忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0819
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007

1123
6:17

鶏ハムほぼ完成。この時点で少し試食したら、すっかりハムになってた。めちゃくちゃ塩を刷り込んだので、塩辛いんじゃないかと思っていたが、そんな事はなく、いいカンジの味に。なお、鶏ハム最終工程で使った煮汁は、そのままゴールデンスープとなる(誰が名付けたか知らないが、気の利いた呼称だ)。しかし、こっちはちょっと塩辛い。野菜スープに使う予定だが、少し水を足した方が良いね、こりゃ。ハム本体は、大皿に載せて再度ラッピングし、更に冷蔵庫で半日ほど寝かせる。これで完成だ。

18:20

冷蔵庫で半日寝かした結果、完全なハム食感となった(正確にはハムではないが)。鶏皮は今回残してやってみたが、いいカンジに硬質化(というかゼリー化?)していて悪くない。完成してしまえば、あとは再び煮ても焼いてもハムのまま。初めてにしては大成功というべきだろう。この鶏ハム、普通は鶏ムネ肉を使う。今度はそっちでやってみよう。スパイスとかにも凝って。塩加減も、今回の実験でおおよそつかめたし。

久々に時事解説。領収書公開について、まだ揉めている。自民は1円以上公開に難色。選挙で勝ちたくないらしい。そのくせ、消費税は先送りしてみたり、対応が中途半端。自民の選挙対策委員長が駄目なのかなぁ

YouTubeなどの動画サイトの著作映像無断放映問題について、民放団が動き出した、とか。ホントに最近動き出したのだとすれば、ちょっと遅い。ニコ動とかはともかく、YouTubeは海外のサーヴィスだしな。そういうの、国際的に手を広げて対策を打つ、という事なのか。

テレビ番組ってのは広告収入が主であるから、危機感を抱いて当然の局面ではある。その動機は当たり前だし、やれるものならやれば良いだろう。正当な要求だと思う。

ただ、具体的にどういった対策を打つのか? これが一番問題だ。違法アップした者を探し出し、片っ端から訴訟していくのか。それともいっそ法改正して、動画サイトそのものを違法化するのか。どうやるのかは知らないけども、ここまで来たら難しいだろうね、物理的に。赤信号、みんなで渡れば怖くない・・・に、なってしまっているからな既に。

テレビ放送サーヴィスでわたしが一番途方もなく「古い」、と思っているのは、時間帯ごとに番組が割り当てられているという、昔ながらの例の方式。好きな時間帯に、好きな番組を自由にチョイスできるようにできれば、と思う。Gyaoなどのサーヴィスがこれに近いが、やはりネット上では番組のダウンに時間がかかったり、録画などが不自由であったりと、まだまだ不都合が多い。完全ビデオ・オン・デマンド方式にしてしまい、過去番組も自在に辿れるようにした方が、恐らくトータルでの視聴率は上がるだろう。

ドラマ、アニメなど、DVD販売などの二次利用に害が出るだろうから、放映期間には無論一定の枠組みを設ける。それでも、例えば人気ドラマが半年間バックナンバーまで全部そのチャンネルで観られる、となれば、録画機器などの需要も減るだろう。

20:37

ちなみに、鶏ハムはこんなんだ。

toriham.jpg







赤々としていて、いかにも生っぽいけども、ちゃんと火が通っている。煮汁で8時間浸けた直後は、もっと断面が白っぽい(つまり、鶏肉を普通に煮たようなカンジに近い状態となる)。冷蔵庫で半日寝かせる事によって熟成させ、こういう風に仕上がるわけだ。食感はまさにハム。それも、添加物一切なしの特上ハムだ。さすが、手間をかけただけの事はある。

・・・・・といっても、コイツはいわゆる「ハム(保存食)」ではないので、2,3日中に食べてしまわないと傷んでしまう。ここから更に薫製にすれば、幾らか日持ちする上、本物に近づく。冷凍保存でも良い(凍らせると、さすがに味は少し落ちるそうだが)。「手間がかかる」と書いたが、作業自体はとても容易。単純に時間がかかるだけ。これは良いな。比較的低コストだし、難しい技術もいらないし、オススメだ。

22:52

Heart of the Knightのトップページが変わっていた。ブックマーク変更。「偏屈オヤジ」にて、ちょっとした告知。こうでもせんと、決まらない(優柔不断なので)。あと、ミラノ氏のブログで、レッド・アフタヌンがネタにされていた(苦笑) すんません、ホントどうも・・・。

あと、某所にて容積率の話が出ていたけども、普通の人(少なくとも、自分で家を購入しようとかしない人)は知らない概念だよね。携わっている仕事上で、その手のアレが関係してくるなら当然知っていると思うが・・・。土地を買って家を建てるというけども、助けなしでは、なかなかシロウトには難しい。

家の傍の道幅がどうとか、日照権がどうのとか、あと特例容積率適用区域制度みたいなのとかもあったり、自治体によって微妙にローカルルールがあったりで、色々と面倒臭い。森博嗣は自分で家をデザインして建てたというが、これは父親が建築家で、かつ、自身もその分野に明るいからこそできた事なのだろう(コネとかも含め)。・・・・・あ、消防法とかとの兼ね合いもあるか。耐震性とか、あとなんだっけ・・・・・えーっと・・・・何かあった筈だぞ、忘れたが(笑)
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP