忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0430
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012

0529
・過去の胎界主特集

胎界主(前編) 胎界主(後編)  

「死の神獣レイス」特集その1  「死の神獣レイス」特集その2  



胎界主「死の神獣レイス」特集、最後はやっぱりこの人!


デカ【▼皿▼】トンッ




イエーイ、不死身の男だデカトン先生!

ルーサー「はぁぁ? そんなんどうやって倒すねん? 失恋させて自殺にでも追い込むんか?」

ルーサーお前天才か。



不死身に加え、相手を指さしただけで殺せる。まさに死の神獣。
デカトンさんマジぱねぇ、マジかっけー。
「認めぬっ認めぬっ」


・・・・ま、まぁ死の神獣のあいだでは、わりとこんな扱いなのですが。



けっこう素直ww



せ、先生・・・・・(´;ω;`)ブワッ



基本、お笑い要員ぐげぇ



そして、なかなかに演技派。ゴア~やられたぁ~
あと、さりげにレムレスをディスることも忘れないw



座り方が可愛すぎて萌え死ぬ勢い。




泣かれるとなんか気まずい。近所のガキ大将か。



ソロモンおじいちゃんとのコント対決は必見!


まだ未読という人は、次の土日あたりにでも『胎界主』要チェックや!

PR

2012

0527

・過去の胎界主特集

胎界主(前編) 胎界主(後編)  

「死の神獣レイス」特集その1  



ハイ、では2回目。

では前の記事でもチラ登場したワイト四天王(笑)でも紹介してみますかな。



まず「コツ」。
特徴:なんか顔が横。



紅一点、「ネホ」。



特徴:お乳が大きい。



三人目「ボン」。
特徴:やたら親切。

敵であるアスちんに、わざわざビームの撃ち方を教えてあげたりする。
・・・・ま、まぁアスちん飲み込み悪いのであまり意味なかったんだけども。



挙げ句、ネホたんにディスられる始末(泣)
「阿呆だもん」って・・・・



ワイト四天王のリーダー格「スペリブ」。

ボン、コツ、ネホ=骨
スペリブ=スペアリブ=骨付き肉

ちょっと肉がついてる分だけ、スペリブの方が偉いって寸法ですな! 何かと落ち着きがないワイト陣営にあっても、一人沈着冷静─────



スペリブ凋落の瞬間。

「ピコッ」はいかんだろ「ピコッ」は。



「順番なんてじゃんけんで決めようよぉ」

おめーら全員手首ねーからね。

これぞワイトジョーク。レイスジョークの親戚みたいなものか。

いや何で無いのから不明だが、彼らは全員「ファントム」というレイスに属するワイトであり、また以前出てきたファントム陣営のスペクターもやっぱり手首なかったので、恐らく“躰化”による変化であるように予想される。その代わりに武器が生えるようになるとか、ファントムどんだけ好戦的なんだよ(苦笑)



「そんなものは必然レベルで当たりませんよぉ~?」

このセリフ、なんか好き。

稀男の「マナ」は、偶然を必然に変えることはできても、必然を偶然に変えることはできない。つまり、銃弾の当たる可能性が僅かにでもあればそれを「必ず当たる(必然)」にできるけども、必然レベルで弾丸避けるようなフリークス相手に、「偶然」弾を当てることはできないって話。

・・・このシーン、親方じゃなくハンバーグ先生だったら全滅してたよね(笑)



ま、しかし色々愉快なワイト達もしょせんは前座。

次回(特集最終回)は、いよいよ真の胎界主にご登場頂こう。



ラストは、オールデカ【▼皿▼】トンッ

2012

0526

・過去の胎界主特集

胎界主(前編) 胎界主(後編)



ハーイ、ついにこのエピソード限定で特集することになりますた(笑)

Webコミックス『胎界主』はじまって以来の傑作と評判高いこの『死の神獣レイス』、その魅力のほんの一部をかいつまんでお届けしようというのが、この記事の目的。

この話では、タイトルにもある通り「死の神獣レイス」にスポットが当てられる。

「死の神獣ってなぁに?」
「亡者、アンデッド軍団の親玉みたいな感じ」


『胎界主』では、ゾンビとかグール、ヴァンパイアみたいな「死んでる系の怪物」を総称し、『骸者(むくろもの)と呼んでいる。※詳しくはコチラをご覧あれ。

ついでにいえば、この世界では「悪魔」、「ロックヘイムの管理者リョース」、そして「骸者」の3勢力が争い合い、三竦みの状態になっている。・・・・・で骸者としては、悪魔やリョースを出し抜いて、世界を掌中に収めたい的な野心があるのだな。



左、「レイス」のデュラハン(ポーカーフェイス)。
右、「ヴァンパイア(真祖)」のレイミア様(おっぱい)。

どっちも『死』に属する神獣。

神獣は『司神』から生まれた者達で要するにメチャクチャ強い訳だが、「たましい」を持たない為、望む未来を創り出す為に人間の力────「胎界主」の力が必要。そこで、例の不気味な救世主気取り、胎界主ピュアを利用している(ピュアも骸者たちを利用している)。



相変わらず絶好調で不気味なピュアたま。



対するソロモンおじいちゃん、先読み甘過ぎワロタ(泣

もうすっかり顔芸萌え萌え要員になっちゃいましたが、えー・・・・・・こんなんでも一応元・世界の支配者らしいですよ?

骸者は、神獣を除けばほぼ全て「元人間」

ゆえに、こんな悲劇も・・・・



ルーサー子供時代の恩人、大武さん。

大武「ルーサー、お前・・・・子供時代から顔変わってないの?」
ルーサー「大武さんこそ、そのセリフ死亡フラグやで・・・・」



死亡フラグどころか骸者フラグでした。

ちなみに、大武さんがなったのは『レイス』の眷属である『スペクター』。ヴァンパイアとかと違い特にメリットがなさそうな悲しい“躰化”と評判だが(笑)、逆に際だった弱点もなさそう。プラマイゼロでドンマイポジション。



中盤を盛り上げてくれるのが、この四天王(笑)。もちろん彼らも『レイス』に連なる骸者だが、これは『スペクター』ではなく『ワイト』。ちょっとだけ偉い感じ。全員「胎界主」だし。

まぁナンですよ。

このエピソード最大の見所は、なんといってもソロモンおじいちゃんが連載始まって以来というぐらいの勢いで追いつめられるところでしょうか(笑)。



以前の威風はすっかり消滅w(同じセリフなのに・・・・・)



マキシマム我慢!



ここまで来るともう笑いが涙が止まらない!マグッ マグッ



というわけで一回目終了。次回は・・・・・・・そうだな・・・・・・例の『四天王(笑)』とみんなのアイドル・デカトン先生にスポットを当ててみよう!

2012

0109
21:43

2004koofyaki.jpg















2004年夏、高知オフ会のときの写真。焼き肉。

こうしてみると、結構大量の炭を使っていてゼータク極まりないね(炭壺もないから、当然使い捨て)。そして野菜がタマネギばかり。肉オンリーこそ男の焼き肉よぉ!(女性もいたけどな)。



今日は成人の日。新成人の皆さんは最寄りの会館に赴いて市長にケンカ売ったりしてきたのでしょうが、わたしは1日めっちゃダラダラしてました。つうか寝てました。寝過ぎて頭いたい。

大根の葉と白ネギの青い部分、あと白菜の千切りを浅漬けにしてみたところ、非常にウマイものができた。偶然にして、絶妙の組み合わせを発見したか。白ネギっていうのがミソっぽい。



今ごろまた『奇面組』づいている。アニメの方は(OP、EDだけとはいえ)十数年ぶりに観た。いかにも80年代だなぁーって感じだが、出来自体はとても良い。

ハイスクール奇面組は、大昔にジャンプでやってたマンガである。要するに、キン肉マンとか北斗の拳、Dr.スランプがやってた時代の作品。

アニメ化に際しては、AKB48の元祖的存在「おニャン子クラブ」なる群体系アイドルグループとタイアップしていた。

そのせいかどうなのか、当時このアニメは爆発的人気を博したのだが、改めて調べてみるに、放送期間はたった2年と短い。「おニャン子」の賞味期限切れに合わせたのかな。

なお、この「奇面組」には、『北斗の拳』のパロディ、「北殿軒 戻樹(ほくとのけん もどき)」というかなり思い切ったキャラが出てくる。

modoki.jpg













決め台詞「わたしはもう死んでいる」

「北斗の拳」側の承認を得て堂々と出している訳だが、この時バーター取引で、奇面組側のキャラも北斗の拳に流れていた事を最近知った。

ichidorei.jpg

























「南斗水鳥拳のレイは、奇面組の主人公・一堂 零の派生キャラだったんだよ!」
「な、なんだってぇーッ!??」

当時、レイに涙した人達にとっては衝撃的どころじゃないショッキングな事実ですたい。零=レイで、もう共通点名前だけって感じだけども。


(おまけ)



ファン心をくすぐるキャラチョイス。主要キャラは裏返りモードあり。
 
 
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP