忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

1122
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010

0615

トリコの「フルコース」に、新メニュー追加!



「小松! この“センチュリースープ”! オレの『フルコース』に入れていいか?」(大文字だけ抜き出して読むの禁止)。

というわけで、センチュリースープはトリコの『フルコース』メニューの1つ『スープ』に決定した。連載始まってもう大分になるが・・・・これでようやく3つ目ですよ(ジュエルミートは一時「肉料理」に入りそうだったが、サニーが横取りしたし)。

小松「ウォールペンギンのある物が・・・・スープ最後の具材だったんです」


“ある物”と伏せる気持ちも分かる。だってヨダレだもん。

セツ婆「しょうか・・・しょれはきっと、小松くんのスープのみに合う具材だったんじゃな。あたしゃのスープには、おそらく合わんじゃろう・・・」


なお、小松は「特許」を取らない方針。ウォールペンギンは“絶滅危惧種”なので、特許取得=レシピ公開がなされると、乱獲される危険があるわけだ。小松なりに、色々気を遣っています。これで『小松連れ去られフラグ』も無事キープ!

mamorimasu.jpg







「トリコさん(中略)ボクが大切に守ります!」

滝丸「なんだか・・・不思議な気分です・・・」
マッチ「トリコの『フルコース』の一つ・・・その決定の瞬間に立ち会えるとはな・・・」


旅先の縁で一緒になった2人も、感慨無量。

トリコ「オードブル(前菜)の“BBコーン”でテンション上がった胃袋の期待に、いきなり応えてくれそうだ・・・」



『フルコース』は、それぞれのおいしさもさることながら、“組み合わせ”も大切だ。その点、BB(ブルー・ブラッド)コーンの食欲増進効果が出たところで、幾多もの具材の旨味が凝縮されたセンチュリースープ───という繋ぎは、かなり良さそう。想像するだに腹が減る。

kanse_soup.jpg

















【レストランのメニューには伝説のスープの名が輝き、店には世界中から連日予約が殺到した・・・。小松の手柄により、『HOTEL GOURMET』は五ツ星から・・・六ツ星のホテルへとランクアップしたそうだ・・・】

あ、この世界のレストランは「星十個」まであるので。


美食世界のカリスマであるトリコの『相棒』として、遜色のないロケット出世を果たした小松。読者的には、いつ美食會から勧誘の王子様が襲来するかドキドキなんですが・・・。



犯罪都市「ネルグ」に戻ったマッチ達が向かう先は、子供達がいるスラム街。

「あっ、帰って来た!」
「マッチのおじちゃんたち!」


マッチ「オレはまだ20代だ・・・」

match_nerugu.jpg

















全身傷だらけの足長おじさん、すげー嬉しそう。

いやー、良かった・・・・グルメヤクザ全員生還できて本当に良かったフラグが立った時には、もうどうしようかと思ったもんですよ。いや、実際3人は一度死んでるんだけどね。

小松「今ごろ・・・子供たち喜んでますかね?」
トリコ「そりゃあ喜んでるだろぉ。今や世界の要人たちも予約待ちのスープを、真っ先に飲めてるんだから」


そんな2人は、久々登場の『美食鉄道』に乗り、どこかへ向けて旅の途中─────って小松、予約待ちの「世界の要人」ほったらかして、そんなフリーダム許されるのか!?


「滝丸さん・・・病気を治したいって言ってた方は、どうなったんでしょうか・・・」
「『グルメ騎士』のリーダー“愛丸”・・・病気だったのはそいつさ・・・。オレも古い仲だ・・・」


グルメ時代には、“食肉主義”“菜食主義”“海産主義”“食蟲(しょくちゅう)主義”───様々な偏食家・教えが存在するが、その中でも愛丸はとびきり特異な“病食主義”の人間。

「まぁ主義って言うと言いすぎかもしれんが・・・。愛丸は病原菌やウイルスなどを食っちまう特異な体質の持ち主・・・・。病気の原因(もと)を食って、そのまま病気を治しちまう奴なのさ」


さすがグルメ騎士のリーダー、無茶苦茶な力を持っている。

当然、子供の頃「呪われた」滝丸を、その特異な力で救ったのは愛丸(左目に少し残ってしまったが、命の危険は回避)。まさに命の恩人だ。────てか、その取り込んだ『病気』を自由に操れるとかだったら、毒人間ココに並ぶ、立派な歩くバイオハザード

「ところが長年、病原菌やウイルスを食べ続けた愛丸の体に蓄積された毒に───ついに今回、愛丸自身が冒されちまったってワケだ・・・」
「・・・・・でも・・・癒しの薬で治ったんです・・・よね?」
「完璧に治ったかどうかはわからん・・・。薬を飲むことも渋ってたみたいだし・・・・」


回想では、滝丸がやっとの思いで持ってきた薬を、頑固に拒否する愛丸の姿。「グルメ教の教え」に反しない、天然の薬ですよーと言っても死ぬ気満々

「オレの命はここまでなのさ・・・。自然のままに・・・命は委ねる・・・(キリッ」


───まぁでもあの薬、うっかりドクター与作がくれたもんだからなぁ。うっかり天然じゃなかったりするかも知れんが。

そんな空気を読まないリーダー愛丸も、トリコからの“伝言”を聞いた瞬間、いきなり心変わり!

aimaru_hukkatu.jpg
















ちょっと滝丸がカワイソウになった(涙)

「もう死ぬぉ」言ってた愛丸を心変わりさせた、その伝言とは!?

「“美食神アカシア”の『フルコース』のメイン! “GOD”がここ数年中に現れるという情報を教えてやっただけさ・・・!」
「ご・・・GODぉお! ほ・・・本当ですかそれー!? てかGODって本当に実在したんですかー!?


まぁ、500年も前の歴史上の人物が、世界戦争を終わらせた食材=GODだものな。常識的に考えれば、お伽話か何かと思うだろう。実在を疑うのも無理はない。

「そーゆーウワサがあるってだけだよ・・・」
「何だ噂か・・・」


しかもこのウワサ、美食會経由。あまつさえ伝えたのは副料理長グリンパーチ。ウサンクセーことこの上なし。

shobuu.jpg














若き日のトリコとの約束を思い出し、愛丸が奮起したのか?



一方“癒しの国ライフ”では、サニーが与作にブッ倒されていたどうも『アース』の情報を得るべく、サニーが実力行使に出て返り討ち喰らったっぽい。

「がっはっは、なかなか強いな! ワシに血を流させるとは・・・さすが四天王サニー! だが、その程度の実力じゃあまだ・・・・『グルメ界』へは入れんぞ!
「・・・・“アース”は・・・『グルメ界』にあるんだよな?」


驚きの事実が2つ。

1:美食神アカシアのデザート『アース』はグルメ界に存在する。
2:それを“再生”チャレンジ中の与作は、グルメ界に入った事がある。

すっかりおとぼけオヤジのキャラが定着した与作だが、実は「グルメ界入り」できる程の実力者。つまり、現時点でスタージュン様より確実に強いわけだ。その与作がビビリまくるセツ婆ってどんだけだよ

そんな与作に、曲がりなりにも出血させたサニーもかなり強くなってる。さすが、「実はリーダーのトリコ差し置いて、四天王最強じゃね?」と一部で囁かれるだけの事はあります。

yarutkiwa.jpg














時たま格好いいサニー。やる時はやる夫くん!

「約束しよう! ワシは・・・ルールは破るが・・・約束は守る男だ・・・・!」


いやアンタ、セツ婆の依頼思いっきりブッチしてなかったか?



そこへ現れたのが、全開にやけ顔のトリコと小松。

「完成したセンチュリースープ持って来たぞーっ! オレら先に少し飲んじまったけどなー! 電車で」
「な・・・なんだそのお下劣な顔面わーっ!」


atozenbukimo.jpg












案の定、サニーはスープを拒否。己の美に生きるナルシスト・サニーにとって、センチュリースープの副作用はとても受け入れられるものではなかった模様。そのワリには結構変顔かましてるんですけどね、こいつ。



そんなわけで─────今度こそ完全に完璧にセンチュリースープ編、完! いやぁ~・・・・・・・無かったですね『美食會』の襲撃。次回への“引き”もほどほどに、本当キレーに完結しちゃった感じだ。


次回は、連載100回記念巻頭カラー! 予告書きを信じるならば、トリコの家でオールスター大暴れ! とか。・・・・ああ、100回記念のイベント越えてから、仕切り直しで「次」へ進む腹積もりかな?



来週こそココ再登場を願って!
(たいがい放置されているので・・・)





【おまけ】


今回はトリコ絵をpixivからテキトーにさらってきた。



小松の包丁を一目見て一流の料理人であると見抜いたスタージュン様はさておき、残りの2人は・・・・・料理できる以前に、料理する気があるのかさえ




ま、だいたいこういう扱いですな。このお方は。




メダカボックス終わりそうだけどね。




妖怪軍団、美食會。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
>リンがヒロインになれない理由がこの一コマで分かる

わかんねえぇぇぇえ!
2010/07/12(Mon)16:54:09 編集
つまりアレですよ
「恋の駆け引きはシーソーゲーム」とケロロ軍曹に出てきた執事の人も言っていたように、リンの如くひたすら突進攻撃というのは非常によろしくなく、もうちょい肉食度を軽減させると良いかもなぁ、というような感じです。
クリントン大西 2010/07/12(Mon)22:27:57 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP