忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0923
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011

0222

先週に引き続き、実は今週も17Pのトリコ! アニメ化に合わせた準備の為か? はたまた単に、しまぶーがちょっと疲れてきているのか・・・・?

あとアニメ情報。

やたら目がキラキラしたリンはさておき・・・・

anikoi.jpg















こいつは誰だ?

あまりにも女性キャラが少ないのを気にしたスタッフが、アニメオリジナルでなんか出す感じなのだろうか・・・・。まぁそういうテコ入れも、アリっちゃあアリですな。



「ちゃんと聞こえてたぜ小僧~。オレが同行するのは反対だと?」


この一件、軽く流すのかと思いきやしっかり引っ張るゼブラ。まぁ、囚人達の悪口いちいち記憶してる奴ですからね・・・・顔に似合わず細かいのです。

「も・・・ももっ・・・申し訳ありませんでした! ボ・・・ボク・・・ゼブラさんのこと何も知らないので・・・つい・・・その・・・チョ・・・チョ・・・」
「んん? チョ?・・・何だ?」
「チョーシにのったこと言ってしまいました!」

何のプレイですかこれ。


(脈拍・・・呼吸音・・・虚偽(ウソ)はついてねーな・・・・つまり・・・)

「オレを目の前に・・・・堂々と・・・チョーシにのってました・・・と!? 久しぶりだな、こんなド直球な奴ぁ・・・」


血管ピクピクで小松を大威嚇しつつも、ゼブラは例によってツンデレ思考を始めていた!

(こいつは・・・あの時もウソはついてなかった。おそらくオレに聞こえていることは知っているのにだ・・・。さすがにトリコの相棒か・・・なかなかいい根性してやがる・・・)


「いいか小僧・・・」


zebuso.jpg













うわぁ、スゲー共感できるよゼブラ哲学!

わたしもそーゆー奴らは一人残らずケチョンケチョンにしたいですぞ!(できる事なら!)

「ボ・・・ボクは・・・その・・・決して・・・ウソなんか・・・」
「がっかっかっか、だからだよ! オレの顔を見ながら『チョーシにのってました』だと・・・!? 久々に見たぜ、そんな正直な奴ぁよ! 正直すぎて───」

kitukaz.jpg





そしてやっぱり面白いゼブラ。どっちやねん。


「ま・・・今回はお前のそのモーレツな図太さに免じてやるが・・・ただし条件がある」
「え・・・条件?」
「オレぁ今、トリコの依頼を受けている立場だが・・・その“報酬”をまだ決めてなかった・・・と思ってな」


報酬=小松!!?


・・・・いや、ゼブラははっきり「トリコの相棒」と言い切っているので、(少なくとも現時点で)そこまで踏み込んでは来ないように思われる。となると、小松の料理を・・・みたいな感じかな。いや、それも単純か? しかしほかに何があるかと言われると────これは難しいな。ぬぅ。

「おーい、ラクダの準備が整ったぞー。出発するぜ、お前ら早くしろーっ!」

トリコ「実はオレが主人公なんだぜー?」


そんなわけで砂漠の旅、開始。


例の寒村(北斗の拳テイスト)の人達が用意してくれたのは『貯水ラクダ』。

chosuiraku.jpg














「2000リットル=2トン? どんなラクダだよ・・・・」

普通のラクダでも体重が数百キロ(450kg~800kg)ほどあり、かつ通常の哺乳動物なら体重の1割の水分が失われると死ぬが、ラクダは4割減まで大丈夫。このラクダは普通のよりデカいし、グルメ細胞で強化されているっぽいから、2000リットルぐらいなら何とかなるんじゃないかな?

また普通に考えた場合、この蛇口は「後から人が埋め込んだもの」・・・・となるが、我々はもうグルメ細胞のとんでもなさを多く経験している。これはこのラクダが生まれた時からついているもの! きっと、人類との共存共栄に最適化し過ぎて、こんな事になったのだろう。グルメ細胞ならあり得る。


貴重なラクダで、町に一頭しかいないにも拘わらず貸して貰えたようだ。救世主効果ハンパない。しかも、ゼブラの乗っているラクダに至っては水の代わりにワインが出る始末。扱いにロコツな差がある。

「かっかっか。オレぁお前らと違って大人(アダルト)だからよ。ワインでも飲みながら、優雅に旅を楽しむぜ」
てめー酒弱いじゃねーかよ。すぐ酔って音痴になるクセに」

意外! ゼブラ=酒弱い。



【アルコール耐性】


一龍:弱い(虹の実ワインが強すぎたという説も)。
次郎:常時飲んでいる。アル中。
マンサム所長:常時飲んでいる。酒で傷が治る。アル中。
トリコ:ガバガバ飲む。一歩間違えるとアル中。
サニー:普通に飲む(前もワイン飲んでた)。
ゼブラ:飲めるが弱いらしい。
ココ:殆ど飲めない(毒のコントロールが利かなくなる)


プロの歌手などは酒を飲まない(アルコールは揮発性が強く、喉が渇く=傷める)。「喉が武器」のゼブラにとって、酒はむしろ積極的に避けるべきモノのハズだが・・・・まぁそこはゼブラなので。


ラクダを貸して貰った際、例のおばあさんから「行ってはなりませぬ」的なお約束忠告も受ける。

「グルメピラミッドは世界の『グルメ七不思議』の1つと言われる場所・・・今だに(<原文ママ。本当は「未だに」)世界中の考古学者たちでお何一つ解き明かせない謎だらけの場所です! 何より・・・・グルメピラミッドを取り巻く広大で赤い砂漠の迷宮『デザートラビリンス』────多くの美食屋が足を踏み入れておりますが、誰も戻って帰れないことから別名『美食屋の墓場』と呼ばれております」


まぁ、本当に誰も帰ってないなら“メロウコーラ”の依頼自体ないわけで・・・・・世間的には認知されていないものの、超実力派美食屋にとっては「既に謎が明かされた場所」って事なんだろうね。

「かっかっか──『美食屋の墓場』か・・・ずいぶんチョーシにのった場所だな・・・! 
オレが余裕で何度も往復してやろうか・・・?」

たとえ生き物でなく『場所』であっても、チョーシにのることは許さねぇ! 冒険開始前からゼブラ節炸裂。あと、何故か今週、ゼブラはゾンゲ様と相性がいいような気もした。

sabaatuatu.jpg









冒険ロマンの定番─────「砂漠」!

60度越えって、殆どサウナだ。小松大丈夫か?

「食材の多い“グルメ砂漠”ならとにかく、オレらが向かう場所は、蜃気楼に砂嵐・・・・そして砂漠の猛獣たちがわんさかいる『デザートラビリンス』だ」


言うまでもないと思うが、砂漠はとっても危険な場所だ。

日中は暑いのに、夜中は逆に氷点下となる。食料となる生物も少なく、水場も殆どない。この世界で言うなら、グルメ界も間違いなく“アネクメネ”だろうな。

ゼブラ「・・・・何か来るな」


砂中を“泳いで”飛び出したのは───砂漠鮫(デザートシャーク)! ・・・なお、今回も捕獲レベルは出ない(泣)

といっても、慌てふためくのは小松のみ。

「こいつって食えたっけ? トリコ」
「こいつの肉は堅くて食えねぇ。殺してもムダだ、追い払えるか、ゼブラ!?」
「ちっ、つまんねー」


“ウィークポイントボイス”


desertsame.jpg








ゼブラがあっさり鮫を追い払ったスゲー・・・・ではなく空中でいきなり逆ターン決めた鮫スゲー(笑)。何これ、前ヒレで羽ばたいたの?


【ウィークポイントボイス】


その生物にとって嫌いな音(周波数)を出して追い払う技(威嚇の一種? あるいは懐かしのトリコクラッカー)。ゼブラは人間の可聴域外の音(超音波)もフツーに出せるので、人間には影響のない音域で、かつ相手がいやがる音も出せるのだ。


「ちなみに・・・『ハニープリズン』で処刑獣や外の猛獣どもを倒したのも、音の衝撃よりも強力な音波によるストレスが大半のダメージだった。さすがのゼブラといえど、音の“衝撃”だけであれだけの群れを倒すのは骨だろーしな・・・」

そういや、あの核兵器並の爆発があった後も、猛獣達はわりと原型を留めていた。あれも、ウィークポイントボイスの伏線だったらしい。

koryaz.jpg











地道にポイントを稼ぐゼブラが、ちょっと微笑ましい。

トリコ「何考えてやがる・・・」
小松「ゼブラさん・・・・(きゅん)」
ゼブラ「計画通り・・・(にやり)」

小松が順調にメロッといきかけてますよ、メロッと。
見た目によらず、なかなかの策士だ。


その後も順調に砂漠の旅を続け・・・・やって参りました
“赤い砂漠の迷宮───『デザートラビリンス』!”


「ほ・・・本当に赤い砂漠だ・・・!」
「砂に含まれる鉄分が・・・太陽の光で酸化して赤く見えるんだ・・・」

トリコがさりげなくウンチクを披露するが、ゼブラも負けてはいない。

「それだけじゃねーぜ。あれは猛獣どもの“血”が混ざった砂・・・・。どうやらここからが本番らしいな────楽しいサバイバルゲームのスタートだ」

ゼブラ「オレだって、わりと物知りなんだぜ?」

小松争奪戦も、静かに加熱!



60度の砂漠でもたいがいだと思ったが、“デザートラビリンス”は更にとんでもない暑さ・・・いや熱さ! 熱気がもうもうとあがり、いつぞや“グルメ界”で味わったような乾きがトリコ達を襲う。

「小松! 水分を補給しろ!」

komajoha.jpg
















小松、蒸発─────?

あまりの“熱さ”にラクダまでダウンしてしまう。続けて開く「流砂」から、間一髪脱出するトリコとゼブラ。さよなら貯水ラクダ。

「ヤベェ、小松がどっか行っちまったぞ・・・」
「なるほどな・・・これが『砂漠の迷宮(デザートラビリンス)』か・・・」


sabamei.jpg















・・・・・ファイナルファンタジーⅦ?
いきなり眼前に現れる謎の建造(?)物。

トリコ「な・・・なんなんだこりゃあ一体・・・!?」
ゼブラ「“蜃気楼”だ。この砂漠へ入った瞬間、蜃気楼(こいつ)が小僧をどっかへ連れてっちまった・・・」


あれ、ゼブラの方が物知りダヨ?

「トリコ・・・蜃気楼も知らないなんて涙目主人公すぐる・・・」

─────いや、さっきトリコは自分で蜃気楼についても言及していた。決して知らない訳じゃない。ただ、“これが蜃気楼”とは判らなかっただけっぽい。対象が「無機物」だから、嗅覚もあんまりアテにならんし・・・・ここは音波で対象を探ることのできるゼブラに有利なステージ。

「探せるかゼブラ」
「余裕だろ。だが、この技は多少神経を削る・・・その間ぁトリコ───」

torikode.jpg
















トリコ(やっと主人公らしいことができそう!)
ゼブラ(その間に、オレは小松を探しだしてポイントゲットだぜ)

久々に見せ場がありそうなトリコと、気になる小松の行方。
「蜃気楼」は単なる自然現象のハズだが、何故小松は消えたのだろうか。

・・・・びっくりして落ちた+流砂?

ゼブラのこれまでの能力を鑑みれば、たぶん「音を出す+その反射音で周囲を探索」で合っていると思われるが(いわゆるアクティブ・ソナー)・・・これって、実は「グルメピラミッドが地中にある」の伏線じゃないかしら!(大胆予想)


・・・ま、外れてたら笑ってやって下さい(苦笑)
以下次号!

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ピラミッドが地中…ありそうで困る(笑)
もう常識なんて2つ3つ吹き飛ばして予想するくらいでちょうどいい(笑)

その場合、逆さピラミッドで、最下層が頂点で、そこにコーラがあるとか。

ゼブラなかなか良い事言ってますな。
そして小松はまっすぐだね。
自分の非に気付いたら謝罪する。これ大事。

ゼブラの報酬も気になるし…小松の料理か?
あ、メロウコーラ(もしくはそれに準ずる何か)を調理して、そこで星屑を使って、小松の回想シーンに入るとか無いですかね!?

確かイルカも超音波で探すんだっけ?

小松も安否も気になるところですし、次回が楽しみだ!
kou 2011/02/22(Tue)20:41:28 編集
無題
書き忘れた。

あの女性はマイク持ってるし、突撃レポーター系の人ですかね?

けどヒロイン枠は小松がいるしなあ(笑)

空気にならなければいいね。
kou 2011/02/22(Tue)20:42:49 編集
レポタ
小松、たぶん地面ですからね・・・・これは流れ的に「地下かな」と、ごく反射的に思ってしまった訳です(苦笑) 逆四角錐ピラミッドもアリですね。

ゼブラはもう、ここに至っては小松なら何でもいいような勢いですよw メロウコーラ+星屑ですか・・・なるほど、そういうコンボもあるいは、という気がします!

アニメオリジナルキャラ=突撃レポーターですよね、たぶん。それなりに出番が設けられるような気配ですが・・・果たして?
クリントン大西 2011/02/22(Tue)20:48:03 編集
今週のトリコ
ゼブラが面白いww

ウソをつく事が一番チョーシ乗ること云々と筋の通った事を言ったり
気ぃ使ってウソ言いやがれと言ったり
可愛いやら面白いやら

そしてゼブラを見る小松の目が乙女の様にも見えるし
ゼブラ侮り難しです

次のトリコも楽しみです
o(^-^)o
チハル 2011/02/22(Tue)21:26:40 編集
追加
連続すみませんm(_ _)m


ゼブラがお酒弱いと言うのには驚きました

顔は強そうなのに
やはり見た目はあれですが繊細なんでしょうかゼブラさん(笑)
チハル 2011/02/22(Tue)21:41:30 編集
ゼブラ本当は良い人?
かつてデビル大蛇戦で小松が行方不明になったとき、小松の安否を心配しているココをよそにトリコは「大丈夫だ、ちゃんと遺書は残してきてるから」とおよそ少年ジャンプの主人公とは思えないような発言をしてましたよね・・・まあ初期のトリコは性格が勇次郎そのものだったので特に違和感はなかったのですが・・・それに引き換え小松を身を心配して助けようとするゼブラは優しいですね。

それにしても小松は何処に消えた!?
隆明 2011/02/22(Tue)22:34:14 編集
…ハーディン?
にやり顔がいかにも。
しかもニーナは小松、赤い彗星にトリコと少女マンガな関係がバッチリおきかえられる始末。

冒頭、イカシた発言をしながらもやっぱり小松攻略タイムに見えてしまいます。
とはいえわかりやすいながらも深いメッセージ。
あのコマは少年誌という意味でも非常に価値がありますね。
ゼブラに教育されるとは。でも力強くて素直に感激です。
ここにも落とし所があるしゼブラは本当にいいキャラだなー。
酒弱めと個人的な願望も叶ったしますます死角が無くなっています。

虎視眈々と小松を狙ってますね。
トリコの相棒発言も「トリコが認めた料理人ならオレ(ゼブラ)の要求(プレイ)に応えられるな」という意味で。
料理=逢引き=既成事実!!!
ぺぺぺ 2011/02/23(Wed)01:09:25 編集
ゼブコマ
>チハルさん
「ウソは駄目ルール」も、小松だけ特別扱いでなかった事にw そして相変わらず浮気っぽい小松です。誰にでもフォイフォイついていく料理人ですな・・・。近いウチ、べろんべろんに酔ったゼブラも見てみたいですね。


>隆明さん
そういや、初期のトリコってわりと小松野放し状態でしたよね。まだあの頃は、「なんだか知らないけどついてくる料理人」ぐらいの扱いだったのでしょうか・・・。それを考えると、ゼブラの動きは実に───いや、まぁ彼はツンデレなので(笑)今はむしろゼブラ=勇次郎状態ですけども。

小松・・・うーん、やはり「流砂」ですかね?


>ぺぺぺさん
ハーディン(笑)
なんだかそう考えると、小松失踪さえゼブラの計略であるような気さえしてきましたw 「グルメピラミッドに行くのは、2人だけでいい・・・」というような。

ゼブラは大ざっぱなようでいて、わりと小技も使える漢(おとこ)ですよね。今週の細かい好感度アップ行動には、つい「これなんてギャルゲー?」とツッコミを入れたくなりましたとも。

やはり「報酬」が何なのか、気になりますね。そんなに無茶な要求でもなさそうですが・・・・。
クリントン大西 2011/02/23(Wed)04:45:10 編集
無題
小松、四天王全制覇しましたね。
この調子で美食會側にも同じくらいシンパが出来たら大変な事になりそうです。
名梨 2011/02/23(Wed)12:33:13 編集
シンパw
美食會でも小松ファンが増える>戦う理由がなくなる>ボスも小松ファンに!>みんなで強力してGODを手に入れる・・・・なんだかすごい展開になりそうですね(笑)
クリントン大西 2011/02/23(Wed)16:03:09 編集
ゼブラの報酬
ゼブラには狙っている食材があるが、特殊調理食材なので、その調理を小松にさせる…とか?
後、その確保にはトリコの嗅覚が必要というのがありそうですね。
よし 2011/02/26(Sat)13:30:37 編集
特殊調理
報酬=特殊調理食材の調理……なるほど、これはいかにもありそうな話ですね! 捕まえただけでは食べられない食材も、これから増えてきそうです。
クリントン大西 2011/02/26(Sat)17:47:50 編集
無題
『砂漠の迷宮(デザートラビリンス)』のところの中央部分よくみたら顔に見えるのは俺だけかぃ?
名無し 2011/02/27(Sun)00:54:02 編集
無題
>『砂漠の迷宮(デザートラビリンス)』のところの中央部分よくみたら顔に見える

かつて積乱雲も、何故か顔に見えたことがありましたw
クリントン大西 2011/02/27(Sun)01:06:10 編集
無題
らくだの体に蛇口といった「人工物」がくっついているところに違和感を感じてしまいますw(まぁ、倫理的に乳とかは無理・・・てかそれもイヤですよねw)

コーラの調理方法ですが・・・ スコットランドでは油で『揚げたりする』らしいです。(旅行で遊びに行った友達曰く「何でもかんでも油で揚げやがる」とのこと。

他にも、コーラは鶏肉を煮込んだりするのに使われているそうです(柔らかくなるとか、しかし他の味付けをしないと 味がまったくしない物になるとか)
ゴハンと味噌汁 2011/02/27(Sun)21:12:25 編集
コーラ揚げ!
>らくだの体に蛇口といった「人工物」が~
明らかにあそこだけ金属製ですしね(苦笑)

コーラを「揚げる」のですか! それは知りませんでした。鶏肉を煮込むというのは、何となくアリな気もしますね(ワインを使ったりしますし・・・)

料理とは言えないかも知れませんが、他に「ごはんにコーラをかける」とかもありました。あれはいまだに試す気になれませんけどもw
クリントン大西 2011/02/28(Mon)05:40:35 編集
作画がコマ毎に変化してませんか?
なんかハンターみたいに少しずつ作画が
少し雑になってる部分があるんですが
気のせいですよね・・?
あず猫 2011/02/28(Mon)13:54:37 編集
作画が・・・
今週に至っては、かなり追い詰められた時のナルトとか銀魂がたまーにやる下書きチックなコマもありましたが・・・・ま、まだ大丈夫ですよ!(泣)
クリントン大西 2011/02/28(Mon)16:39:44 編集
蜃気楼について
あの蜃気楼の絵なんですけど、アタシには建物といぅより、

オッサンの顔にしかみえないです
らん☆ 2011/03/22(Tue)00:32:06 編集
オッサンフェイス
一度そのように見えてしまうと、なかなかイメージが離れませんよね(苦笑)
クリントン大西 2011/03/22(Tue)04:59:50 編集
無題
>真ん中が顔に見える
どう見ても仕様で本当にry
所謂錯覚ですね
うぃ 2011/05/13(Fri)22:14:14 編集
ふぇいす
顔について言えば、なんだかコーヒーの「BOSS」を思い出してしまうといいましょうかw
クリントン大西 2011/05/14(Sat)18:02:28 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP