忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0623
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009

0611
22:27

天上天下唯我独尊

久しぶりに読み直して、痺れまくった。

ボクシングマンガ──────と言われれば、誰もが最初に連想するが不朽の名作あしたのジョー。しかし、ヤンマガ発でもう1つの『ボクシング名作』が眠っていた。それが『天上天下唯我独尊』だ。

ヤンキーの中学生が、ふとしたことからボクシングに目覚め、世界を目指して猪突猛進─────筋書きだけ聞くと「ああ、『あしたのジョー』の焼き直し作品か」となるが・・・・あのね、ぶっちゃけジョーより面白いです

box01.jpg










「殺るか殺られるかなんですっ」

熱気ムンムンの主人公。大阪出身なので、当然関西弁。熱すぎる18歳

box02.jpg




















往年の伝説ボクサー、ベニー・サドラー。敗北寸前のこの状況で、昔からのトレーナーが(考えてみれば当然過ぎるほど当然の)アドヴァイス。「お前は良く頑張った。ここらが潮時じゃないか?」。

しかしサドラーははねつける。

「フッ・・・あんた、デビュー間もない頃、よく俺に言ってくれたじゃねぇか。一番の敵は諦めだってな。どんな窮地に追い込まれようとも、諦めずにチャンスを狙えと!

box03.jpg












「最後までボクサーとして終わらせてくれ!」


我々は、このがむしゃらな突撃力の大切さを忘れてはいまいか?!

笑いあり、涙ありの大巨編。

「笑い」のあるところが、「ジョー」とはひと味違う

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP