忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0330
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2014

0622

まぁなんか、はずみというか・・・。


クリントン大西の名刺
PR

2014

0602

その昔──ネットが一般化しだした頃、猫も杓子もとりあえずウェブサイト(ホームページ)を作り、その関連文化として「相互リンク」なんてものが流行りました。


なにげに14年もやってる我が「クリントン大西の部屋」にも当然リンクのページがあります、今も(もはや相互リンクしている相手が、狂気太郎さんぐらいしかいませんが・・・・)。


で、サイトを8年ぶりに全面リニューアルした折、「もうリンク集とかいらねーな」と思いメニューからは削除したのですが、『跡地』ということで、この裏日記ブログ経由で(Twitter表示の上のあたりから)行けるリンクページを残しました。


つぅかぶっちゃけた話、メインサイトの方は、かなり減ったとはいえそれでも1日500アクセス(カウンタ上では300前後)ある当ブログの、さらに30分の1ぐらいしか来訪者がいない状況なので、リンクされた相手様としてもあまりメリットのない置き場所といえます(苦笑)


大変の読者にとってはマジでどうでもいい話と思いつつ、一応きちんと報告しておかねばと思い、書いておきます。

2014

0601

あまり休んでいるのもアレなので、近況報告いたします。


トリコの記事を書くテンションは、今のところかなり低空です。長期連載特有のアレといいますか、インフレの収拾に失敗したかもといいますか、もういっそトミーロッド蘇生させちゃったら? とかまぁ色々あるんですが、ワンピースでいうならドフラミンゴ編に突入したあたりとか、ナルトでいうならゾンビ跳梁跋扈しすぎとか、あの辺ぐらいの感じです。


またテンション上がってきたら更新しよう、ぐらいの構えです。


個人的なことを言えば、3月から仕事を始めました。お金さえあれば一生遊んで暮らすところですが、まぁ、ないので・・・・。


プログラムの勉強、JavaおよびAndroidはひと通り学んだところで停止、今は仕事の関係もあり、HTML、css、PHP、JavaScript(jQuery含む)などを実地勉強中です。「CorelDRAW」という、なんかAdobe社のIllustrator的なソフトを使って、絵を描いたりもしています。


その勉強ついでに、昨日、一応「本家」のウェブサイト──長年放置同然だった『クリントン大西の部屋』を全面リニューアルしました。あと、Blogじゃないんですが、『Medium』というのも始めました。


だいたいそんな風に生きています。



2014

0309

お久しぶりです。クリントン大西です。このブログもすっかり閑古鳥がなくようになりましたが(苦笑)これだけ放ったらかしにしていれば当たり前でしょうね。
   
去年のちょうど今頃倒れて一月入院し、腎臓クラッシュにより身障者手帳など貰うような身分となりました。療養し、体調がやや回復しての秋からは職業訓練校通い。今までまったく縁のなかったプログラム言語の学習(Androidアプリ制作、その前提としてのJava言語)に勤しみつつ職場探しを続け、ようやく3月に入ってあれこれに一段落がつき、時間的といいますか精神的に余裕もできたところでいざブログに取り掛かろうかと思いきや……
  
   
「ネタバレ・まとめサイト」に出版社動く
警告なく法的手段とる可能性も

      

    
    
……えっ?
   
  
ネタバレ記事に関して
    
ネットの「全文ネタバレ」に出版社が“断固たる措置”?
サイト運営者が過去記事を削除する動き

    

       
……「ネタバレ=発売前週刊誌の内容を記載」ではないです。
   
ジャンプ発売後だろうと単行本発売後だろうと、読んでいない人にとっては全てがネタバレ。で、限りなく全内容紹介だろうコレ、と出版社側が判断したもの全てが、この「ネタバレ・まとめ系サイト」に含まれるという意味で、当然ウチもそれに該当します。
   
もっとも最近は(個人的事情もあり)詳細な紹介はやっていませんでしたが、過去のものを辿ると、ほぼ全セリフ転載みたいなものも結構あり……
   
あと余裕で画像無断転載してますしな!
  
この辺に関するわたしのスタンスは何年か前にも書きましたが「著作権者」──要するに作者のしまぶーや、しまぶーの意志を受けて行動する人たち(集英社のそれ担当部署とか、弁護士など)が「やめて」って言ってきたらやめるし、「消して」って言われたら消すし、「賠償しろ」とか言い出したら断固ゴメンだけで押し通す、と、まぁそんなような感じでやってきました。
  
とはいえ、とりあえずウチは例のナルトのナニをアレしてる方のところに比べ圧倒的零細。常識的にといいますか、資本主義経済的に考えて、出版社側がわざわざ時間とコストをかけてまでして当方にどうこうしてくる可能性は正直ゼロに近いとは思いますけども、全体的に「そういう流れ」というのであれば、それになるべく沿う形で軌道修正させていただきたいな、と。
     
──────で結論としては、
  
・過去記事はとりあえず放置。
・今後の記事については、内容全網羅という形式はやめる。
・画像の参照も、気持ち控えめにする。
・ホントになんか言ってきたら、先の方針で動く。
   
そんな感じで1つよろしくお願いします。
    
   
あと、休んでいた時期のトリコ感想、ザックリいきます。
   
三虎「小松料理で笑っちゃったんだぜ! 伏線回収!」
アルファロ「え、ちょ……」
三虎「だから小松、もう帰っていいんだぜ!」
☆様「え、ちょ……」
小松「お迎えがくるまで帰ってやらないんだぜ!」
竹ちゃん「え……あれ?」
   
もう何だかよく分からねぇ。
  
で、それはそれとしてグリンパーチとは一体なんだったのか人間界。時はまさに世紀末。
   

  
人類は未曾有の食糧危機に見舞われていた……(原因:マザコンをこじらせ、会社経営にも行き詰まった元社長のストレス発散)
    
で、なんか普通にサラッと帰ってくるトリコと小松。グリンパーチとは一体なんだったのか、特になんてことなく普通に戻ってるココ、髪型が微妙に微妙になったサニー、ちっとも変化のないゼブラ、何でも言ってみるもんですなのリン、禁句は「植毛」「雨上がり決死隊の宮迫」のマンサム会長
  
この仕切り直し感……危険だ。
   
何故か、ものっそい盛り上がりまくった「ワンピース」白ひげ大決戦……以後のワンピのような、このほのかな停滞感
  
といってもアレですけどね、単行本読み返したら、アイスヘル編以後、ゼブラ登場までもわりとそんな感じだったし、テンポ自体は相変わらず早いのでアカシアフルコーの行方を主軸として、すぐさま元のスリリンギッシュな展開に戻ると期待したい。
   

   
新刊。気がつけば、そろそろ30巻。早いですな。
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP