忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0528
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007

1125
6:01

フランスの(個人的に)いけ好かねぇ大統領が、P2P違法ダウンロード対策として、こんな案を出していた。なかなか悪くない。違法ダウンのライトユーザー層は、これでかなり牽制できるだろう。一方でアングラ化が進みそうであるが、どうせ完全根絶は不可能なのであるから、これは妥当な方策だと思う。

今朝の寒さは、そんなでもない。昨日が格別寒かったようだ。まだまだストーブを出すには及ばない感じ。

9:26

多くの人が未来について予測する。しかし、多くのそれは、予測ではなく希望的観測である場合が多い。「そうなれば良いな」という向きを極力廃し、客観的に考える(もっと踏み込んで言えば、相対的に考える)ことをしなければ、なかなか『予測』は難しい。もちろん、人間に予知能力などはないので、結局先々のことはどうなるか分からないのであるけども、それでも数々のデータや確立された方法論から、ある程度正確な(天気予報のような)近未来の予測を立てることは、不可能ではない。

17:17

力士殺しの件、捜査長期化の見通し。警察側も、なんとかメンツを取り繕おうと必死だ。しかし、必死さを発揮するベクトルが明後日の方を向いている為、望んだ効果(この場合でいえば、警察のメンツ回復)には至りそうもない。思考がとても閉鎖的だ、と指摘する他ない。慎重、というと聞こえは良いが、何故たかが遺体検査で年越しまでかかるのか。世界中の研究施設を行脚して廻るのだろうか? 何にせよ、引き延ばせば引き延ばすだけ、評価は悪くなると思う。

17:45

野暮なツッコミをしてみる。「それでも町は廻っている(マンガ)」1巻に、着陸した木星探査機が、なにげに木星人と遭遇する、という話があるけども、木星人がどうこう以前に、まず木星には一般的な意味での大地がない。なにしろ、主成分が水素とヘリウムだから。あと秒速147mの暴風も吹き荒れている。宇宙人が着地して和むには、少々過酷な環境だ。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP