忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

1122
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012

0301
 
またまた一田和樹さんから著書をタダで戴いた。



となると、少なくとも書籍単価分(1600円+税)は宣伝・・・的なものをしなければ仁義が立たぬ。いやまぁ別にそうしなきゃならん理由もオキテもないのですが、例によって読書感想いきます。

猛烈にネタバレなので、読みたい人だけどうぞ。


・・・・でもその前に、1つだけ軽いネタバレをしておきたい。

wadanashi.jpg

























・・・・・・・・・・え?



 




【『サイバーテロ 漂流少女』読書感想文】


とにかく今回はスケールがデカイ!

基本的には前作『檻の中の少女』と同じサイバーセキュリティもの。でも、主人公・君島が巻き込まれる事件の大きさは前回の比ではない。「ケタ違い」とは、こういう時に使う言葉なんだろう。

言うなれば、昔のバビル二世がヨミとかいう訳のわからんアナーキーな親父と戦っていたのに対し、最近のバビル二世はアメリカと戦争してますよ? ぐらいのギャップ感。

前作も面白かったのだが、この本作を読んだ後振り返ってみると、やはりミニマムというか、こぢんまりとした印象になっちゃうかもね。大きいは正義だ。

全編通して実にのびのびと描かれており、あ、今回こそが一田小説の真骨頂だったのか! と、今さらながらその引き出しの多さ深さに感服した次第であります。この人、まだまだ奥の手持ってそうやでぇっ!


主人公・君島と和田のやり取りも、さらにスムーズになった印象。こういう微妙な間合いでもって、読者を延々焦らす作戦なのだろう(笑)。ギャラリーフェイクの藤田とサラ的な。

あと「B」の吉沢がお気に入り。前作はわりとすぐ消えたので記憶に薄かったが、今回は色々と大活躍。君島をイジめている時だけ、その笑顔の周囲にキラキラと星が舞うイメージだ。実に活き活きとしている。

橋本は出てきた瞬間、「おっと、こいつか」と思った。

いやなんで思ったかといいますと、実はこの作品には「おまけ」があって・・・・・本書を購入した人は、本作のアナザーストーリー(外伝)を無料で読めるのだが、それの下読みをわたしもさせて貰ったのですよ。

───なので、ある意味ではネタバレ状態での読書となったものの、そんなことはちっともハンデにならず、ほかの初読者達と同じく大いに楽しみ、大いに翻弄されたと思う。


また、これは実に映像化しがいのある作品だとも思った。踊るなんちゃらとか、ああいう規模でドタバタする感じが実に見応えありそう。

きっと、既にオファーがかかっているのではないだろうか。映画でも、2時間ドラマでもコケようがない。最新のセキュリティ事情が濃厚に詰め込まれているので、その教養分だけでも映像化する価値大アリだ。

「北へ・・・・」っていうのが福島だったというのも実に巧いなぁと。あの感じで北って言ったら、まぁ追跡を逃れる為に陸奥(みちのく)に逃れるの? 義経・静御前気取りなの? となるものなぁ(苦笑)。まんまとミスリーディングされました。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
質問
サイバー・セキュリティものっていわゆるロボ対人間みたいなもの? 最近その手の漫画増えてますねそういえば太陽が危機に陥ってますなしかも電子機器が破損して使えなくなる察すれば今の文明を覆す事になり昔の農業中心の生活になってしまいますねでも、僕は、そっちでもいいかなと思う時があります『金』という名の財によって人が変わり思いやりや心の貧しい人が減ると思うから…長文ごめんなさい では、またトリコを宜しく
龍呪巫慧髏 2012/03/02(Fri)16:11:13 編集
無題
サイバー・セキュリティものっていわゆるロボ対人間みたいなもの? 最近その手の漫画増えてますねそういえば太陽が危機に陥ってますなしかも電子機器が破損して使えなくなる察すれば今の文明を覆す事になり昔の農業中心の生活になってしまいますねでも、僕は、そっちでもいいかなと思う時があります『金』という名の財によって人が変わり思いやりや心の貧しい人が減ると思うから…長文ごめんなさい では、またトリコを宜しく
龍呪巫慧髏 2012/03/02(Fri)16:11:30 編集
訂正
後半に誤った文がありましたのでご了承下さい
龍呪巫慧髏 2012/03/02(Fri)16:21:34 編集
リアルかつ大スケール
いえ、もっと現実的なやつです。つまりネットのセキュリティ関連ですね。著者の一田さんは元ネットワークセキュリティ会社の経営陣で、本職ならではの実際的な知識を活かし、その盲点・恐さのようなものを「サイバーテロ」を通じて表現しています。

今どき、農業用の機械も電子制御ですから、やはりサイバーテロの標的ですよ(笑)。自動車やら電子レンジやらも使えなくなります。電気、ガス、水道といった基本インフラも停止し、もうこうなると文明の崩壊ですね。リアルかつ、スケールの大きい話でした。

トリコ、また来週をお楽しみに・・・・w
クリントン大西 2012/03/02(Fri)18:26:21 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP