忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0530
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009

0628
18:19



知る人ぞ知る名作『オフィス北極星』。

アメリカの訴訟問題を取り扱った作品だが、日本人の主人公・時田 強士(通称:ゴー)のキャラクターが素晴らしく良い。静謐、冗談、エキセントリック・・・・あらゆる顔が、『北極星の目』を通して表現されている。

hokkyoku01.jpg




















吸い込まれるような、黒い瞳。いろいろな意味でただ者ではない。

hokkyoku02.jpg




















・・・・いろいろな意味で

hokkyoku04.jpg






















COOLな主人公だが、本編は顔芸の宝庫

hokkyoku05.jpg
























歯茎を出すと恐い。

hokkyoku03.jpg



















普通の顔もできる。

シリアスな内容に似ず、非常に楽しい作品。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おお、懐かしいオフィス北極星。確か彼はまばたきを全然しなくても平気なんでしたね。
ってよく見たら勇午と同じ原作者だったのかー。
きうり URL 2009/06/28(Sun)21:13:19 編集
ゴーシ・トキタ
知っておられましたか。北極星の目はまばたき不要のようです。何故か。実は勇午よりこっちの方が好きだったりします。
クリントン大西 2009/06/28(Sun)23:03:21 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP