忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0819
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010

0119
19:25

たまに在庫処理せんとな(笑)。

今回は新たに導入したシステムを活用し、古いものから時系列順に表示。こっちの方が分かり易い。Twitter、トラル氏やJM氏も入って俄然勢いづいてきたんだぜ?(でもJM氏は基本、沈黙の艦隊なんだぜ)。



@q_ridaisensei ポイントサイト、色々ありました(過去形)……電気屋もそうですが、あの手のポイントは一種の値引き商法ですからね。わたしは現金派です。

トイレの咆哮──芳香剤は「レモンの香り」となんとなく決めていたわけだが、このたび「石鹸の香り」に変えた。こっちの方が爽やかで良いね。

今朝はマジで寒い。外の道路で水たまりが凍結しており、危うく「おァまァ」とか叫んで滑りコケそうになりましたとも。わたしはカッコイイのでコケませんでしたが、おァまァとは叫びましたよ。

oama.jpg












RT @suzukimasatomo: 政治家のつぶやきを見ていると、連日のように朝早くて夜が遅い。家庭生活もあると。以前なら料亭ばかりクローズアップされたであろうが、報道機関を介さずに自己の情報を伝達したりイメージ形成できる点においてもネットはメリットがある。<同意。

一般的な(陳腐にも程がある)政治家像は、不勉強な物語創作者や、マスコミが作った虚像。いまだに、「政治家は実入りが良さそう」なんて認識の人もいる。では何故、多くの国会議員が借金でてんやわんやだったり、先祖代々の土地を売り払ったりするのか?

《Twitterって確実に廃れると思う つまらない奴がつまらないことをつぶやきまくってる 素人価値無し》 http://bit.ly/8LqxDm ──ネット全体でも、つまらない奴が以下略。でも一向廃れる気配なし。もうちょっと脳みそ使えよ。

《【赤木智弘の眼光紙背】社会は厳しい!それは正しいのだが……》 http://bit.ly/4ZDDYQ ──この論を突き詰めると、「暴走族にも彼らなりのルールがある。互いに住みやすいルールを作っていくべきだ」となる。

ルールの抵触=法の抵触とは限らない。ゴミ屋敷も、騒音も、違法とまでは言えなくても、周囲にとって迷惑(理由・うるさい、不気味)である可能性はある。逆に、祭りや花火大会はうるさいが(わたし的にはイヤだ)、多くの人は受け入れているように観察される。

結局、その場の「不文律(場の空気)」を決めるのは、『多数の人々』といった結論となる。成人式で暴れたりなんだりを、その場の大勢が「楽しいもの」と受け入れたなら、きっとそのまま通っただろう。市長の言う『社会のルール』の大意とは、恐らくその点。先の記事筆者は咀嚼不足。

「団塊の世代」をたまに、「だんこんのせだい」と誤読する若い女性(ここ重要)がいるとかなんとか。さしずめ、わたしは男根の世代ジュニアか。

「入るを計(図)り、出ず(づ)るを制す」──二宮尊徳。家計のみならず、国家にも言えること。

《龍馬と器量/再発見が望まれる日本の文化遺産》 http://bit.ly/6Gf0DA ──いつもイイ記事書くなぁ(しみじみ)。今の十代二十代は、わたし達よりも数段ハングリーだし、意気軒昂・図南鵬翼(となんほうよく)

《「地球から見れば、人間がいなくなるのが一番優しい」鳩山首相》 http://bit.ly/5EiOKg ──まったくその通りだが、一国の首相が言うには薫り高すぎる発言かもな。<「香ばし過ぎる発言」でも可。

ロスチャイルドの陰謀説なんちゃらとかあるけど、あれをまともに受け止めているような人間とは、少なくとも友達になりたくない。

権威主義はどこの「世界」にも蔓延っている。「創作」だけが例外だなどと、一体どうして言えるだろうか。

人間は「動物」だから、動いてナンボ。『頭脳活動』も動きに入る。

否定的なことを言う人は一般に嫌われるが、それは否定だけで終わっているから。否定した理由を話し、かつ改善策を話せば……相手がバカでない限り大丈夫だ。

「死後の世界」とか「オバケ」を信じている人って、実際どれぐらいいるのだろう?

@fukudo 「オバケ(妖怪的なもの)」を信じている人はさすがに超少数派でしょうけども、一方で「霊障」とか「縁起」を真面目に語る人はわりといますよね。まだまだスピリチュアルな世の中なのかも知れません。

《石川知裕議員を逮捕 4億円不記載 東京地検特捜部》 http://bit.ly/5EZP9S──あら逮捕。全容解明の為の逮捕? てことは、現時点で小沢追求の材料が揃ってないわけか。

《消費押し上げ効果6300億円=65%が支出に回る-定額給付金》 http://bit.ly/5WSBne ──現金ばらまいたんだから、消費に反映されるのは当たり前。問題は、その現金がどこから出ているのかってのと、中長期的な経済浮上に何ら役立っていない点だ。<あと、バラまく為の人件費もかかっているぞ。

自民党の政治家は盛り上がっているようだが……今回の検察の動き、ホリエモン逮捕の時と似た胡散臭さを感じる。どっちにせよ、この種の「敵失」で自民の支持率は上がらない。「似たようなもの」と思われているから。

1パーセントも99パーセントも可能性。

RT @suzukimasatomo: 経済情勢が原因ではなくて、日本の閉塞感というか、文化大革命のような妙な空気が嫌だったと。そういう印象を与えたということが衝撃的だ。確かに身の回りでもがつがつ意見を言う奴が減っているね。大人しくてお利口さんさ。インテリほど。

《日本で電子ブックを成功させるには》 http://bit.ly/8AY0pp ──ソニーがここまで「臆病」になるほど、「馬車事業保守派」が力を握っていることが問題。これも財政と同じ、一種のモラトリアムだ。「夏休みはまだ終わっていない!」と。

ホウレン草は『菠薐草』と書くが、法蓮草とも。法蓮とは、飛鳥時代あたりの坊さんの名。「その人にまつわる話が?」……特にない。つーか、ホウレン草の日本伝来は17世紀。

孤独に耐えられない人は、人と違う生き方をすべきではない。<孤独を目指せ、という意味ではない。一人の力は限られている。・・・・ただ、時として「孤独に耐える時期もある」ということ。

mixiのアプリゲーム「アクアリウム」にプチはまり中。焦らず、ゆっくり。

神戸・淡路大震災から15年。震災の教訓? 可能な範囲で活かされている──という評価がフェアだろうな。「あれがけしからん、これがけしからん。だから教訓は活かされていない」というような物言いをしたがる人間には注意したい。単なる偽善者の可能性がある。

「可能な範囲」とは、「コストの許す範囲」だ。災害予防の議論は必要だし意義のあることだけども、コスト意識を度外視してはならない。弱者救済にしても同様。

マンガ雑誌「モーニング2」を立ち読み。『聖☆おにいさん』で、なにげにマーラルシファーが、ブッダイエスの家にあがりこんで鍋つついてたのにはビビッた。



ブログなどで書いている「ネタ」は未加工の思いつき。第三者の(例えば創作などの)材料として、ちょっとでも貢献できたなら幸い。

小沢批判同様、検察批判も「一辺倒」でやるのは不見識。多くの検察官はマジメ、誠実。総理大臣に、なぜ(検察の)指揮権が与えられいるのか? メンツにこだわる検察庁を救う為、という見方もあるいはできるわけで。<ま、なんか指揮権は使わんらしいですが。

わたしが面と向かって対話した海外の人は、韓国人、中国人、イギリス人、フランス人、フィリピン人、ブラジル人、そしてアメリカ人だけ(耳目が狭い)。その多くとは言葉が通じなかったけども、しょせん同じ人間。わりと何とかなるもんですよ。

ハリーポッター(原作)には、「リトマス試験紙」的な効果があることを最近知った。

結局のところは「好き、キライ」か……。

本日未明、近所で火事があったらしい。警察が、今も道路をテープで封鎖している。消防車もたくさん。働き者だ。

唐揚げには、やはり唐揚げ用の粉を使うのが一番と悟った。

《<平沼赳夫氏>蓮舫議員の仕分け批判「元々日本人じゃない」》 http://bit.ly/6YzZtf ──素直な人だな。http://bit.ly/4LDhrY ……<過去に書いた通り、わたしはこの政治家が嫌いである。「本性」ってやつは、やはり漏れるもんなんだな。

コメントの一部だけ切り取って政治家批判、という批判をまま見かけるが、それは正論だ。前後の文脈を知らなければならない。鳩山首相の「戦ってください」は、確かに言葉が軽い。ただ、こんなことぐらいでギャーギャー言う野党もどうか。麻生前首相の発言に対する揚げ足取りと、次元が同じ。

しかし、支持母体そのものに資金源がある共産党や公明党はいざ知らず、献金疑惑の件で自民党がそこまで声を上げられるのか? と素朴に思う(野党だからもう何でもいいのかな)

隠れ鉄、意外と多し。「乗り鉄」「時刻表鉄」は、ブツが残らないだけに隠しやすいのかも。

『ジャングルの王者ターちゃん』、何度読んでも笑えるし泣ける。



原作のハーマイオニーは、別に美人とかそういう設定じゃないんだよな本来。中盤以後、原作者ローリングが、映画の制作に作中ビジュアル描写を合わせたような向きも若干。

やっと知ってる人からフォローが来た。喜ばしい限り。

電子出版が本格化したら、日本語小説などの『英訳』も増えると思う。保守的な出版業界が、みるみる「数撃ちゃ当たる」のベンチャーモードに。

電子出版が本格化すると、メジャーな(良く売れる)作品が活気づくのは無論として、一方でマイナーな、「時間をかけて売るタイプの作品」も悪くない効果が得られる。だって、ずっと『本棚』に置いて貰えるんだから。<売れないが質の高い『純文学』・・・なんてのにとっては、むしろ福音。

たまに食うチキンラーメンがこんなにうまい不思議。

労働規制は経済発展の足枷となるが、例えば「名ばかり管理職」「名ばかり店長」みたいな脱法職は許すべきではない。これらは、正社員の保護がきつすぎる為に生まれた副産物。<「上」の給与がカットしにくいのであれば、「下」の給与を最初から抑制するほかない。

「飼い犬」とか、ああいう表現ブログで書くとまた嫌われるだろうなーと感じつつ、でも一番しっくりくる表現だから、やはり使うのであった。

《自費出版の時代》 http://bit.ly/89kMMN ──既存の職業作家は、こうした流れに対しどういう認識なのかな? 出版社との関係に配慮し、発言を自粛しているのだとすれば、賢明だが腰抜けだ『表現者』の看板は下ろすべき。

アシャー氏が、「作品に自信があるなら同人誌で出してはどうか。それで成功した作家もいる」と言った。一理ある。一方で、Amazonが(電子)自費出版サービスに乗り出すという話も。面白い時代になったものだ。

テキサスバーガーというものが流行っているようだ。テキサスと聞くと、どうしても『テキサス親父』を思い出してしまうが(笑)





・・・・・我がごとながら、ほっといたら無限に呟きそうだな(苦笑)。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP