忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0922
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009

0422
20:59

オジサンが週刊少年ジャンプを読んではならない、なんて法律はないので、遠慮なく先週も今週も読む。・・・ま、読むマンガ数えるほどしかないので、基本コンビニで立ち読みですが(3作しか読んでない雑誌を買うってのも、ちょっと・・・・さすがにどうも・・・・)。

一時期は、本気で『銀魂』しか読んでいなかったわたしであるが、最近はONE-PIECEが再び超面白くなってきたので、そっちも読んでいる。NARUTOはチラッと読んだらいつも通り戦っていた(きっと来年も同じ感じだろう)。BLEACHはチラッと読んだらいつも通り間延びして戦っていた(剣八が出てきたらまた読む)。ネウロは知らない間に最終回。噂によると、『バクマン』とか『ぬらりひょんの娘』なんてのが面白いらしいが・・・・うーん、まだ手つかず。『Dグレ』も知らない間に復活していたが、もう何年も読んでいないので何が何やら(千年伯爵はどこに?)。

そんな中で昨年、久々に何ともジャンプらしい少年漫画『トリコ』は始まった。

いやぁ、こんなにテンポの良い少年漫画ってのは本当に久しぶり。「盛り上げどころ」をしっかり毎週捕まえてくるし、伏線も、ヘタな本格ミステリ小説よりよほど緻密だ。破天荒なファンタジー設定と思わせ、随所にマニアックな科学知識を散りばめていたり、世界観構造がやけに具体的かつ詳細であったりと、演出の芸が細かい。何より、もはや現代少年漫画では不可能とさえ言われていた美少女萌え要素絶無男だらけの少年漫画を、この21世紀に実現!(名前のついた女性キャラ、通算でたった一人)。 

──────もっとも、娯楽に『萌え』は必須であるので、やはり当作品にも萌えキャラは多数取りそろえられている。

teri.jpg














「テリー萌え」

『トリコ』における真ヒロインことバトルウルフの仔、テリークロス。トリコファンなら「正統ヒロイン=テリー」説に何ら異論を挟まないだろう(リン? 誰ですかソレ)。



e0b22038.jpg














「おしり虫萌え」


一部で絶大な人気を誇る、美食會のマスコットキャラ(という脳内設定)・おしり虫。「キモカワ」キャラの極致。ピカチュウに勝てるのはお前しかいない! ・・・ま、もっとも登場後わずか2ページでスタージュン様に瞬殺されちゃうのだが。

oshir02.jpg











お、おしり虫ィイイイ~ッ!!



sutajun01.jpg















「スタージュン様萌え」

思わず『様づけ』で呼んでしまう、敵組織の副ボス。「圧倒的な強さ」、「特徴的な仕草」、「部下の名前をあまりよく覚えていない」、「なんかスター錦野みたい」など、敵ながら魅力満載。ここではその魅力の一部を紹介しよう。

sutajun02.jpg

















スタージュン様の超・空気イス

こんな威圧感のある空気イスははじめて見ました。


・・・・ほら、こんなに萌えキャラ満載だ!

21:53

本日はビジュアル系日記?(絵が多い)。



こういう脳に来る系の動画、昔M木氏がめっちゃ集めてたのを思い出す。そして飲み会後半、皆が朦朧となったあたりで上映会開始。そりゃ精神もねじ曲がりますよね。



夜はぁ~自己嫌悪でいそがしぃい~
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
はじめまして
行き成りですいませんがぬらりひょんの娘じゃなくて
「孫」ですよ
はるりゅ 2011/06/03(Fri)19:40:24 編集
無題
このころは、タイトルを間違えるほどに曖昧な印象でした(苦笑)
クリントン大西 2011/06/04(Sat)05:07:30 編集
無題
それって嫌味ですか?
こんちゃー 2011/06/20(Mon)15:08:47 編集
無題
いえいえ、そのままの意味です。このころは、まだジャンプ殆どチェックしていなかったですからね。再び読み出したのも、結構最近なのです。
クリントン大西 2011/06/20(Mon)19:08:37 編集
無題
今見ると親バトルウルフの脅威がわかりますねぇ。
大きさもよく見ればトリコより大きいシルバーバックよりも遥かに大きいし、デビル大蛇にやった両腕噛み千切りはニトロや一龍の同時噛みと同じ、しかも激しく消耗した上で。さらに良く見れば噛み千切りじゃなくて粉々にしてるんですねぇ。
現在のトリコでも勝てるかどうか…
うぃ 2011/10/20(Thu)14:56:17 編集
ウルフ
いきなり捕獲レベル測定不能ですもんねw
あの母ウルフは、種族の中でも特に強かったっぽい個体のクローンですから、やはり余裕でグルメ界水準以上の実力と見て良いでしょう。
クリントン大西 2011/10/20(Thu)16:36:11 編集
無題
ここで言うのもなんですが、王陸鮫でけぇ!(星ジュン様がグルメ界にもバトルウルフの群れがいる云々の話をしたところ)
上で言った大きい成体のバトルウルフがまるでゴミのようだ
うぃ 2011/12/25(Sun)20:05:34 編集
無題
王陸鮫、さすがグルメ界でも屈指の猛獣と推定されるだけのことはありますね。見るからに強そうですし。
クリントン大西 2011/12/26(Mon)04:52:23 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP