忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0724
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008

0922
17:57

マニフェストというか、小沢民主党代表の「抱負」のようなものかも知れないが、とにかく出た。朝刊に出ていたのを読み、そのやみくもな力強さに感心する。

ズバリ、優先財政22兆円ドリームジャンボ超計画!

○年金・医療・介護の安定した仕組み作り:6.3兆円
○1人あたり月2.6万円の子供手当創設:4.8兆円
○「働く貧困層」の解消:?
○農業者の戸別所得補償制度の創設:1兆円
○高速道路無料化:1.5兆円

ま、去年の参院選で言ってたドリーム計画の再確認といったところかな。

で、毎度のことではあるが、民主党が唱える計画には1つ致命的なところがある。要するに、「財源どーすンの?」といったあたり。一応、「特別会計と一般会計212兆円のうち、1割は無駄を省ける」といったものを根拠に、民主党はこのドリーム計画をブチあげているわけだが、果たして具体的に何を削るのか?(公務員の給与かしら?)。常識的に考えれば、いずれ別途財源が必要となってくるのは当たり前で、それは消費税でやるのか、別の何かから徴収するつもりなのか(例えば煙草税など)、そのあたりについて、総選挙までに具体化されると喜ばしい。

どーも麻生は、解散を先延ばしにしそうな気配だ。組閣内容も、なんだか麻生色の見えない・・・山本一太ちゃん流に言うなら「オールド自民党」テイスト満載な風情。これじゃ応援したくても応援できねぇな

わたしがマフィア小沢、とその民主党に期待しているのは、上にあるような絵空事めいたアホ話の実現ではなく、ズヴァリ! ズヴァリ! 官僚改革だ。

自民党もそれなりに頑張ってはきたと思うが、そこは永年与党の弱み、なまじ各省庁べったりの関係が何十年と続いた為、党内各議員の利害関係がメチャクチャ複雑化しており、思い切ったメスを入れられない・・・という構造的問題がある。そこへ敢えて踏み込んだのが安倍・前首相であったのだが、準備不足、経験不足、人脈不足を逆手に取られ、既得権益死守に燃え上がった守旧勢力(官僚、官僚OB、「族」政治家、マスコミ)連合軍の集中攻撃を浴び、あっさり討ち死にしてしまった。

しかし、民主党はそもそも野党である。そのあたりはかなり遠慮無くできるだろう。いささか「やり過ぎて」しまうぐらいの事態を、むしろ望んでいる。

23:24

困窮家庭が増えたと担任が実感 給食の持ち帰りも(和歌山)

田辺市の生活保護 100人に1人が受給

生活保護のシステムについては、以前代案を出したことがある。生きるにも欠くほど貧しい人間を救済し、「最低限度の文化的生活」を保障するのが生活保護制度の理念である。現金を渡すからこそややこしくなるわけで、全部「現物支給」にしてしまえばかなり改善される。ヤクザの利ザヤとなる余地もないし、「マジメに働いている人間よりも、保護を受けている人の方がトク」・・・なんて、バカみたいな事例の発生も防げるだろう。

どんな救済策にせよ、「金を渡す」なんてのは最悪の施策だ
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
生活保護システムの改善
大筋においては賛成。ただ施設への収容だけではなく、その施設にいる間は第一次二次産業への強制従事が望ましいのでは?ノルマを達成しないと、一定期間の懲罰をあたえるなりなんなりしないと、本当に農業やら水産業やらやる人がいなくなってしまうし。罰ゲームとしてでもやらせないと。
以前、仕事で生活保護の連中に何人も接してきたけど、まじめに働いてる人間よりも収入は多いし、いいところに住んでるし、無駄な散財しまくってる。
こいつらのために年間2兆円もの歳出をしてるのかと思うと腹が立つよ。
ladybird 2008/09/24(Wed)00:00:05 編集
こんばんは
いやいや、お返事が遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

「強制従事させるべきだ」とのご意見ですが、これは過去にも幾らか出たのですけども、基本的人権「職業選択の自由」を、ただ働かないというだけで制約するのは少々難しいかも知れません。社会主義国なら可能でしょうが、日本は「一応」民主主義国家ですしね。

ただ、一次産業……例えば人手不足が慢性化した農業なんていう分野に、職を得られないでいる若手失業者を優先的に振り分ける、というアイディアは面白いと思います。

農業を始める上でネックなのは「開業資金はかなりかかる」というのと、「土地の入手が制度的に難しい」という2点。これを規制緩和した上で、生活保護享受者のうち健康な人に有利な条件でリースできるようなシステムが作れれば、これも1つの打開策になるかも知れません。

現行の「生活保護」の一番悪いところは、指摘されているようにふざけた受給者がいる反面、本当にそれが必要な人間には出し渋られている、という逆転現象が発生してしまっている点でしょう。やはり、現金を与えるのがいけないのだと思われます。
クリントン大西 2008/09/24(Wed)17:46:23 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP