忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0623
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009

0119
シリーズ最終回。

「おうちに帰るまでが遠足です」───────とは良く聞く言葉だが、実際は違う。目的地につくまでが旅の醍醐味だ。あとは蛇足、余韻・・・・「日帰り」の場合は特にそう。行きしなほど、帰り道は「優雅」になれない。帰宅とは、日常への帰還。のしかかる明日以降のスケジュール。快適さを奪われる過程・・・それなりには楽しめるが、あまり「うきうき」とはできない。

で、目的地到着。祖母はわりと元気だった(死にかけている、というウワサは何だったのか)。痩せたし、股関節のジョイント部分が劣化して歩きにくくはなっているようだけども、ほかは、さして以前と変わらない。殆ど喋るだけで6時間経過。午後5時、車で送ってもらって駅まで。そこから新大阪駅行きまでのキップを買う(JR、新幹線も込み)。

さすがに新幹線は速い。名古屋駅から乗り換えて、1時間ちょいだ。ただ、やはり混んでいる(日曜の夜だから特にか)。そろそろ睡眠不足でヤバイのだが、流れる夜景がキレイだったので、やはり眠らず。ちなみに、名古屋の土産は『中日新聞』(笑)。初めて読む。─────まぁ、普通の新聞かな。装丁はやや朝日新聞っぽい。ほかの一般紙に比べ、フォントが大きいので読みやすいかも知れない。

あっという間に新大阪到着。

この時点でかなりヘロヘロ。でも気力を振り絞り、地下鉄で難波駅まで。改札を出てからまた延々と歩き、やっとこさ南海線に到達。あと一息・・・・だが、ここで事件発生。わたしの住む場所に戻る為、絶対乗らなくてはならない南海高野線が、なんと人身事故により運転見合わせ。あまつさえ、その事故発生場所が、我がフランチャイズ・狭山駅だというのだからたまらない。

「うぉお・・・・の、呪われている」

タクシーで帰ろうかとも思ったが、さすがにエライ料金となる。疲労、睡眠不足に加え、空腹。とりあえずキップを持って一旦駅の外へと脱出し、食べ物屋を目指す。難波駅周辺には多くの飲食店が散在するも、やはりどこも満員御礼。今、順番待ちをする気力は残っていない。どこか、ないか・・・どこか・・・・。

そして発見。「丼屋」。名の通り、丼モノを多数取りそろえるファーストフード系の店。幸い、客はさほど多くない(少なくもないが)。何も考えず店内に入り、とりあえず座る。出された熱いお茶が、枯渇寸前の気力を補充する。

注文したのは、マグロネギとろろ丼+みそ汁・漬け物セット。ととろイモとマグロが載った丼だ。わさび醤油をかけ、わしゃわしゃと書き込む。

涙が出るほどウマイ


みそ汁もいい。漬け物も良い感じ。身体の芯に居座っていた疲労感が、みるみる溶かされてゆく。至福だ・・・・欲しい時に、欲しいものがあるというのは素晴らしい。次に難波に出た時も、必ずこの店で食べよう、と心に誓う。

ややゆっくりめの食事。その後も、書店をひやかして東野圭吾の『ガリレオシリーズ』第二弾「予知夢」を購入。難波駅に戻ったのは9時過ぎ。さすがに電車が復旧していたので、すぐさま乗る。もうぐったり。

狭山駅を降り、十数分歩いて、ようやく帰宅。

シャワーだけ浴び、すぐさま寝たのが午後10時過ぎ。

午前2時前には再び起床し、仕事だ。

ファンタジー終了(あっけないな)。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP