忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0818
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010

0427

氷の大陸「アイス・ヘル」を舞台としたセンチュリースープ編、いよいよ最終回!

ここ2週間ほどのスピード展開は、初期のトリコを彷彿とさせる。トリコ達が、ゾンゲ様の案内で「隠し洞窟」を向かっている間、果たしてセツ婆は『美食會』の面々を止められるのか!?



(本編)

「うっふっふ。寒いねぇ~、ここがアイスヘルか。思わず白い息が出てしまうわ・・・」
「“白い息”─────それはつまり・・・体がなまっている証拠では? 節乃さん・・・『美食人間国宝』が、こんな場所に一体何の御用で?」


まずは初手、アルファロが軽く挑発。

そういえば、アルファロはこれまで一度も白い息を吐いていない。「白い息を吐かない=なんか強い」ということか。何故そうなるのかは良く分かりませんが、まぁ・・・なんか気合い的な問題なんだろう。

「うっふっふ、偉そうになったのうアルファロ・・・・ぬしらのボス・・・・あの“暴食バカ”は今も元気かえ?」

セツ婆、美食會のボスと同格。

「・・・・美食會(われわれ)のボスをそのように呼べるのは、世界でも数人でしょう──節乃さん、あなたが美食會(うち)の厨房に入っていただけたら、ボスもさぞやお喜びになると思いますが・・・・」


勧誘キタ!

アルファロ「美食會の寂海王ですが何か?」

しかしセツ婆、あっさりお断り。

「うっふっふ、あいにくあたしゃの扱う食材は、あのバカを求めてはおらん。お客は食材が決める。なぁに・・・あたしゃがここへ来たのは、ただ、トリコたちを迎えに来ただけじゃよ。おぬしらに用はない」



なるほど・・・セツ婆はあくまで中立。


そういう小競り合いは、若い世代同士でやっといて下さいというわけだ。だから、個人的に気に入ったトリコ達をある程度フォローするものの、バトルとかでは手を貸さないと。

「わかったら下手なことを考えず、おとなしく帰るがよい・・・スープを手に入れたのならな」

アルファロ達が、完全に子供扱い。

これは、「スープはその気になれば奪還できるけど、ま、見逃したるわ」と言っているようなものだ。既に空気と化したボギー、バリーはさておき、これにはアルファロさんのプライドが傷つきました。

立ち去るセツ婆を背後から睨みつけ、例の8本腕で皿を構え───

shimainasai.jpg



















セツ婆最強伝説。



【アイス・ヘルにおけるランキング】


小松<ゾンゲ様<(超えられない壁)<マッチ、滝丸<お笑い芸人達<<<トリコ、トミーロッド、鉄平≒2大怪獣<<アルファロ<<(超えられない壁)<<セツ婆


とんでもない格差社会ですね。



セツ婆がじんわり殺気を漂わせただけで、2大怪獣をバラバラにしたアルファロの皿手裏剣、全壊。パリパリッ

先週、「ボギーとバリーぐらいならデコピンで倒せそう」と書いたが、わたしが間違っていました。指一本触れずに倒せるよコレ

「フフ・・・何だ、ちっともなまってはいないじゃないですか・・・行きましょう。相手が悪い・・・」


アルファロもさるもの、格の違いを素直に受け入れ撤退宣言。

「ア・・・アルファロ様!」
「トミーを連れて帰りますよ。あのバァさんがこのスープを欲しがったら、とても守りきれない────急ぎましょう」


トミーはあれからずぅーっと干物のまま伸びていたわけか。普通に考えたら凍死してそうなモンだが・・・・ま、そこは『鬼の生命力』で何とかなるのか(体に4つもデカイ穴空いてるんだけど)。




一方トリコ達は────

はらわたーっ! これホントに出口につながってんのか? なぁ死霊のはらわたよ!?」
「はらわたじゃねー、ゾンゲだゾンゲ!」


相変わらずトリコに名前を覚えて貰えないゾンゲ様だったが、それでも挫けず皆を出口に案内するぞ! 涙ぐましいね!


で、出口。視界に広がる大海原。


「でっ・・・出れたぁあーっ!」

「どうだぁー、オレ様を神を呼べーっ!」
「でかしたぞゴッドゾンビーっ!


脱出の喜びに湧く一行だが、マッチが気づいてはいけないことにさっさと気づく。

「おいおい、ちょっと待て。船がねぇじゃねーか・・・


teppe_jituwa.jpg








すごい言いにくそうに、鉄平が事情をカミングアウト。
ま、船がないのはこの人のせいですからね。

「え・・・何? ってことはオレら・・・帰れねーってことか!?」
「泳いで帰るしかないな・・・バタフライで

また無茶を言う鉄平。しかも、何でわざわざ一番体力消耗しそうな泳法をチョイスするの? ただでさえトリコ片腕ねーのに・・・ケガ人山盛りなのに・・・・。


と、そこへ現れる謎の飛行物体。

limousine_kurage.jpg











内部が住居になっている飛行クラゲ登場。グルメ細胞何でもアリ過ぎる。どういう原理で空飛んでんだコイツは? どういう進化の過程を経れば、こんなんになるんだ?

鉄平「リ・・・“リムジンクラゲ”! まさか・・・!」
セツ婆「おおーい、迎えに来たぞーい!」
「せ・・・っ、
セツ婆ぁあ!」

『リムジンクラゲ』は、階段がついた触手をトリコ達のいる岸壁にのせる(だから、どんな進化の過程を経ればこんなんに・・・・)。

これまで『トリコ』に出てきた全てのグルメ生物の中で、一番謎の存在だ。これに比べたら、「ベーコンの葉」なんてカワイイもんですよ。

「みんなお腹すいとるじゃろ? おいしいごちそうが、たくさんあるぞ」


皆が歓声をあげて階段に向かうも・・・

「ちょっ、ちょっと待てコラぁ! 
誰だあのババアは!?」

美食世界の超有名人を、一人だけ知らないゾンゲ様パネェ。さすが、いつもいつも一人だけ突き抜けております。「グルメID? なんだそりゃ」「アイス・ヘル? なんだそりゃ」<いずれも、この世界の常識。

「す・・・すごーい・・・これ、生きてるんですかね? トリコさん」
「知らん。こんな生き物見たことねーよ。人間界の生物じゃねーかもな


『美食四天王』の中で、もっとも多くの食材を見つけているトリコでさえ知らない生物=グルメ界の生物である公算が大きい。グルメ界って、こんなんゾロゾロ浮かんでんの?

「だいぶ傷を負ったなトリコ。中は温いから、入って休むがいい・・・」



セツ婆に招かれたトリコ一行。さて、定番のごちそうタイム。ここんとこバトル続きで忘れそうになっていたが、『トリコ』は一応グルメマンガです

tori_uma.jpg
















あまりの旨さに涙するトリコ、小松。

てゆうか、なんやかんやでペンギンついて来ちゃったよ、どうすんのコレ? またトリコ家に新たなペットが増えるのか?(現在のペット:テリー、オブサウルス)。

小松は一応「一流グルメホテル」のシェフなので、忙しくて飼えなさそうだしなぁ。つーか、こいつ成長するとめちゃくちゃデカくなりますからね。どっちにせよ小松には飼えない。・・・・・あーいや、一応こいつは「絶滅危惧種」だから、最終的に『再生屋』の鉄平が引き取る感じ、かな?

taki_uma01.jpg






滝丸も勧められたシチューを一口、

takiuma02.jpg










落涙。一体どんな味がするのか。さすが美食人間国宝。


部下の「グルメヤクザ三連星」がなかなか意識を回復せず、心配顔のマッチも・・・

ma_uma01.jpg














ほかも面々も、

danran.jpg













みんな笑顔。


あぁ~・・・・このシーンすごくいい。

セツ婆が、また暖かでいいんだよなぁ。アルファロを殺気で圧倒していた人と同一人物とは思えません。

「あたしゃがショーウィンドーの調査等を依頼した“与作”が出発しとらんと聞いて・・・わざわざこの島を探し、トリコたちを迎えに来てみたら・・・・鉄平、何でおぬしがおるんじゃ


鉄平の師匠の名が判明。その名も与作。
た、確かになんか木こりっぽかったような・・・。

「い・・・いやあの・・・うちの師匠、今大事な食材の再生で手が離せないらしくて・・・代わりにオレが・・・ハハ・・・」


これまた言いにくそうに鉄平。そりゃ、そうだ。セツ婆は与作に依頼したのに、なんか知らんけども弟子が出てきたわけだからね。フツーに信用問題だろうコレ。

美食人間国宝・セツ婆の依頼にさえ優先する食材とは────

akashia_saisei.jpg












いつぞや「世界観解説」でも触れました。そう、“この世の全ての食材を食破した”という伝説の美食屋、美食神アカシア。「与作」は、その歴史上の人物にまつわる食材を“再生”しているらしい。

「トリコおぬしのその腕・・・ひょっとしたら治るやもしれんぞ」
「え、
マジ!?」

腕の再生を考えもしていなかったトリコ。いや、考えるだろ普通。左腕まるまる1本無くなってるんだから、ちょっとは深刻になれ。

life.jpg







滝丸、同行決定(愛丸の為にクスリ持って帰らなきゃ)。

「他にも重傷者がおるし・・・すぐに向かった方がいいかもな」

マッチ、同行決定(三連星を復活させなきゃ)。

「丁度腕の立つ再生屋もおることだしのぅ・・・」
鉄平「えっへっへ」
「───って今笑っとる奴の師匠の事じゃ。その国におる・・・」


zon.jpg









ゾンゲ様、なんとなく同行決定

「その間に小松くんは・・・スープを作る! ・・・そうじゃろ?」
「は・・・はい! 必ず作ってみせます! 本物のセンチュリースープを!



うーむ──────何ともスマートに「癒しの国ライフ編」への動機付けが完了しました(鉄平とゾンゲ様以外)。それぞれのキャラに、向かう目的がある────シリーズとシリーズの間を分断させず、読者の好奇心を維持しつつも無理なく繋げる手管、これは「さすが」と言わざるを得ない。

この流れだと・・・ゾンゲ様は途中で分離、鉄平も「与作」と合流して一時フェイドアウトって感じかな(今のままだとキャラ多いし)。

「よぅし、ではさっそく出発するじょ! あたしゃがこのまま、リムジンクラゲで送ってやるわ!」


ice_end.jpg














どんなクラゲだよ! 「ドン」じゃねーよ、とツッコム間もなく

センチュリースープ編・完!



今週のジャンプは合併号だから、続きは再来週か。

いやぁ~・・・・楽しみだな「ライフ編」。そういや、四天王の「ココ」やら「サニー」がずいぶんご無沙汰だ。そろそろ再登場してくれないと寂しい感じも(でもココって、滝丸とキャラかぶってるしなぁ・・・)。

ご無沙汰、といえばスタージュン様もそうだ。

GTロボでトリコと対決してから、もう随分と経つ。次は、与作が「再生」させた美食神アカシア関連の食材を巡って美食會とバトりそうな気配なので、そろそろ再登場願いたいところ。



最後に、珍しいトリコのMAD動画。今のとこ、コレしかないのが寂しいな。アニメ化したら、きっとうじゃうじゃ増えるんだろうが・・・。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
しね
ああああああああ 2011/07/27(Wed)11:15:05 編集
無題
このデータを今すぐ削除しろ。このデータは、悪質だ。
ああああああああ 2011/07/27(Wed)11:18:17 編集
無題
死ね
うざ 2011/10/09(Sun)16:51:41 編集
無題
生きろ!
クリントン大西 2011/10/10(Mon)16:06:58 編集
無題
生きろ!!
名梨 2013/07/03(Wed)17:22:47 編集
無題
生きろ!!!
2013/08/12(Mon)17:47:47 編集
無題
ハイハイ「ああああああああ」とか言う荒らし野郎は妙な事ほざかないでどっか行こうね。このクズ、カス、ゴミ、クソ!!!
・・・まあ、それでも「ズ・ミジンコ・ギ」よりは遥かにマシな方だけどな。
以下略 2013/08/15(Thu)23:27:31 編集
無題
ああああああああ死ね。
おおおおおおおお 2013/08/23(Fri)15:38:13 編集
無題
アニメ化して悟っただろうなぁ
名梨 2016/01/03(Sun)20:06:25 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
ジンベエザメとクラゲ−癒される映像「海遊館」
大阪天保山にある世界最大級の水族館「海遊館」 大きな地図で見る 一番の見ものは「ジンベエザメ」 大きな体で,水の中をゆったりと泳ぎま...
URL 2010/04/29(Thu)21:22:44
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP