忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0328
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011

1227
6:02

takashok.jpg















過去のデジカメ倉庫から適当に抜粋。2000年3月23日撮影──とある。何を思ってこんなモノを撮ったのか謎だが、それはさておきチャーシューメン900円は高すぎるな



ブルーレイ再生機を買おうと計画中──だが、うちにはテレビがない。

つまりPCのディスプレイと共用になる。これを一瞬で切り替えられる装置があると具合が良い・・・・・いやそんなもんは普通に売っているから良いとして、問題は。音声切り替え装置というのは、どうも売っていないような気配。

安物のスピーカーを買ってきて繋いでも良いのだが・・・・・それ用に更に電源さし込み口が使われるのは正直辛い。もう色々といっぱいおっぱいなのだ。机の裏も配線地獄なのだ。

てゆうか、第一ブルーレイにも電源いるしなぁ・・・・別にもういいかなブルーレイ。メンドクサイのはキライなのだ。



自炊代行を提訴する作家の偽善?
再販制度での裁断本のほうが遥かに多いゾ


「自炊代行」って言葉がオカシイよな。そりゃ「他炊」だろうがと。

Twitterにも書いたが、法的には自炊代行業者のやっている事は真っ黒だと思う。故に、まぁ訴えたいなら訴えても良いだろう。

ただ、エネルギーの無駄かな~という気もする。ンなことに情熱を燃やすヒマがあったら、電子書籍を安くで販売する知恵を絞るべき

新刊ならさておき、10年も20年も前に出した本など、とっくに利益を回収してるだろう。むしろ新刊を売る為の布石として、1冊100円ぐらいで売るべきだ。「電子書籍は売れない」とは出版業界の定評であるけども、そらあんなクソ高いモン売れる訳ねーわな(苦笑)。

過剰な安売りはもちろん良くないが、今の電子書籍が「適正価格」であるとはとても思えん。大手出版社・上層部のホンネは「むしろ電子書籍化を推進したい」との事だが、もしそうなら、考えているだけでなくさっさと実行に移さんとな。

ぼやぼやしている間に、この手の『スキマ業者』に利益を持っていかれるぜ。



忘れた頃に自著も宣伝(笑)。

ま、電子書籍絡みってことで。

本格・・・・かどうかは知らないしぶっちゃけどうでもいいが、一応推理気味な小説「ナイン・ピッド」、パブーにて絶賛公開中。前編無料、後編有料(300円)なので、前編だけさらっと触って、あとは放っておいてくれれば良いです。

主人公は殺人鬼OL、サブ主人公が探偵の村木さん。※なおこの探偵、高校大学時代の先輩・M氏と同姓同名であるが、もちろん単なる偶然だ!

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
日本の中華が食べたいでヤンス
さっさと、ジャンプを電子データで読めるようにして欲しいですね。
管理の都合上、自炊に頼む人間だっていっぱいいますから。
2011/12/27(Tue)23:07:59 編集
日本中華は味の素
雑誌の電子化、青年誌ではちらほらあるんですけどね、モーニング2とか。雑誌は、特に処分が困るんですよねw
クリントン大西 2011/12/28(Wed)16:09:20 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP