忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

1019
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009

0117
近鉄特急・午前7時半発は、しずしずと駆動を開始した。

わたしの座席は、三号車の最後列。客が少ないので、連れのいる人以外は皆、2つのシートを独占できる。通路を挟んだ隣には、いかにもビヂネスマンといった風情の中年男性が一人、さっそく弁当を食べていた。

ああ、もう食べちゃって、勿体ない。

sekkachi.jpg















窓から東日がさんさんと照りつけ、眩しい。思わずカーテンを閉めたが、それでも少し隙間をあけて外の景観を楽しむ。ああ、このゴチャゴチャした街並みは、まさに大阪だ。何十年経っても、このどこか垢抜けないところは変わらない。都会のド真ん中のようでいて、どこか下町、田舎である。途中、ふっと『赤旗』の看板がデカデカと掲げられていたので苦笑する。どこにでもあるな、『赤旗』

しばし、流れ行く風景を無心で眺めていたところ、ふっ、と隣から異臭。なんと、先の中年男性がいきなりタバコを吸い出したではないか。発車前に二度ぐらい「喫煙スペース以外は全車禁煙」とアナウンスされた上、前のシートにも「禁煙マーク」が出ているのに・・・・気づいていないのか? いや、気づかないものなのか?

「禁煙みたいですよココ。すぐ後ろのスペースで吸えるみたいですけど」

わたしは喫煙者なので、別に煙が気になるタチでもないが・・・・・やはりこれはマズイだろうと思い、さっさと忠告。

「あっ、ああ~・・・すみません」

中年男性は慌てて席を立ち、三号車から去った。まぁ、昔の特急車両の気分で、なにげに吸っていたのだろう。昔は良かったが、今は駄目・・・そんな『モラル』が多々ある。どう控えめに考えても、昔よりも今の方が社会道徳水準・・・・その『要求値』は高いだろう。こういうのも、ジェネレーション・ギャップというのかな。せいぜいわたしも気を付けたい。

良い天気だ。街並みを抜け、山が見えてきた。奈良方面に差し掛かったようだ。車両の前方には大型の液晶ディスプレイが設置されており、そこに列車正面から見た景色が、リアルタイムで表示されている。懐かしの『電車でGO!』のようだ。時折、車内メッセージなども入る。子供の頃に比べると、やはり多少は『未来』になったのか。

中年男性が戻ってきたのを見計らい、わたしもタバコを吸いに出る。四号車との間に設けられた、狭いスペース、小部屋。ここにも例の液晶ディスプレイがある。気分よく毒の煙を吐き出していると、ディスプレイにCMが映し出された(音がデカイので少々びっくり)。携帯電話チケットレス・サーヴィスとか何とか。要するに、携帯電話で予めチケットを購入し、改札を通る時はそれの画像を見せるだけでOK、みたいなアレだ。金券ショップ対策かな? 

戻ると、前の座席から携帯電話の呼び出し音がデカデカと鳴り出す。言うまでもないが、車内ではマナーモード標準、通話は別スペースで・・・・と、これまた何度も何度も「禁煙」同様アナウンスされている。

「あ、マナーモードにし忘れていたんだな。まぁ、仕方ないか」

と思っていたら、何とそのジジィ、ごく自然にその場で通話開始。ええええーッ!? ちょっと待てジイサン、それはちょっとナイんじゃないの? ・・・・・・ちなみに我が席の前は、そのジイサンに加え、連れ合いと思しきバアサン2人が座っている。止めようよ、バアサンもさぁ

──────気を取り直して、窓の外を眺める。

ああ、これはもう奈良だ。完全に奈良。「大阪的な気配」が微塵もない。広々とした田園風景、まばらな住宅。そして山、山、山。遠目に、雪化粧の山も見える。『霧氷』というやつか。大阪は全般的にゴミゴミしているが、こちらは開けている。1つ県を移動するだけなのに、まるで違うのが面白い。このまま景色を見ているだけで2時間半、というのも悪くないかも知れない。

・・・・なんて思っていたら、今度は前の座席のジジィ、ゴルフクラブを思い切り頭上で揺らし始めた。アイアン・ウェッジのようだが、とにかくアブナイ。周りに客がいることなど、まったく意識にない様子。電車が横揺れして、アイアンすっぽ抜けたらどーするつもりだ!?

よっぽど注意しようと思ったが、先のタバコやケータイに比べると、“違反指摘の根拠”に欠く。「常識で考えろ」という領域のハナシだから、ヘタすると水掛け論、不毛な口論────────それはそれで面倒。せっかくの旅気分を、こんなジジィ一人の為に潰されたくない・・・・・そんな利己的考えが働き、結局は「傍観」──────スルー。我ながら賢明な小市民だ。反吐が出る

再度気を取り直して、今度は車両内の客を観察。先の中年男性、前のクソジジ老夫婦のほかは、割合スキー関係の客が多いようだ。しかし、何というのか・・・・どの客もこう、せせこましいというか、「余裕」みたいなものが感じられない。まさに、『移動の為に電車を使っています』といった感じ。周りの景色を楽しんでいる人など皆無。

やれやれ、だ。もっと旅を楽しみなさいよ。まったく、優雅じゃないね。

kira.jpg
















吉良吉影もこう言っているぞ。

この近鉄特急は、『特急名古屋行き』とはいえ、途中、幾らかの駅に停車する。その、たまに停まっている数分ってのも良い。窓から、その土地の人達の『日常』がかいま見える。やはり、スキー客が多い。明日(1/12)は成人の日で連休だから、そのせいか?

隣の座席に誰もいないので、非常にゆったりしている。ある意味、グリーン車よりもリッチだ。車内も、わりと静かな方(子供がいないんだよな)。持ってきた小説も、まったく読もうと思わない。何より、絶えず流動する景色が楽しい。眺めながら、色んなことを想像する。「こんな場所に、あんな大規模書店を作って採算は合うのだろうか?」、「あれ、こんなところにも創価学会の会館があるな。いやはや、色んな場所にはびこっ・・・・・手広くやっているなぁ」、「おっと、あんな建物が実在するのか。あれって─────何かのトリックに使えないか?」などなど。

ひとしきり心の平和を楽しんだところで、再度席を離れ、今度は電話。携帯電話で、名古屋の叔母にかける(一応、途中経過ぐらいは連絡しておこう、というアレだな)。トンネルをくぐった折り、一度通話が切れた。あ、これもミステリのトリックに(略)などと思いつつ通話を終え、席に戻って──────さぁ、いよいよ『駅弁』だ!

bento.jpg















これが850円なりの駅弁。

まぁ、そこそこ無難なボリューム+品揃え。わたしは食べ物の好き嫌いがないので、特にどれがイヤ、というのもない。レンコンとか美味そうだ。鮭、梅干しは定番。付属の醤油は・・・使わなくて良いかな。

そして実食。

うん・・・・うまい。値段相応とは思わないが、うまいことはうまい。これも旅行気分効果、かな? 全体に淡泊な味わい。鮭も、塩ッ気が薄くて好みだ。弁当の梅干しって、どうして「カリカリ」なんだろう。天ぷらも、『駅弁用』に処理されているせいか、冷めていてもおいしい。卵は・・・・ちょっと物足りないかな?

景色を呼吸し、列車の振動の中、ゆっくりゆっくり食べる。

ああ、幸せだ。まったく、贅沢の極みだ。

(つづく)
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ハズレ!?
どうも電車内ではハズレの同乗者が多かったようですね~。
あからさまなルール違反なら注意もしやすいですが、マナー違反やエチケット違反は注意し難いのでこういうときに困ります。

個人的には、新幹線の中で宴会をする人が僕はダメですね。
きうり URL 2009/01/17(Sat)12:29:55 編集
宴会!?
外れ、なんでしょうかね。この後にも、更なる新キャラが登場!(苦笑)。特に相手が目上の人の場合、なんやかやで余計な気を遣ってしまいますね。

新幹線で宴会・・・さすがに、そこまでカオスな状況はまだ体験したことがありません。それは背後からハリセンでぶっ叩いても良いレヴェルではないですか?
クリントン大西 2009/01/17(Sat)17:44:13 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP