忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0819
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010

0625

おおよそ半月ぶり(6/8~最新分)

厳選Tweet集。日々、様々なことを呟いております。

※ブログ版過去ログの特色=注釈入り。オマケ入り。
※Twitter純正ログの特色=全部読める。リアルタイム。オマケなし。





hansei.jpg





「透明性」もバランスの問題だけども、今の世が「あまりにも透明側に傾いている」とはまったく思わん。まだまだ「不透明が不健全な時代」でしょう。<企業のコンプライアンス云々については、無駄に厳しすぎる一面もあると思う。でも、従来の密室的・護送船団的カルテルが良かったかと言えば、当然よろしくない。この辺は、試行錯誤のもと修正していくしかない。

鳩山前首相に比べ、菅新首相はパフォーマンスが上手い。それ自体は政治家の資質だし、小泉元首相の時同様「劇場政治だからイカン」とはまったく思わない。

世襲がどうとか、政経会出身がとか──もっと言えば「政治とカネ」なんてのも含め、ぶっちゃけ些末な問題だ。血液型占いよりも、更にどうでも良い。<その政治家、その政党が「何をするのか? するつもりなのか? また実際に『できる』のか?」・・・・・それが一番大事なことだ。

新聞の勧誘員、昔はそんなに凶悪だったの? 我が家にこれまで来た勧誘員は、みんな気持ち悪いぐらい低姿勢であったが……。

《DQNカップルに復讐を試みた》 http://bit.ly/93gW3E ──このテキストは凄く面白かった。まさに小説。なるほどなぁ、こうやって読者の感情を煽るわけか。勉強になるなぁ。<とにかく感情移入度がハンパない。

「ガラケー」って「デコケー(デコレーション携帯)」の親戚とばかり思っていたが、「ガラパゴス携帯」の略称だったよ……<わたしが持っているauのsportioも、立派なガラパゴス。

Twitterがビジー状態の時に出てくるクジラ……あれは、ユーザーがクジラを憎むよう仕組まれた、捕鯨団体の陰謀だッ!(くわっ) 緑豆の人達は、きっとこの仕様に抗議してTwitterストを敢行しているに相違なし。

民主党に本来期待すべきは、外交や経済政策ではなく「行政改革」。でも、退職管理基本方針原案がそのまま通るとすれば、ロートル官僚ばかり高給で居座る結果に。「国家公務員2割削減」は若手採用減で対応とか……。これでは、既得権益側の政党と見られても、あまり言い訳ができない。

ソクラテス>プラトン>アリストテレスの三連鎖は、世界史的に見てもかなり希有な現象。アレクサンドロス大王の家庭教師がアリストテレス、ってのも面白い。

どんな政治家であっても、政治家である以上一定の「ファン」が存在する。亀井静香にも当然いる。「亀井さんほど、経済について分かっている政治家はいない!」───そ、そうですか……。

「アカギ」24巻(最新)を読んだ。いよいよこの超ロングラン麻雀もフィナーレか。もう笑うしか選択肢がないぐらいテンション上がりまくりの鷲巣様。あまりにも恐すぎるアカギ。最近はバキ並の引き延ばしが目立ったが、この24巻は傑作だ。



鷲巣様「わしは生きてる限り、勝つ王っ! 英語ならキング! ドイツ語ならケーニッヒ! イタリア語ならレッ! レレレ! レレレ! レレレのレッ!」──何しろ、このテンションだからな。

右代宮家はツンデレの血が濃すぎる。

(海外作品の)邦題ねぇ……。タイトルではないが、『ドラゴンランス戦記』の「damn it!=神々の名にかけて!」はかなりの超訳だと思った。

今回のワールドカップでわたしが気にしている事はただ1つ。選手や観戦に向かったファン達が、全員生きて無事に帰れるかどうか。<既に強盗に遭ったマスコミ関係者多数。死者は今のところ出ていないようで、それは何よりだ。

中国ニュース通信社「レコードチャイナ」は、意外と“読める” ニュースサイトだ。これも日本向けの、イメージアップ戦略なのかもね。こういう姿勢は、日本も見習った方が良い。変態ニュースを流すのではなくして。<常にサイトの左上に「国際結婚うんぬん」の広告があるのには若干引くが・・・・。

アメリカの陰謀云々の話は置くとして、「鳩山前首相が沖縄の基地問題に取り組んだ事自体が悪い」という主張は、内地の人間が言うならともかく、沖縄の人が言うといかにも奇異だ。自分らの為に努力し失敗した人間を一斉にコキおろすなんて、とても下品な事であるし、しかも何の意味もない。<結果的に、ソレで一番損をしたのは沖縄。

鳩山前首相の沖縄問題の取り組みについては「慎重さに欠く」という評価。日本の自衛隊だけで全土を防衛する、というなら、「憲法をどうするのか」とか「核兵器を持つのか」といった議論に当然流れる(露、中国、北朝鮮は核所持国だ)。入念な前準備が必要であろう事は、論を待たない。

「憲法改正など不必要」「核兵器を所持する必要はない」と主張する人達もいるが、例えば現在、中国は尖閣諸島の奪取(彼ら流に言えば「奪還」)に意欲を燃やしている。最近の挑発的な軍事行動に対し、自衛隊が十全の対応を取れているか、と言えば、これは極めて疑問だ。

また、主権国家として真に独立するとかいうのであれば、最低でもスパイ防止法に類する法案が通っていないと話にならない。今も昔も、我が国は(ほかの国にとって)スパイ天国である。先進国の中で、ここまで「だだ漏れ」な国家も珍しい。<この事自体、知らん国民多いしな。

「食い物を残すような人」は、口で感謝感謝言ってても駄目。ニセモノ。食べ物に感謝できないようなヤツが、人間に感謝できるわけなかろう。

itadakimasu.jpg

















男が財布にコンドーム、というのは良く聞くし何度も見たが、女が財布やバッグに……というのはまだ知らない。単に言わないだけかも知らんが──道理を突き詰めるに、後者の所持率100%ぐらいがむしろ当然という気も(男に何かを期待しちゃいかんですよ)。

「プラネテス」でも描いてあったけど、宇宙開発なんて途方もないシロモノに莫大な金を出させるには、ああしたドラマチックな演出も必要って事なんだろうね。「人は感情で動く」というわけだ。<もっと言えば、人は感情で動いてしまう、か。

ゾイド懐かしいー」と大学生などが言う。とっても違和感あり。だってアレはオッサン達が懐かしむアイテムでは? ……と思ったら、99年に復活&アニメ化してたのね。ちっとも知らなかったぜ。<小さなゼンマイで動くやつを1つだけ持ってた。造りがイイんだよなぁ。

「大量死がある世間」「人がゴミのように死ぬ世界」=ミステリ大流行 ──というのであれば、ジンバブエやソマリア、イラクで大流行するハズ。ただし、たぶんカネにならん。

「事業仕分けした民主党が、『はやぶさ』帰還成功に湧くのは超KY」みたいなツッコミ方々であり。しかしロケット云々の予算は先走りだったとしても、科学予算に明らかな(研究用途以外での)無駄が多いのも事実。その辺を一緒くたにせんよう、内容精査に努めたいところ。<何度も書くが、事業仕分けというアプローチ自体はまったく良い。「削れば良いってモンじゃない」のは確かにそうだが、それを理由にまったく削る場所がない、なんて言うのはおかしい。

人の欠点ばかり目につくのは弱っているからだが、人の長所ばかり目につくのも、また弱っているから。「あるがままに視る」ってのはホント難しい。褒めりゃいいってもんでもない。

クーパー靭帯というものの存在を知った。<多くの女性は、今も地球の引力と戦っているのだッ!

「はやぶさ」擬人化、その発想はなかったわ>http://bit.ly/b5Gah6

ホームレスを保護したり更生させたりするのは無駄ではない。もっと言えば、別に可哀想だからやるわけでもない。でも、「哀れでしょ? 救わなきゃ!」って言っといた方がウケがいいってのはある。<タテマエ社会の弊害だな。

「格下婚」──久々にビビッと来るネーミングだな。<でも、男がこれ言ったとなれば、きっと女性蔑視ってことで社会問題になるんだぜ?

「ゲームなんかやってる暇あったらマンガ描けよ」「ゲームなんかやってる暇あったら小説書けよ」「うるさい! これは創作の肥やしになるんだ。だからいいんだ!」「作物ってのは、肥料やりすぎても死滅するらしいぜ?」

民主党が、従来の公約を大々的に修正(自民のパクリだが……)すること自体はまったく良いと思う。ただし、あんまり方針をコロコロ変えると、「どうせ今回の約束も、臨機応変にコロコロ変わるんだろうな」と有権者に思われる危険はある。

被害妄想はやめよう、と警戒心を解いた途端騙されたり殺されたりしたらアイタタタであるが、小説とかだと結構そういうの多い。でも被害妄想を抱きっぱなしでもそれが裏目に出てあびゃばばばばとかもあり、結局どうすりゃいいんだ。<どうしようもないですね。

「残業やってる=仕事を熱心にやってる」という通念、いまだ根強し。

116277642.jpg










「女は腹黒い」とか言うが、では男は腹黒くないかといえば充分ドス黒く、つまり人間はみんな真っ黒なんだよ安心安心!

《東京大、首都大生が女性をドブスと罵り執拗に付き纏う動画をうp→炎上》 http://bit.ly/caUDa1 ──普通にクズだ。連中は、たまたま致命的に頭の弱い子だったのでこうして表沙汰になった訳だが……これも氷山の一角なんだろうなぁ。

自民も民主も消費税に言及。まぁ、民主は自民の政策を悉くパクっているのだから、当然そうなる。政策上の差が縮まった分、残った幾つかの相違点で勝負となるのかな。郵政逆行法案、外国人参政権、夫婦別姓、外国人登録証提示義務廃止などに賛成ならば民主党に投票……てとこか。

シーシェパードとかああいう団体は、何故、世界中の紛争地域に突っ込んでいかないのだろうな? 「人間は賢い動物だから殺すな!」とか言ってさ。<きっとヒトより、鯨の方が格上なんだろうね。

スキー場のリフトって、なんかめっちゃ恐い。何だあの「落ちろ」と言わんばかりのデザインは。結構高さあるし、実際に落ちて死んだ人多いし……よく安全神話大好きの日本人が、あの形状に文句をつけないものだ。不思議で仕方がない。

《「親の所得が学力左右」文部科学白書が指摘》 http://bit.ly/bkSHI8 ──「だから、もっと予算をよこせ」だろ? アホ学生を大量生産することに何か社会的な意味はあるのか、とか、もっと中身の議論をやらんとな。

相撲には正直興味がない。朝青龍が面白いと思い、一時期観ていた事もあったが、なんかアレな辞め方して(というかさせられて)「あぁ、つまんねぇな」と。“伝統”ってのは、やっぱ既得権の別称に過ぎないのか?

相撲は神聖なものとか言ってる連中いるけど、じゃあ何でカネ取るんだよ。念仏商売坊主と大差ねぇじゃねえか。プロ格闘技でエンターテイメント、そこに精神論を持ち込むのは結構だ。が、妙な密室主義を正当化する為の金看板に「ソレ」持ってくるとことか嫌いだ。<ま、相撲に限った話じゃないが。

偉い人の「鶴の一声」で番組降ろされたりとか連載降ろされたりって、未だにあるんだなぁ。で、ネットでバラされて恥かくという。……てことは、昔はもっともっと酷かったわけか。そういう意味では、いい時代になった。

電子書籍全盛になると、「勝ち組」「負け組」の差が広がるという説を良く耳にする。これは逆で、長期的にはむしろ縮まる。理由は、「マイナーな良作がずっと書棚から消えない状態だから」──いや、どっちにせよ良い作品じゃないと駄目だよ? それは当たり前。

自身にコンプレックスを抱く人間ほど攻撃的であると聞く。うーん……わたしは自分大好きなんだけどな!(笑)

まぁコンプレックスは誰にでもあるだろうが、それを表に出す出さんの差はあるかな。「余裕ある人間と見なされたい」って願望が余裕ある態度を生むとすれば、それはそれで結果オーライ(わたしはそういう演技タルいから一切しないが)<歴史上の偉人なんて、たいていコンプレックスのカタマリだったりするけどもね。

日本の出版社も新聞社も、元編集者が重役やら社長になる。これは非常におかしなことだ。記者や編集者は、その道のプロではあっても経営のプロではない。なのに、そういう人達が将来、経営に携わる。

18万票獲得した候補が落ちて5万票しか取れなかった候補が当選 ──とか、年金ばっちり納めるより、生活保護の方がたくさんカネ貰えるし保障も色々つく──とか、こういう「頑張った者負け」みたいな状況があると、やっぱ社会も歪むんでしょうな。<そりゃサボった方が得ってんなら、みんなサボるわな。

日本人はプロトコルに凝りすぎて、中身を伝達することがとても苦手……であるような印象。要するに回りくどい。一億総「官僚文学」の世界。

やべぇ、笑い死ぬかと思った。つか、ホント誰か気づけよ。建てちまう前に>http://bit.ly/c1ole4

賢い奴は嫌いじゃないが、お利口な奴は嫌いかも知れない。

「ゴーン社長は首切り上手」と聞いて、ふとウィザードリィを思い出してしまったのはわたしだけではあるまい。<忍者のクリティカルヒット、とか言ってもあんまり通じなさそう。

本日沁みた言葉「闇雲に仕事をやって、忙しさでまやかしの充実感を味わっている場合ではないのです」<忙しい忙しいってのは、ある種『仕事ゴッコ』みたいな側面があるかもな。

「戦術核ペンギン」ってすごい言霊力だな(ビールの名前らしい)

高知のヤクザは「しらすの密猟」が資金源と聞いて、「なんだえらく微笑ましいな」とか思ったわけだが、実はかなり深刻な社会問題らしく……高知の皆さんスンマセン。<ヤーさんも、地域によって様々なシノギを持っている。何とか絶滅させる方法はないものか。

新聞の一面に載るぐらいであるから、相撲騒動はテレビとかでも大々的に取りあげられているのだろう。今気配を消したい民主党としては、思わぬ援護射撃になっている観がある。

「ブギーポップは笑わない」とか「岸辺露伴は動かない」のように、「~は(が)~ない」というタイトルが多いことに気づいた(特にラノベで)。「ない」と否定しつつ、ネガティヴな感じがしないよう皆工夫している感じ。これをクリントン大西の法則と勝手に名づけたい!<・・・・「タイトル付けの技術」については、例の本で詳細に書かれてたりもする。

何故か突然、筋肉を鍛えたくなってきた。それもラクしてッ!(<かなり重要なポイント)。というわけでここ数日ストレッチとかやっているのだけども、これは元々充分な筋量がないと効果が薄い(そして我が筋肉は衰えまくり)。さて、どうしたものかと調べているうち──(つづく)

何にせよ基礎トレが必要。でも腕立てとかはすぐに飽きる。そこで見つけた魔法のトレーニング、それが「加圧トレ」だ! あの加圧全身スーツ、そういや『喧嘩商売』の十兵衛も着てたよね。成長ホルモンがどうとか……

しかし加圧トレ、なんかシロウトがやると危険とある。一方、「自宅でもできるスーツ」は結構なお値段。うーん……筋肉への道は遠いな。

「しかし、何でまた筋肉を?」──昨日その辺を歩いてて、マッチョな兄さんを見かけたわけですよ。二の腕とかもうゴリラ並。まさにトリコ。「わ、わたしも釘パンチを打ちたいッ!」……きっかけなんて、その辺に転がってるもんですよ。

kugi.jpg












剣と魔法のファンタジー世界であっても政治問題や経済問題はある。当然、インフレやデフレもあるわけだ。そういうところまで克明に(そして簡潔に)描かれたファンタジー小説を読んでみたい気もするが、たぶんない。やっぱ、自分で書くしかないか……。<具体的にいえば、税体系とか細々とした法律。王制と軍閥の勢力バランスとか、教育制度とか、公共事業だとか・・・・言い出したら無限にある。

@korerou 例のアレ>http://bit.ly/bmTzko ──例えば「魔族との戦争でかえって人類繁栄」みたいな話は、ハイエクの手法で反論が可能であったりもし、その辺を煮詰めてみるのも面白いなぁと思いましたよ。

岸辺露伴ルーヴルへ行く」を読んだ。ルーブル美術館との共同企画作品。絵柄を、少し「バンド・デシネ風(フランス、ベルギーを中心とした漫画のこと)」に変えている。SBRクライマックスなのに、余裕あるなぁ。

荒木飛呂彦自身は、バンドデシネ(BD)的なものではなく、日本の漫画であることを意識して描いたと語っている──が、やはりこう、「先走った意識」があるように感じたな。これも岸辺露伴流に言えば「敬意の表れ」か。

OECD(経済協力開発機構、通称「先進国クラブ」)加盟国中、もっとも解雇の難しい国=日本。これを「素晴らしいこと」と言ってる人がいるけども、みそ汁で顔洗ってきた方が良い。世代間格差とかって、聞いた事ある?

やっぱり地道に筋トレをやることに決定(金かからんし……)。腕立て伏せを、負荷のかかるやつ(いったん途中で止めたりする)で10回やったら、上腕二頭筋が破裂しそうになった。おおぅ……こいつはキクぜ……。

「筋トレって、健康の為とかダイエットの為に?」──そんなモノはどうでも良いのです。要するに筋肉を搭載したいのだ。意味もなく鍛え上げたいのだ。男ってのはそういう生き物なのだ。

腕立てでも腹筋でも、10回で限界を迎える方法(そうなるように負荷を調整する)が良い、とは昔剣道部でも教わった。で、その後疲労した部位をストレッチ>全身ストレッチに移行。

《「ドブスを守る会」の首都大学生、退学処分に》 http://bit.ly/dww4tB ──あ、終わりますたか。当然といえば当然の結果。自分史に武勇伝ができて良かったね。<ヒトクチで言えば「ザマーみそ汁」。

消費税を福祉目的税化?──無原則な福祉バラマキが加速しそうだ。福祉強化に有効なのは『負の所得税』。その財源として一部を利用する、というなら分かる。結局、行政改革できないとどうしようもないが。

朝、たまたまワールドカップの日本vsデンマークやってたので後半ちょっとだけ観た。まぁ、観たら観たで面白いもんだ(勝ったしね)。なんだ、日本、結構強いんじゃないの?<なんか前々から「日本テラ弱スw」みたいなものをたくさん読んでいたので、てっきり「あ、そういうモンなのか」と思っていた。

わたしはサッカーのことを殆ど良く知らないのだが(オフサイドって何? ぐらい)──日本の3点目、あのゴール目前でのパスはなんだか凄かったような気がする。

TL上に、日本チーム勝利ヤッホーおめでとー系コメント乱舞中。そうか……結構みんな観てるんだなぁと。

CMで、いきなり自民党のドロロ谷垣総裁出てきて吹いた。あざとい時間帯に挟むなぁ……「もともと日本はイチバンの国!」

しかしアレですな……ワールドカップ始まる前、あれだけ徹底的に日本チーム叩き倒していた2ch「ニュー即」系列、あの感動的なまでの手の平返しは一体ナンなんだ。お調子者ってレベルじゃないだろ。

少し考え、答えが出た。そうか、お調子者じゃなくツンデレなんだこいつらは。めんどくせぇな、ツンデレ。<新聞とか雑誌で「日本代表は駄目です」みたいな事書いてた人達は、揃って叩かれている。でも、このツンデレ共は誰からも叩かれない。

気がついたら、腕を蚊に刺されていた。今年も奴の季節がやってきた……。



大根の葉っぱを育てるのが趣味。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP