忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

1022
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011

0313
15:41

kyujo.jpg










民放では、そろそろバラエティ番組をはさむ局も出てきたようだ(ちなみに大阪テレビ)。災害初日に比べると、だいぶん落ち着いてきた。月曜日あたりから、ほかの局もゆるゆると通常営業かな。


地震発生当時から、Twitterが今回有力なツールになることは容易に察せられた(Twitter参加者の皆が、そう直感した事だろう)。となると、次はTwitterの「リテラシー」の問題が浮上するだろうな、と予測できる。

「デマはなるべく広げず、必要な情報のみを広げる」────しかし、それは実際難しい。また「必要な情報」も、重複しまくるとかえって閲覧性に難があり、恐らく残り少ないバッテリーで携帯電話を使っている被災者には有り難くないことであろう。

IT技術者によれば、「このレベルであればサーバ負荷は心配しなくて良い」との事であったが、実際にTwitterは動作が重くなっていた。公式RTなどで情報のリレーを繋ぐ一方、あんまり関係ない呟きは控えた方が良さそう──というような。


それらを踏まえ、わたしが取った行動とは!?
(ジャカジャン)


【初日】


・地震発生。
・まず全体の状況を把握。
短い所見を1つだけ書いて様子見。
・緊急時におけるTwitterの有用性を一応アピールしておく。
・「自分が被災者だったら知りたい」と思える情報を幾らか公式RT
※非公式RTではソースが分かりづらくなるかな、という考えから。

・悪質なデマが飛んだ為、今後の類似犯を抑止する目的で一言(なるべく感情は殺し、利害に訴える形で)。
・我がブログにて、とりあえず現状のまとめ
・幾らかの人々の無事を確認。

・初日(3/11)と翌日(3/12)は、Twitterで余計なことは書かぬと自主規制(上記の状況から、自分で勝手にそう決めただけ)。


【翌12日】


・12日朝、「そうだmixiあったじゃん!」と思い出し、そちらへも一応書き込み。・・・・まぁわたしは大阪組なので、今回の震災ではほぼ間違いなくノーダメ確定なのだけども、ほかの人々が「わたしは無事です!」と書き込める空気作りに多少は貢献できる・・・・かな? ぐらいの理由で書きますた。

ブログ日記更新。情報まとめリンク先紹介、懸念点の指摘、防災ネタ。

・募金は焦ることはない、と判断(詐欺もあるしな)。「物件選び」の段階。
・Twitterでは公式RTメイン。ツイノベ休みだけ宣言(情報リンク付き)。
・もうこの時点では、被災者にとってテレビよりもTwitterが有効なツールであることが広く知られていたので、それなりに意識してRT先をチョイス。
・知り合いへのレスも控え、別の形で連絡(TLの乱れを嫌う神経質なわたし)。


【13日(本日)】


・疲れている人が目立ってきたので、ここらで脱力系呟き。無理は続かぬ。
・さしあたり、アフィリエイト代金を全て寄付する、という『中国嫁日記』の地震マンガにリンク(ただ読むだけで良し)。
・救助活動はまだまだ続いているが、当初の混乱は去ったと見て良い段階に入った。
・「これから」の事について、4つほどツイート。やや冷たいトーンで。


(現在)

・善人に見られるの怖い怖い病
・とにかく忠言しないと気が済まない病
・ふざける者は何人たりとも許さない委員長病
・わざと明るく振る舞ってるのに気づかない馬鹿が許せない病

この辺の人は、基本的に「善人」なんだろうな~。「頭が固い」とか「不寛容」「自己主張過多」ってマイナスは当然ある訳だけども、こういう人達は信用するに足る。・・・・わたし? わたしは「この4つの要素全てを少しずつ含み、自覚症状もありながら改善する意志ナシ病」だ。


「あなたが今、できること」

─────とか言っても、まぁこの程度のモンであろう。

あとは、「節電」「寄付」? 

関西電力は関東への電力「お裾分け」を開始したそうだから、となれば大阪に住むわたしが少し意識して節電するだけでも、多少の助けにはなるって寸法だ。

別に「暗闇の中で夜を過ごせ」なんてスパルタンなことは言わないけども、使っていない電子レンジやトースターのコンセントをオフにする(待機電力をカットする)だけで、これはだいぶん違ってくる。その程度のことで“善人気分”に浸れるなら安いモンでしょ。


ナイチンゲールやマザー・テレサは、「善意のみの活動は長続きしない」ということを鋭く見抜き、指摘していた。わたしも、まったくそう思う。


「人助け」なんてのは、もののついでにやるぐらいが丁度良い。また、その「もののついで善意」を無価値と断じてもいかん。米軍がそろそろ被災地に入ったようだ。彼らはボランティアで来たのではなく、あくまで給料貰って仕事で来ている。アメリカにしても、外交的な意味がある。

でも彼らは実際“助け”になるだろうし、前線で活動する海兵隊員達も、各々それなりの個人的善意でもって動くことだろう。


「善意のみの活動は長続きしない」─────
「善意のみじゃない活動を否定するな」って事だな。




【追記】


ツイノベ、一応本日もこっちに掲載。明日から通常に戻そう。


#twnovel ビルが倒れた。「痛てて……」──また起きあがった。

#twnovel 医者がさじを投げた。尖ったさじの先端が壁にめり込み、溶け込んでいた忍者が姿を現す。「どうして分かった」「医は忍術って言うでしょ」「……それを言うなら“仁術”だろ」

#twnovel 木にリンゴがなった。男は、それを取るべく念力を集中させた。大地が裂け、空が歪み、衝撃で周囲のビルが消し飛んだが、リンゴは落ちる気配すら見せなかった。

#twnovel 「あのブドウはすっぱいブドウだよ」──狐がそう言った途端、ブドウから複数の触手と目が生えて、地面に降り立った。「何故分かった……わたしがスパイだなどと」

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP