忍者ブログ
クリントン大西の裏日記

2017

0725
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011

0212

1ヶ月半ぶりの追加。こっそりと人気コーナー

前回同様、今回も第三者からふぁぼられ(☆マークをつけられ)たり、リツィートされたり、何らかの反応があった記事・・・・・に絞って転載。『自選』より『他選』の方が良かろうなぁという事で。

※ブログ版過去ログの特色=注釈入り。オマケ入り。
※Twitter純正ログの特色=全部読める。リアルタイム。オマケなし。




toshiyorikusa.jpg











わたしは自分の生き方を卑下しない。そんな暇があったらケツでも掻くわ。<自己卑下する人って、まさに「卑しい」んだよな。でも世の中、その卑しさの殆どが「謙虚」で通っちまってるようにも観察される。

親は子の人生に干渉するな。ズレた親心は、子供の心をどんどん蝕む。

勝手に相手の毎日を想定し、「こういう人生なんだろ?」と決めつけるのはやめよう。でも、わたしについては好きに思って貰って結構です。 <ただし「言う」んなら、反撃も覚悟しろよと。

「石川啄木、中原中也ぐらいは読んでおかないと」──みたいなのが大嫌いだ。日本の国語教育は、確実に“詩嫌い”を増やしている。小説もまた同じで、「この作家のこの本ぐらいは読んでおかないと」なんて誰かが言うたびに“小説好き”が減っているように思える。残るのは、権威主義的な読者だけ。

「石川啄木、中原中也ぐらいは読んでおかないと」──ではなく、「石川啄木、中原中也という詩人がいる。彼らの作品、自分は面白いと思うが、好みもあろうから別に読んでも読まなくても、どっちでも良い」

求人広告と実際が異なる会社はすべてブラック企業……っていうか労働基準法第15条に抵触するんじゃ? と思っていたが、厚生労働省によると「求人誌とかに出てる求人広告の内容は、『15条に定める労働条件の明示』に該当しない」んだってさ。嘘八百書き放題だな。<まじめな労働者が、どんどんやる気をなくしていくね。

今日仕入れた豆知識。「破産者宛の年賀状は、破産管財人に届く」

グローバル化って表現を馬鹿にする人は、今でも日本は鎖国してるような気分で生きているのかな? 好むと好まざるとに拘わらず、世界があって、その中で日本がいるよねってそれだけの話なんだけどな。

【漫☆画太郎先生がドストエフスキーの「罪と罰」を漫画化】http://bit.ly/gfMNxI ──ま、まさかこの斧かかえたチンピラがラスコリーニコフかw

「ダウンロードしたらコピーしてみんなに広まるってのが昭和の発想だよね」──か、なかなか面白いな。でも、たとえば漫画とかは違法コピーのアオリで実際売り上げ下がってるからね。そもそも、人気のない作品は違法ダウンロード網に組み込んですら貰えない、と言うべきかな。

なんつーかアレだ……「政治の話題に触れない俺カッコイイ」みたいなの、いい加減どうにかしようぜ。別に触れる触れないは自由だけども、明らかに“その臭い”発してる奴いるからな。馬鹿者のわたしが自信を持って言ってやるが、馬鹿は自慢にならんぞ。 <この手の議論には「慣れて」おかないと、いざって時にバカみてーな事しか言えない。黙って思考が熟成されていくと思ってンなら、それは甘いよ。

小説は書いていて楽しい。もちろん、そうだ。そして、苦しさが伴わぬ楽しさなど二流であろう。この絶妙の機微、実際に戦っている者にしか分かるまい。

水炊きをする夢を見た。わたしは食材を入れる係。前には、何故か海原雄山と董卓(蒼天航路)。2人とも超無言。「ど、どうして、こんなことにッ……!(ポロッ…ポロッ…)」 <近年まれに見る悪夢だった。

yuutou.jpg













今の物語は記号化がどうの、上辺だけがこうの───と洒落臭ぇ。そこまで言うからには、お前はよっぽど面白いものが作れるんだろうな? と思ってしまうが、無論作れない。こういう“ありきたりの記号”で“上辺だけ”の批判をする奴こそ、あまねく創作表現世界におけるガンなんじゃねーの?<論理的に説明不能なシロモノ(感情とか)に準拠して、自分好みの物語やらジャンルを正当化しようと企てる俗物作家、俗物書評家は全員地獄に堕ちると良かですよ。

忘年会とか新年会とか──まぁオフ会でもいいんだけど、何年かぶりに会うと、相手がもの凄く変わっている場合がある。外見は数年程度でさほど変化しないが、中身は結構変わるな~と。だいたいは「頑固」方向の変化で、つまり劣化であるが、1つの環境適応だとすれば“進化”と表現し得る。

無駄のない文章なんてキライだな。何というのか、余裕がない。削るのが美というなら、骨格標本でも眺めていろと思う。 <これについてはブログでも書いた

【英BBC、二重被爆者を「世界一運が悪い男」と笑いの種に 日本大使館が抗議】 http://bit.ly/i892ES ──日本のバラエティも似たようなモンだけどな。だからわたしはテレビをあまり観たくない。

自分がムカついたらから自分で叩くのは別にいいと思うが、自分がムカついたからって他人様も動員して集団でやっちまおうZE!的な人間は、正直嫌いだなぁ。薄汚い奴だと率直に感じる。<つまり、アジテーターはみんなクズって事か。

“キノコ派”と“タケノコ派”の対立──てっきりわたしは、チンチンについて一家言ある人達の論争かと思っていたのだが、全然違った。何て事だ……!

金儲け主義が日本を悪くした、みたいな主張をしている人は、じゃあ社会主義とか共産主義みたいにしたら良くなると言いたいのかな? その辺はハッキリして欲しいよな、有耶無耶にせず。

kane.jpg









図書館を利用する事によって発生する、作家・出版社側の「逸失利益」の話。わたしは、大して心配してない。図書館利用するのは「メチャ本が好きな人」。しかし本を買う人の大半は、別にそこまで本が好きじゃない。ブラッと本屋に寄る事はあっても、わざわざ図書館に行く労力は払わない。<借りるのは面倒じゃないんだが、返しに行くという作業がスゲーめんどい。

新宗教はどれも信じがたいぐらい嘘くせー設定山盛りな訳だが、キリスト教やら仏教から「歴史」「伝統」「格式」「権威」みたいなものをすっ飛ばせば、実は大差ない事に気づく。<宗教から“狂気”を抜いたら何も残らん。

「~ミス研」に所属していたって経歴がないと、疎外感がハンパないな。というわけで、今この場で作りました「クリントン大西ミステリー研究会」! 会員はわたし一人。新たな加入は全てお断りの、超閉鎖サークル。今日中に解散予定。わーい、これで我輩も“ミス研出身者”でありま~す! <つまり、個人的に「ミステリー研究会出身」を名乗る人々にちょっとした嫌悪感があるって事サ! ・・・・別にその人達に罪はないのに!(あくまで個人的にっ・・・!)

気づくのが遅れた、不覚。島田荘司Twitter参戦につきフォロー。

某相撲評論家気取りの漫画家「朝青龍は品格に欠ける! けしからん! 相撲は伝統格技であって云々──」「で、今回の八百長騒ぎは?」「……相撲に八百長があるなんてのは、相撲ファンの常識。それも込みで楽しむもの。八百長とか言ったら野暮」──八百長は“品格”に抵触せんらしい。

日本の自殺率が高いのは、ガンバレガンバレ言いすぎなところだと思う。9割以上は駄目人間なんだから、駄目人間でも胸を張って生きていける環境作りが大切。所得の再分配云々てのは、実は根本的解決にならない。 <自殺問題に取り組んでいる人達って、みんな社会的に「りっぱ」な人達ばっかしだからね。駄目人間の事、分かってるようで分かってねーんだよ。

「やるべき事ができなくて悩んでいる!」……やるのは自分だから、応援はできん。でも、心の負担は軽くできる。「別にできなくても、人生わりと何とかなるよ」──どんなに恥をさらしても、多くの人々から愛想を尽かされても、結構どうにかなっちゃう。後がない人生などないのだ。

モーリス・ルブランの著作権って、まだ生きてたんだな……(2011年失効予定)

「その日本語は正しくない」とは言わないが、「その日本語は美しくない」ぐらいは言うかな。美意識の問題では、結構意固地なんでね。──創作表現者なんだから当たり前だけど。

小中学校と、君が代は一度も歌った事ない。テープで演奏されるのを、黙って聴いてるだけ。音楽の授業でも、まったく歌わなかった。君が代を歌う歌わないは個人の自由だと思うが、公教育の場で子供達に触れさせもしない、っちゅーのはさすがに不自然過ぎるよ。思想的偏りが見て取れ、政教分離に反する。

我孫子武丸のツイートを読んでも思ったが、やっぱこの辺の世代って基本「心情左派」なんだろうな。それはそれで良いのだが(思想表現の自由)──左の人達 “ばっかり”……というのは偏ってて良くないかなと。左の人と同じぐらい、右の人も一定数いて欲しい。バランス的な意味でね。 <ちなみにわたしは中道左派・・・らしいゾ!

「死ぬ気で戦う」とか言うけども、あれは別に死んでもいいと思っている訳じゃなくて、「これぐらいの覚悟があるのだから、ぶっ殺してもいいでしょ?」みたいなニュアンスだと思うんだ。己が行う“犯罪的攻撃”に対する言い訳っちゅーかね。 <死ぬ気で戦ったら理の当然として死ぬし、生きる気で戦ったら敵前逃亡するに決まってる。つまり「まともな戦士」は生者でも死者でもないんだな。



がっちゃんスー、がっちゃんスー。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
ブログ内検索
リンク

最新コメント
[03/22 ウブロ バニラ lcc]
[03/22 ウブロ 販売店]
[01/26 ジンガ]
[01/03 名梨]
[12/18 クリントン大西]
[12/18 クリントン大西]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP