忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

1022
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009

0128
5:18

昨年の石川オフ会で大変お世話になった(ついでに病院にまで同行して貰った)『石川メンバー』の一人であるライム氏が、どうもお店を開くらしい。「税務署に開業届を出してきました」だよ、カッコいくね? 何のお店かはまだ分からない(日記に書いていない)が、キッチンの現場調査とか書いていたので、たぶん飲食関係。金沢カレー屋だったら良いのに、などと妄想は膨らむ一方。

自営業のどの部分が「憧れ」かというと、『一国一城の主』ってあたり。つまり経営者、社長(これからライム氏のことは「社長」と呼ぼう)。今は世界不況のまっただ中なので、前にも書いた通りむしろ起業のチャンス。外食関連事業は軒並み冷え込んでいて・・・・なんて報道を読んで、「あ、やっぱ食べ物関係はリスク高いなぁ」と思うか、「既存の外食店がダメージを受けている・・・・即ち好機! ふははは、貴様らの客は、根こそぎ俺様が戴くッ!」と思うか───何にせよ、わくわくするじゃあーりませんか(自分のことでなくても)。

・・・・しかし今気づいたが、良く考えたら『小説家』ってのもアレ、自営業だよね(笑)。そうか、わたしもまた自営業者(社長)を目指していたのだな! うーん、そう考えると更にやる気が出てきたぞ。でもまぁ、とりあえず『クロニカル・ペイン』の続きを書かないと・・・。

あと、ついでに金沢カレーが食べたくなってきた。今日、作ろう。

8:02

金沢カレーのレシピを軽くネットで調べるも、決定的なものが見つからない。ただ単にキャベツの千切りとトンカツがあれば金沢カレー? なんか、それは違う気がする。どうせなら完璧を目指したいので、今は『金沢』には手を付けない、と結論。しかし、それはそれとしてカレー自体はひどく食べたくなってきた。一度盛り上がってしまった気持ちを、このまま抑え込むのは難しい。

haraheri.jpg









仕方がないので方針転換、「プチ野菜カレー」を作ろう。

どこの辺が「プチ野菜」か? 要するに、余っていた『レタス』をコナゴナに刻んで入れるだけ。あとは普通のカレー(チキンカレー)。タマネギとともにドロドロになるまで煮詰め倒してやろう・・・・となれば当然『圧力鍋』。通常は5分~8分の加圧でカレーは出来上がるのだけども、今回は『ドロドロ』がテーマなので15分ほどじっくり加圧。

材料をぶち込み、煮ること数分。圧力鍋の「重し」から漏れる薫りが素晴らしい。メチャクチャうまそうな匂いだ。プチ野菜カレー、成功か?

oomori.jpg








・・・・後編に続く(続くの?)。

17:58

何故かえらいズレ込んでの後半だが、何のことはない─────書くの忘れてた(苦笑)。カレーは完成。味は・・・・いや、普通だ。期待した分だけ、プチがっかり。でも、まずくはない。普通・・・・普通においしい。野菜を「ドロ」かした分だけ甘みが増している。個人的に辛いカレーが好きなので、野菜カレーは趣味に合わないかも知れない。

それよりも・・・・たった一杯で超満腹。な、なんだこのボリューム。カレーって、こんなハラ膨れる食べ物だっけ? お陰で、お腹が苦しい。残せば良かった。

本番前にこっそり練習!? “ひとりカラオケ”女性の2割にも


今はまぁーったく行かないが、10代後半~20代前半頃は、狂ったようにカラオケへ通ったものだ。飲み会に行っても、二次会は必ずカラオケ。何故あんなにハマったのか? ・・・・まぁ、単純に声を出すのは快感だから、だろう。他人の歌を聴くのも好きだ。「あ、こんな音楽があるのか」という発見があるし、一緒に歌って相乗的に盛り上がれる。

ただし、「ひとりカラオケ」という発想はさすがになかった。うーむ・・・・なんて向上心旺盛な人達だろう。意気込みが違う、というやつだ。こういう姿勢は好感が持てる。

カラオケといえば、人が歌ってるのに雑談ばっかして全然聴いてねぇ奴らとか、物凄くキライだった(別に、自分が歌っている時でなくてもイラッとくる)。「雑談したいんだったら、素直にファミレスにでも行きなさい。邪魔ですよクソ馬鹿ども」・・・というわけ。秩序を守った方が、結果として遊びはより面白い。それを阻害する奴は、たとえ神であろうと許さん

わたしは元合唱部だが(本当)、歌は別に上手くない。もっとも、ヘタでもない。そう、「フツー」・・・だな。過去の歌い手を思い返すに、「うお、これスゲー上手ぇ!」みたいなのは大抵女性だった。本当に上手い人の歌をナマで聴くのは感動的だ。

音楽でも、CDで聴くよりライヴの方が圧倒的に良い。アマチュアバンドなど、プロからすれば数段落ちる腕前・・・・の筈であるけども、それでもやっぱ「ナマ」で聴くと「うぉお、スゲー! これ、プロ並じゃね!?」という風に盛り上がる(当然、プロの時はもっと凄いことになる)。

赤白ストライプ邸、調和乱すとまでは…楳図かずおさん勝訴


まぁ、当たり前といえば当たり前の結果。最初にこの訴訟のニュースを読んだ時、「楳図かずおのことだから、もう楳図ワールドをそのまま立体化したような、とんでもない家を建てたんだろうなぁ。そりゃ、あんな異世界を普通の住宅地に持ち込んだ日には、ちょっとヤバイかも知れない・・・・」という感想だったのだけども、実際にその『変な家』とやらの写真を見ると、期待外れ─────といっては悪いが、「わりと普通?」だ。

いや、確かに「多少」ユニークではある。でも、

提訴住民2人が“外壁撤去するまでに、毎月10万円払え”に請求切り替え


なんて話を聞くと、むしろ提訴側の方が不愉快な方向にユニークだなぁ、とか。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP