忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

1022
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010

1029

超ォ~ひっさびさに追加だな。

従来の編集方針をやや変更し、今後は第三者からふぁぼられ(☆マークをつけられ)たり、リツィートされたり、何らかの反応があった記事・・・・・に絞って転載しよう。『自選』より『他選』の方が良かろうなぁという事で。

※ブログ版過去ログの特色=注釈入り。オマケ入り。
※Twitter純正ログの特色=全部読める。リアルタイム。オマケなし。




hataramuri.jpg









バイト先でもいいんだけど、職場でね、メチャ頑張る人がいて……でも、日本社会だからそんなに頑張っても大して給料変わらないと。そうなってくると、頑張り屋さんはイライラしてきて、ダラーっと仕事してる人に当たるわけ。本当は上司に当たる(抗議する)のがまっとうだが、リスクあるしね。<結論として、頑張り屋さんは自営業やった方がいいですマジで。皆が幸せになれる処方。

長年人間やってると“恥さらし”なことが無数に出てくるわけだが── 一級一線一流の人間は全員ソレ潜ってるから。むしろ、恥ずかしいことがない人生ほどヤバイものはない。 <それはつまり『挑戦していない人生』ってことだものな。

最近政治の話書いてないなぁ。「民主党に一度チャンスをあげよう」という国民の選択は、それほどナンセンスかつアホなものではない。実際、やらせてみないと分からなかった部分というのは幾つもあった(良きにつけ悪しきにつけ)。<本来、そうやって政治は“成熟”していくものなのだ。

いつぞやの「事業仕分け」で、科学予算削るのはケシカラン、一番目指さないとか何言ってんだ? という批判があった。「一番うんぬん」ってのは揚げ足取りで、科学だろうとスポーツだろうと、コスト意識をもって取り組むのは当たり前だろう何言ってんだバカか死ね──という当たり前を、再度書こう。 <「一番を目指すことが大切」・・・・・それは、根性でアメリカに勝とうとした旧日本軍の方針と、どこらへんが違うんだ?

スタジオジブリ、原発売店「即刻取りやめる」……? なんで原子力発電所のPRにジブリ使ったらいかんのか意味が分からん。きっとそういう人達って、電気を使わないライフスタイルを確立していらっしゃるのだろうね。 <日本で使われている電力の何%が原子力発電によるものか、知ってる?

現在の推理小説ファンに言いたい。そろそろエラリークイーンとかのネタバレをやめてくれ。マジでまだ一作も読んでないヤツがいるんだよココに。 <あの『古典ならネタバレしてもいいだろ』みたいな空気は、本当に何というのか“マニアの得手勝手”っつー風合いだよな。まぁ、推理小説と名乗る時点でたいがいネタバレしているのだけども・・・。

日本の小説も、いつか全部横書きになると予想している。でも、既存の小説をいきなり横に直してもうまくない。『横書き用』に書かれていないからだ。横書きで小説を出す以上は、横書きを想定した文章でないと。 <「日本語は縦書きでないといかん」なんてのは単なる固定観念、という意見だ。純粋に「慣れ」の問題。

マンガの違法アップ、コピーの問題。作家が軍団で警察に被害届出しまくるとか、そういうダイレクトな作戦に出ないのは何故か、といつも不思議に思う。時間がないからかな? 直接収入に響く問題なんだから、その辺は出版社も巻き込んで割り切るべきだと思うが。 <意外と「どうでもいい」なんて思っているのかも。

自民党のドロロ谷垣総裁が、「削った公共事業を復活させて景気刺激だ!」などと言い出した。自民=公共事業バラマキ。民主=福祉関連バラマキ。……どっちを選んでもバラマキか。 <日本も先がねぇなあ・・・・ふへへ、いいぞ~。

「神は全知全能だ。何でもできる、何でも分かる」「つまり、全てがオールネタバレ+望みがすぐ叶う、か。そんな“人生”を永遠にとか、自分だったら気が狂うだろうな」「その通り。論理的に考えて、神は狂っている。だからこんな世界なのだ」「痛く納得した」

天気予報では晴れなのに、昼過ぎから雨雲どわどわ。でも結局降らず──どれだけ皆を弄(もてあそ)べば気が済むんだッ!(言ってみたい台詞)

ファンタジー舞台のシミュレーションゲームって、だいたいプレイヤー側が「大儀ある反乱側」で、敵は「体制」なんだよな。スパルタカス気取り、というわけですよ。 <いい加減ワンパターンだと思うんだが、まぁ、根強い需要があるんでしょうな。強い奴をブッ倒す=カタルシス、というわけだ。

「憎い」って感情は、「愛おしい」って事でもあるわけだ。……てこたぁ、イエス・キリストあたりの聖人は、さしずめ憎悪のカタマリか。 <ある意味、無慈悲な神サイドに傾きつつある訳だ。

久々にネットに復帰して思ったこと。「世の中は雑音に満ちているよな。でもそれが面白いんだろうな」

熱心な読書家ほど再読をしない傾向が見て取れるが……それは果たして読書家なのか? とか難しいことを考えたら頭が眠くなるので天突き体操でもしようっと。



何度か書いたことだが、本日思うところあり、もう一度書く。“言い訳”をしないヤツは無能だ。そんな「よそ行きの格好良さ」は、ドブにでも捨ててしまえ。また、言い訳しない姿勢を評価するようなヤツは馬鹿だ。先入観を捨て、マジメに脳みそを使った方が良い。 <切り捨てるべきは「言い訳」ではなく「つまらない言い訳」だ・・・・が、実はその「つまらない言い訳」でさえ、聞く側の役に立つ。

ある人の行動や発言について「バカじゃないのか」と思っているなら、口に出した方が“安全側”だ。何故なら、実際にはまったくバカなことではなく、自分の指摘自体がバカだった、ということも大いに有り得るからだ。発信すれば、誰かが突っ込んでくれる──「可能性」が生まれる。 <他人の指摘など一切不要、という人間ならば必要のない行動方針。・・・・でも、そんな人間いるのか?

「すいません」って言ったり書いたりすると、二階堂黎人に怒られるゾ!(本当)。だから謝る時は「サーセンw」でおk。「ごめんなたい」でも可。 <二階堂黎人は決して嫌いな作家ではないが、あのたまーに飛び出す日本語講座には、正直なところ辟易(へきえき)する。それは行儀論であり、本質論ではない。

ウェブサイトなんてもんは、見切り発射で作ってしまい、即アップ。さっさと衆目に晒す>未完成品は恥ずかしい>ガンガン更新、コンテンツ追加>気がついたら体裁が整っている──まさに人生!

マッチ売りの少女は可哀想だが、マッチ売りのオッサンだとあまり可哀想じゃない。逆に「マッチなんて売ってないで、もっとしっかりしろよ」と言いたくなる。人は平等ではない。

中国の問題に絡み、美味しんぼの原作者・雁屋哲は何か書いているかなと思ったら、非常に厳しい事を書いていた> http://bit.ly/d1kJRT こうやって中国を批判すること“も”書く姿勢は、ニュートラルで良い。まぁ意見はわたしと違うわけですが。 <これは素直に見直したな。雁屋哲を「ねじくれた極左・売国作家」などと指弾してやまぬ向きの人達にも、是非読んでいただきたいところだ。

肉親関係の苦しみってのは、やはり当事者にしか分からんモンだな。もう金輪際、知った風な顔をして「これはこうした方がいい」とか言うのはよそう。ヘタすると刺される。

かっちょいいフレーズのメモ:「建築は凍れる音楽」

仕事できねーヤツってのはどこの職場でもほぼ必ずいるものだが、そういった『弱者』に対する対応の仕方で、その人の人間性ってメチャクチャ明快に出るんだよな。普段演技して分厚い仮面かぶってるヤツでも、何故かそこだけモロに出る。 <どんな演技達者も、「優越感」には逆らいがたいらしい。だから、ジワッと本音が滲む。

子供に財産なんざ残すもんじゃないし、また子供も、そんなモン期待するようなオトナになっちゃいかんと思う──これは、あくまでわたしの考えだ。きっと、世間の常識とは異なる。 <西郷隆盛の言葉を贈ろう。「児孫のために美田を残さず」────政治家の世襲うんぬんでギャースカ喚く連中が、自分達の遺産相続時だけ立場を変える・・・・訳はないよなぁ?

失敗しない奴=優秀な奴、ではない。「失敗しない」のは、多くの場合、そもそも何もしていないからだ。大きなシゴトをしている優秀な奴ほど、実は失敗しまくりだ。 <故、「減点法」による人材評価は、その集団(例えば企業)にとってマイナスである。ミスをしない「だけ」の奴が上に来やすい。だが逆に「加点法」にのみ偏るのもマズイ。大いに失敗しろとはいっても、やはり限度というものがあるからだ。詰まるところ、やっぱりバランスが大事。

普通の人は発言の内容ではなく、発言者を見て感想を述べる。中卒の無職より、東大卒の大学教授の方が、たぶんいい事を言うだろうと。要するに、いちいち考えるのがメンドクサイんですな。

今のキリスト教徒は、大昔の十字軍遠征とかについてどういう考えなんだろうな? あんな大殺戮が天の御心に適うわけはないので、やっぱ従軍した兵士達は地獄行きか。 <法王が正式に十字軍遠征を誤りだったと認めたらしいが、当時の兵士達は、神の御心に添うものと信じて行ったんだものな。「後付け」で地獄送りにされちゃ、たまらんよなぁ。でも逆に連中が天国に行ったのだとすれば、「あんな大侵略、大殺戮やらかしても天国行けちゃうの?」となるし・・・。

二宮金次郎……だったと思うが、「明日食うものがなくなったとしても、これまで使えたことを食器に感謝し、キチンと茶碗を洗い、綺麗にしてから餓死しろ」という言葉があった。なんだか知らんが、凄い迫力だ。

人の成功を見て「才能だ」とすぐさま言い募るニンゲンがわたしはキライだ。まるで、その成功は“生まれついての幸運”によるもの──努力など関係ない、と言っているようなものだからだ。ふざけるな。お前らは、そもそも“努力”なんてした事があるのか?

買い食い、外食、飲酒喫煙をしておきながら「貧乏だ! 苦しい!」と言っている人を見るたび、なるほど馬鹿だから貧乏なんだろうなぁと思う。

kasebin.jpg












【婚活茶会に女30人申し込むも、男はゼロ】 http://bit.ly/apdCRx ──わたし個人としてもこういう場に送り込まれるのはご免被りたい気分。てことは、わたしは草食系男子だったんだ! イヤッホウッ、拙者、人畜無害でござるよ? <プロフィールにも「クリントン大西=草食系」って書いといたろ。



ヨイショー! ヨイショー!

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP