。
セドル本人も生身でのサニーとの対戦を熱望しているようですし。
対生物兵器であるココの毒に対してボギー
の多関節攻撃でどう戦うのかも興味があります。
滝丸には申し訳ないんですが、格下相手に
負けたのはボギーにとって痛かったですね。
あれですっかりお笑い担当のイメージが定着してしまった感があります。

ボギー初登場時のデザインであれば・・・
美食ボス「グルメ界へ出入り可能な者は本部
には何人おる?」
アルファロ「料理長クロマドを筆頭に、副料理長スタージュン、グリーンパーチ、トミー
ロッド、さらに第一支部支部長エルグ、第五支部支部長ボギーウッズがもう少しかと」
こういうやりとりがあったとしても違和感は
ありませんよね。
美食会メンバーで最も転落人生を歩んでるのはボギーかもしれませんw

>リンが役者不足
リンが役者不足というよりもリモンがトリコ達四天王と同格というのが強すぎますよね。
ナミがカリファと戦うのとは訳が違いますよ。



グルメピラミッドはアイスヘル以上の過酷な
環境で捕獲レベル90台の獣が出てくると予想します。
隆明 2011/02/21(Mon)00:32:18 編集
ボギー転落
セドルはまだ生身では戦っていませんからね。特有の能力がどういう種類のものかによっては、まだ見せ場が作れそうな気配です。

ボギーウッズはくにゃくにゃ攻撃よりも、ほかの生物を乗っ取って操作する方に将来性がありそうですね。自分より格上の猛獣を誰かに倒して貰って・・・・というパターンも。鎧を次々に取り替えていけば、毒にも耐えられるような気がします。

ボギーの転落人生w いやぁ~、初登場時にさっそくセドルと漫才やってた時点でアレだったと思うのですけども(苦笑)

リンも一応サニーの妹ですから、何かきっかけがあれば伸びる(化ける)という展開もアリかなと。

捕獲レベル・・・「測定不能」がどこのラインまでかも気になりますね。
クリントン大西 2011/02/21(Mon)17:22:39 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP