忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

1216
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010

0831
17:14

雑記なんだから、雑多な話でいいか。

きうりさんが『グラップラー刃牙・ベストバウト』というのを書いておられたので、わたしは『バキ』のそれを挙げてみたい。

死刑囚編で熱いのは、まず花山 vs スペック

それ以後に活躍する死刑囚達がかなりインチキくせー事を考えると、スペックは普通に正統派戦士だった。途中で拳銃とか使い出すけど、あれはあれでOK。明らかに負けているのに「負けてない!」とか駄々こねなきゃ何でもいい。

独歩とドリアンの決戦(9巻)も良かった。その後の爆弾がなきゃもっと良かった。公平に見て、死刑囚5人のうちドリアンが一番強かったしね。

死刑囚ランキング:ドリアン>スペック>柳>ドイル>>>シコル


あとは・・・・「死刑囚編」では特にないです。

ドイルはギミックがなきゃ紐切りの人にさえ圧倒されるヘタレであるが、空手界のリーサルウェポン(笑)愚地克巳と友情が芽生えたので良しとする。

救いがないのは、登場するたび加速的にヘタれていった柳(過去に渋川先生に勝ったとか絶対ウソ)────そして、徹頭徹尾いいとこナシの超噛ませ・シコルの旦那か。

hushushiko.jpg










噂の最弱死刑囚・シコルスキーくん。負けがこみ過ぎて、人語を忘れてしまった。ふしゅる、ふしゅ。

柳は堕ちるところまで堕ちて、万年解説役の本部(もとべ)にすら負ける始末だし、シコってる人に至っては・・・・・「バキにやられる」>「オリバに一撃でやられる」>「またバキにコテンパンにやられる」>「ジャックに遊ばれる」>「ガイアにさえ完封される」──────光ってたのは、アントニオの人達相手に粋がっていたところまで。ひ、悲惨過ぎる・・・・!


続き、「中国編」の注目勝負といえば・・・・『オリバ vs 龍 書文』がなにげに熱かった。「競うな! 持ち味を活かせ!」

あとは無論、範馬勇次郎 vs 郭 海皇。というか、この2大対決が『バキ』におけるクライマックスといっても過言ではないだろう。消力(シャオリー)ですよシャオリー。あのマッハ突き並に納得のいかねー超武術理論

arierunattokudekiru.jpg















無理です。


まぁカッコ良きゃ何でもいいんですよ。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
死刑囚編は、後になって思い返してみると、作者は一体何が描きたかったのかよく分からないですね。ルール無用の空間でレギュラーキャラを大暴れさせたかっただけなのかも知れませんが、全体的には失敗していると思います。

でも確かに、死刑囚編の名シーンはクリントンさんの挙げている2つに尽きると思います。個人的には、渋川先生とバキが一瞬だけ最強タッグを組んだ時もゾクゾクしました。渋川先生は、よく考えてみると最大トーナメント以後は意外なほど活躍の場がない人ですよね。

『バキ』は、全体的に見て、ストーリーよりも台詞の印象が強いかも。特に烈さん、名台詞が多すぎ(笑)復ッ活とか一向に構わん! とか問題ない! とか。
きうり URL 2010/08/31(Tue)21:11:57 編集
いえいえ、死刑囚編は
死刑囚編も、ピクル編に比べたらまったくノーストレスですよ!(笑)

スペック以後は、ちょっとルール無用過ぎてアレでした。一度敗北を認めてから「実は認めてませんでした!」とかいうので、かなり白けてしまった感があります。

渋川先生は、あの噛ませの柳に一度不覚を取ったという時点で、少々株を下げてしまったきらいはあります。オリバには強いのでsが・・・。

ツンデレ中国人は、今もなお謎の活躍+台詞道を邁進中ですぞ。
クリントン大西 2010/09/01(Wed)05:04:18 編集
無題
やっぱりドリアンとスペックが、見た目性格戦い皆々に個性があって、面白かったですよね。
他の3人がどうしようもなかっただけに、2人の早々な戦線利離脱は、残念と言う他ないです。
いー URL 2010/09/01(Wed)17:36:50 編集
やはりあの2人ですね
スペック、ドリアンはなんというか、普通に強かったですからね。恐らく、途中で作者が飽きてきてしまったのが最大のアレかなと(苦笑)

思えば、オリバとか唐突に出してきた辺りから、死刑囚達の頭上に暗雲がたちこめたような気がします。
クリントン大西 2010/09/01(Wed)17:41:29 編集
死刑囚編の頂点は花山vsスペックでした
 最初死刑囚達が初登場したとき、最低でもジャック・ハンマークラスでないと歯が立たないと思っていました。
 実際、あのガーレンや渋川先生を叩きのめした時点では死刑囚達は強かったのではないでしょうか。
 それが、花山vsスペックの究極の殴り合い以降まるでジェットコースターを滑るかの如くの急降下振り・・・あの有様は期待していた分ショックでした。
 死刑囚達はそれぞれ面白いキャラでしたし、彼らをもっと掘り下げて動かしきる(特にスペック以外)の努力をしていれば・・・・読者の予想を裏切ることばかりを考えた結果迷走してしまった感じですね。
 
隆明 2010/12/31(Fri)22:56:00 編集
無題
死刑囚編はほんと、最初だけ凄く盛り上がりました。スペックはその意味で、いい仕事をしたと思っています。ケチのつき始めはやはりシコルスキーであり、もっというと最強生物絡まちゃラメ~! てなところでしょうか(笑)

今のバキも殆ど惰性でやっているような始末ですけども、ここでいきなり思い出したかのように死刑囚(の残党)が出てきても面白いかも知れません。というわけで、あけましておめでとうございます。
クリントン大西 2011/01/01(Sat)00:00:41 編集
あのときの輝きをもう一度
 板垣先生の死刑囚達の初期の構想では間違いなくジャック・ハンマーレベルに強かったはずです。 あの渋川先生の左目を奪った柳やガーレンを赤子の手を捻るかの如く叩き潰したシコルスキーが本部やガイアに負けるなんてあり得ない・・・
 まあ板垣先生のキャラクター使い潰しは今に始まった事ではないんですけどね。
 天内にしても範海王にしても・・・
実は範海王が勇次郎の息子でパワーアップした天内や死刑囚を再登場させて第二回最大トーナメントでも開けば人気が再燃するかも
・・・。
 自分はバキに今一度盛り上がってほしいんですよ。 バキがなければトリコも生まれて
いなかったでしょうし。
隆明 2011/01/05(Wed)22:01:23 編集
キャラ潰しの板垣
天内やガーレンはまだそれなりに見せ場があったから良いとしても、範海王とか海皇の息子なんてヒド過ぎましたからね(苦笑)。彼らのことを思えば、むしろシコルスキーも頑張った方という気になってきます。

バキで最後の期待を寄せたいのは、やはり今から始まりそうで始まらない第2回最大トーナメントですね。個人的には「隻腕というオリジナル」に大活躍して欲しいです。
クリントン大西 2011/01/06(Thu)01:50:15 編集
烈と克己は武術家として再起できるのか
 右足に右腕・・・命ともいうべき宝をピクルに喰われたのは痛かったですよねえ・・・
 でもパラレンピックで頑張っている人達を見ていると烈も克己もまだやれるんだとも思ってしまいます。
 それに引き換え父独歩の老害は酷くなる一方ですね・・・
 素人のヤンキーを挑発して先に手を出させるように仕向けていましたけど、仮にも神心
会の総帥という立場にいるにもかかわらず素人相手に喧嘩を売り叩きのめしたところで何の強さの証明になるのでしょうか。
 立ち合いたいのであれば渋川先生の道場に行けばいくらでも対戦相手がいるではありませんか・・・なぜ素人をターゲットにしているのかがわからない。
 そもそも烈と克己があそこまでやられたのになぜ神心会の総帥の立場にいるお前が仇をとらないんだと。
 これがかつて勇次郎と名勝負を演じた武神と同一人物とはとても思えない・・・
 ある意味空手を終わらせてしまったような気がします。
隆明 2011/01/06(Thu)23:35:32 編集
迷走が
あらゆる場面で迷走が続く近年のバキでありますが、まぁガングロ中国人はさておき、克己はまだまだイケるんじゃないでしょうか。烈は片足になって確実に劣化したように思われますが、克己は逆に前より強くなったような雰囲気がありますからね。
クリントン大西 2011/01/07(Fri)04:54:54 編集
ドリアン
今日ドリアンを待ち受けにしてると母が「おどろおどろした物見せるな。」と言いました。バキキャラの顔や肉体の描写が嫌いという人は少なからずいるようで。死刑囚編はなかなか楽しかった。やはり花山対スペック!パワータイプのぶつかり合いは見てるとすごい迫力ですよね。柳とシコルが最後だいぶいじめられてましたが。(笑)2人ともオーガと接触したという共通点ありますが、やっぱオーガ関わるとロクなことないですな。
ババリア 2011/05/26(Thu)01:57:04 編集
無題
確かに「おどろおどろしい」かもですw いきなり携帯画面にアレが出てきたら驚きますよ。

テカテカした筋肉オバケばかり出てくる作品ですからね───好き嫌いが激しく分かれると思います。最近はすっかり引き延ばし作戦が板についてしまいましたが、スペックあたりの戦闘は実に見応えがありました。シコルの旦那は、死神娘KODUEを誘拐してしまったあたりがケチのつき始めかなとw
クリントン大西 2011/05/26(Thu)05:35:40 編集
バキでまさかの!
今週号のバキでまさか虎王がでるとは!
私は餓狼伝はあまり読んだことないんですが、読みたくなりました。
ババリア 2011/11/25(Fri)19:47:20 編集
無題
あら、今そんなことになっていたんですねバキ。……虎王って、本当に久々に聞きましたw
クリントン大西 2011/11/26(Sat)06:47:31 編集
無題
今勇次郎戦の観戦に独歩、ピクル、オリバさんがきてます。私は加藤来ると思いますが、大西さんは誰がくると思いますか?
ババリア 2011/12/09(Fri)21:35:50 編集
無題
個人的には克巳に来て貰いたいですよね。克巳の成長は、実り少なきピクル編での、唯一の収穫と思っていますから!
クリントン大西 2011/12/10(Sat)04:45:03 編集
バキレビューやってるサイト
私はバキレビューははんぺらさんとこととらさんがやってるだったらイケるぜ!というサイトを見てます。
やはり人によって見方は変わるようで、神の子激突編の独歩戦二回目などは意見われてました。
私は「怪我してるから今日は無理とか言う前に、わかりやすすぎる行動パターンなんとかしろ」と思いました。
ババリア 2012/02/22(Wed)22:29:44 編集
無題
>神の子激突編
あー・・・・
あれも、ある意味ピクル編に勝とも劣らぬ悲惨なシリーズでしたね・・・・(苦笑) キャラ的に、みんながみんな格を落とし、しかもジュニアは株価上場廃止するという、まさに誰得展開でした。
クリントン大西 2012/02/23(Thu)18:44:06 編集
無題
今オヤジと対決中ですが、なんというかって感じです。
ババリア 2012/03/28(Wed)22:47:50 編集
無題
バキは色々と引っぱりすぎましたね。
クリントン大西 2012/03/29(Thu)05:59:11 編集
無題
現在の板垣先生は伏線が無意味になってますよね。
あと最終決戦なのに観戦してるレギュラー少なすぎる。
「バキ」のラストのシャドーオーガとの戦いの方が多いですよね?
ババリア 2012/04/11(Wed)21:15:38 編集
無題
バキはもう単行本で追いかけています。さすがに週間でチェックするのがしんどい漫画になってしまったので・・・(泣)
クリントン大西 2012/04/12(Thu)19:41:14 編集
終わり
バキ終わりましたね。グダグダ展開で終わってしまった感がすごいです。
ジャック兄さんかわいそうすぎます。
ババリア 2012/09/05(Wed)09:19:30 編集
お久しぶりです
ババさん久しぶりです(n‘∀‘)η

私はバキ読んでなかったので、話はわからないですが本屋さんで見つけた時、絵がすごいなって思いましたね。

気になったんですが、勇次郎ってすごい強いんですか?
どんな話なのか教えていただけたら嬉しいです。
彩加 2012/09/06(Thu)17:26:03 編集
彩加さん
お久しぶりです。
「バキ」は早い話「一番強いのはだれが?」という話です。
勇次郎は主人公刃牙の親父で史上最強の生物です。例として
特大サイズの白熊を倒す。
普通よりかなりデカい象を倒す。
軍隊を全滅
など。
しかし唯一意外な相手に負けてしまいます。(これが勇次郎は捕獲レベル1説の由来。)
そのほか、いろんな人をモデルにしたキャラが登場します。ジャイアント馬場、アントニオ猪木、チェ・ゲバラなど。
またトリコでバキパロがありのも有名です。選手入場、無い腕で殴る、大量関節など。
ババリア 2012/09/07(Fri)14:11:32 編集
無題
早速の返信ありがとうございます。

バキについてわかりました。勇次郎ってそんなんだったんですね。

トリコにバキが入ってたのは意外です。すごい戦いって思ってたんですが、まさかバキだったなんて・・・

私のために教えていただいてありがとうです(=^0^=)
彩加 2012/09/07(Fri)18:07:45 編集
ちなみに
チャンピオン掲載なだけあって手や指が千切れることが時々あり、金玉が潰れることはよくあります。
作中の生物学知識は嘘も結構あります。
ネタキャラとしては烈先生とオリバさんがオススメ。
ババリア 2012/09/07(Fri)19:58:31 編集
無題
よく潰れるんですか(笑)


結構ぐろそう(;´Д`)

でも嘘はあんまり良くないですね。トリコでも知識系はありますが、あれは本当なんですかね。
彩加 2012/09/08(Sat)12:04:45 編集
無題
なかなか理科系の知識は使うのに難しいんですよね。
使う作者さんがどれだけ知識持ってるかによりますから。
例えば「水は電気を通す」というのは事実ですが、「水が電気を通すのはカリウムやナトリウムなどの電解質が入ってるからなので、純粋にH2Oだけで構成された水は通さない。」というのも事実です。
トリコは理科知識は正しいですが、ガララワニのとこのコモドドラゴンのとこはバクテリアによる敗血症ではなく純粋に毒によるものです。(コモドドラゴンが毒持ちというのはかなりマニアックな知識なので知らなくても無理はないです。)
ババリア 2012/09/08(Sat)23:39:40 編集
無題
コモドドラゴンはトリコに出てましたっけ?(=‘x‘=)コミック探してみます!

理科系の知識はむずいですね・・・
トリコだったら生物や化学でしょうか。
しかも、ノンフィクションですから余計に組み合わせたりするのが難しそうです。
彩加 2012/09/09(Sun)00:36:28 編集
無題
ババリアさん。バキ、実は最後のほう読んでないんですよね・・・・なんだか聞くだにひどいっぽかったので、読む気がなくなったといいますか。勇次郎の最盛期は、やはり中国トーナメント編ですかね。あの辺は本当に説得力あったので。彩加さん。面白いですよバキ。・・・・ま、まぁ最近かなりアレだったって噂ですが(苦笑)
クリントン大西 2012/09/16(Sun)05:58:12 編集
じいさーん
今日地方ニュースでボディビルダーのじいさんでてました。
すごかったな~。
バキキャラはボディビルダーモデルで書いてるとか。
ババリア 2012/09/18(Tue)00:40:14 編集
無題
明らかにアンナチュラルな膨らみ方してますものね、ビルダーの人達の筋肉って。確かにバキ的かもです。
クリントン大西 2012/10/05(Fri)22:19:21 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP