忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0323
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009

1223
7:11

Twitterでフォローさせて戴いている「すみやき」さんが、昨日びっくりすることを書いていた。

giboshi.gif









nanndatte.jpg












※【擬宝珠 纏(ぎぼし・まとい)】

こち亀に出てくる女性キャラ。実家は東京神田にある寿司屋。江戸っ子。


いや、何にびっくりしたかって─────「当時、小学生」ってあたり。すみやきさんは現役大学生・・・・・そして、わたしの認識では「纏=わりと新しいキャラ」だったからだ。

しかし言われてみれば・・・・・・このキャラも、出てからだいぶんと経つ。よくよく調べてみると、平成11年初登場───む、もう10年になるのか。もはやベテランキャラの部類だ。

以前にも何度か書いた通り、オールド・こち亀ファンほど「100巻以後のこち亀」「寿司屋編以後のこち亀」を嫌う傾向が見られる。・・・・・というか、よくよく話を聞いてみると、そういう連中はそもそも「新作」を殆ど読んでいない。ただ単に、「こち亀で恋愛もどきをやるなどケシカラン」とか、「永遠の非モテ男、両さんにモテ期が到来するってのも如何なものか」─────みたいなアレルギーだ。たいへん勿体ない話。

喧嘩商売』の作者、木多康昭などその代表。



(あらすじ)

こち亀30周年記念本、『超こち亀』には多数の漫画家が寄稿したが、元ジャンプ連載作家であった木多康昭には、既にそれ用の原稿を描いていたにも拘わらず、お声がかからなかった。

soreyou.jpg













『それ用』の原稿。
・・・載らなくて良かったような気もする(ホント、恐いモノ知らずだぜ)。

元担当『木多君、秋本先生のために、ちょっと描いてあげてもらえないかな?』 木多『え~、今の連載で忙しいんでぇ~』 元担当『そこをなんとか頼むよ』 木多『まあ秋本先生のためなら仕方ないか・・・・・』────と、一度渋って承諾してやるぜって思ってたのにヘイシ殺す

kita01.jpg


















描いてるヤツら、本当は鳥山明の方が好きなくせによ!

kita02.jpg




















「寿司屋とかが出てきてからもふくめてか?」 ─────ピタッ

100kan.jpg


















「昔のこち亀は良かった。今はちょっと・・・・」というわけだ。


木多先生には大変申し訳ないが、わたしは「寿司屋とかが出てきてからも含めて」好きだ。100巻以後、確かに『こち亀』は何を思ったのかという勢いで新ヒロインが登場─────雨後の竹の子といった風情でにょきにょき登場した。ぶっちゃけたところを言えば、確かに早矢などはビミョーかも知れん

しかし、擬宝珠家の面々はなかなかの成功ケースだと思うし、「纏」もヒロイン枠として手堅い位置を占めたと考える。

「こち亀」のヒロインは、おおよそ麗子の発展形だ。

【麗子のベース要素】

・とりあえず才媛。
・実家が凄いことになってる(麗子の場合は「大金持ち」)。
・何かと暴走しがちな両さんを武力で制圧できる。

マリアも早矢も纏も、「これ」を基本に押さえている。特に必須条件は「戦闘力があること」で、事実、こち亀に出てくる女性キャラは(一部の例外を除き)みんな強い。

yamekan.jpg
















こんな感じ。

それを踏まえた上で、纏の場合「江戸っ子」という属性がつく。マリアや早矢は、両さんとのギャップを狙ったデザインだが、それ故ナチュラルに噛み合わず、難しい側面があった。でも、纏にはそうした『無理』が少ない。コンビで回しても、自然に「かけあい」ができるのだ。

『こち亀』はあくまでギャグマンガだから、その意味でも理想的なヒロイン役と言えるだろう。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP